冬ファッション

冬コーデ特集!メンズ20代〜後半のファッション【保存版】

今回は『冬コーデ特集!メンズ20代〜後半のファッション【保存版】』というテーマでお送りしていきたいと思います。

最近、巷ではファストファッションが流行していて安価で買いやすく、デザインが良いものも増えてきています。家族がいたり、少ないお小遣いのなかで買い物を!という学生さんなどには、かなり強い味方ですね。

そんな中、20代などの若い方には是非こだわりを持ってオシャレにお金や時間を使っていただきたいと思います。この年代でのいろいろな挑戦が後のファッションの幅を広げると思うからです。

では早速ですが、20代〜後半したい冬コーデをご紹介していきたいと思います。

記事のもくじ

WEARから学ぶ20代がしたいメンズファッション

程よい色落ち感がこなれた雰囲気

引用:http://wear.jp/

トレンドのMA-1をデニムに合わせて、カジュアルな雰囲気に。MA-1のインナーにはタートルネックのニットを合わせることで、スタイリッシュさがプラスされますね。

裾から覗くホワイトのインナーが差し色になり、印象を引き締めています。デニムパンツは膝のパッチがアクセントになっていて、程よい色落ち感がこなれた雰囲気に。

足元に少しボリューム感のあるレザーシューズをプラスすることで、全体のバランスもさらに良く見せてくれます。

大人カジュアルコーディネートは好感度

引用:http://wear.jp/

ホワイトデニムが爽やかな、大人カジュアルコーディネートは好感度もとても高そう。インナーに組み合わせたチェックシャツの赤が、全体の差し色となっていますね。

デニムジャケットはジャストサイズのものをチョイスすることで野暮ったさが和らぎ、バランス良く着こなすことができます。細身のホワイトデニムは少しロールアップして、ハイカットスニーカーを。

定番のスニーカーは、形もコンパクトで今っぽいバランスに仕上がります。

◆関連記事:デニムジャケット・メンズ|秋・冬の着こなし特集!

ブラックを基調としたスタイリング

引用:http://wear.jp/

ビッグシルエットのパーカの上にライダースジャケットを羽織った、ストリート感のあるコーディネート。ブラックを基調としたスタイリングは、クールで男らしい印象を与えます。

少し丈の長めのパーカーと、スキニ―パンツのバランスも抜群ですね。足元はボリューミーなブラックのレザーシューズでより男らしさをアピール。

サングラスでさりげなくこなれ感をプラスした仕上がりに。

◆関連記事:全身黒コーデのお洒落なメンズを季節毎にご紹介!

リラックス感のある着こなし

引用:http://wear.jp/

トレンドのチェスターコートで大人の雰囲気漂う上品カジュアルコーデに。かっちりとした印象のチェスターコートを、リラックス感のある着こなしに仕上げるポイントは、細身のカットオフデニム。

ロング丈のチェスターコートに細身のデニムの組み合わせは、バランスも抜群で程よい上品さもあります。デニムシャツ×ニットのレイヤードスタイルが、落ち着いた雰囲気に。

またニットのカラーとリンクさせた、ホワイトのスニーカーが爽やかでカジュアルな印象をさらにプラスしてくれます。

◆関連記事:チェスターコートのメンズコーデ特集【キャメル&ベージュ】

シンプルでセンスの高さを感じます

引用:http://wear.jp/

ブラウン系のチェスターコートをカジュアルに着こなした、ラフな仕上がりがおしゃれ。インナーにロゴ入りのスウェットをチョイスし、リラックス感を演出。

ボトムスはブラックのスキニ―パンツでシルエットもすっきり。膝のダメージやカットオフになった裾がアクセントとなり、全体の印象をよりカジュアルに仕上げています。

ニットキャップにサングラスといった小物のチョイスもシンプルでセンスの高さを感じます。

◆関連記事:スキニーのメンズコーデ特集・春・夏・秋・冬まとめ!

清潔感のある仕上がりは好感

引用:http://wear.jp/

ロゴ入りの赤いセーターがポップなアクセントになったコーディネート。セーターの中にデニムシャツを組み合わせ、カジュアル感をプラス。

ボトムスは裾ゴムのリラックス感のあるパンツで、ラフに仕上げた大人カジュアルスタイルがおしゃれ。足元にホワイトのスニーカーを合わせた、清潔感のある仕上がりは好感が持てますね。

またキャップを後ろ向きにかぶったヤンチャ感も気取った印象がなくてかっこいい。

クールな着こなしは男らしい印象

引用:http://wear.jp/

モノトーンコーディネートにデニムジャケットをプラスした、スタイリッシュな着こなし。シンプルなアイテムの組み合わせですが、サイズ感や色のバランスが抜群な仕上がりでとてもおしゃれ。

デニムジャケットは襟を立てて着こなすことで、こなれ感を演出。スウェット×ホワイトシャツのレイヤードスタイルは、落ち着いた印象を与えてくれますね。

足元をブラックで決めた、クールな着こなしは男らしい印象をより引き立てています。

ラフでリラックス感のある雰囲気

引用:http://wear.jp/

定番のデニムジャケットにケーブルニットを組み合わせた秋らしい雰囲気のコーディネート。インナーのホワイトと足元のスニーカーのカラーがリンクしていて、全体に統一感が生まれています。

また赤いソックスがさりげない差し色になり、おしゃれ感をよりアップさせています。ポップで個性的なラウンド型のサングラスもコーディネートのアクセントに。

ニットキャップがラフでリラックス感のある雰囲気を演出しています。

落ち着いた雰囲気で着こなす

引用:http://wear.jp/

アメカジテイストにまとめた、デニムジャケットコーディネート。

程よいサイズ感のデニムジャケットは、落ち着いた雰囲気で着こなせますね。

インナーにはボーダー柄のニットをチョイスし、可愛らしさをプラスすることで女性ウケも良さそう。チノパンは裾をロールアップしてすっきりとしたシルエットに仕上げれば、野暮ったさのない仕上がりに。

カーキのニットキャップはベージュ系のパンツとも相性が良く、秋らしい印象を与えてくれます。

◆関連記事:ボーダーニットは今や定番!メンズの着こなし&コーデまとめ【保存版】

小物使いのバランスにもセンスの高さ

引用:http://wear.jp/

デニムジャケットを使った、個性的でハイセンスなコーディネート。濃いめのデニムジャケットにシャツ×ニットのレイヤードスタイルが、落ち着いた雰囲気を演出。

ボトムスにはテーパードスタイルのパンツを組み合わせ、リラックス感のある仕上がりに。足元にローファーを合わせることでシックな印象も加わり、とてもおしゃれですね。

ラウンド型のサングラスにベレー帽をプラスした、小物使いのバランスにもセンスの高さを感じます。

ストリート感のあるアクティブな印象

引用:http://wear.jp/

ネイティブ柄のニットが存在感のある着こなしに。インナーにはパーカを合わせることで、よりリラックスした印象に仕上がりますね。

ダメージ加工のデニムパンツとネイティブ柄のニットは、アメカジテイストがマッチしていて相性も抜群です。キャップをプラスすることで、ストリート感のあるアクティブな印象に。

こなれ感のある雰囲気がおしゃれ

引用:http://wear.jp/

ロングガウンは着心地も良く、こなれ感のある雰囲気がおしゃれ。ロング丈のアウターにブラックのスキニ―パンツを組み合わせることで、縦長効果が生まれよりスタイル良く見せてくれます。

インナーの赤もアクセントカラーとして効いてますね。またローファーを合わせることで上品さもプラスされた仕上がりに。

パンツの丈は短めにしてソックスを覗かせ、足元にも手を抜かないところはさすが。

◆関連記事:チェスターコートのメンズコーデ特集【グレー】

Sponsored Links

野暮ったくなりがちなミリタリーアイテム

引用:http://wear.jp/

ミリタリーデザインのアイテムをスタイリッシュに仕上げたコーディネート。野暮ったくなりがちなミリタリーアイテムも、サイズ感やカラーのチョイス次第で、垢ぬけた着こなしに。

アウターはダークグリーンのシックな色、コンパクトなサイズをチョイス。ボトムスはセンタープレスになったものを選ぶことで、シルエットも綺麗に、上品さもキープしてくれます。

また裾をロールアップすると、こなれ感のある着こなしになりますね。

大人の落ち着いた雰囲気

引用:http://wear.jp/

すっきりとした印象が爽やかな、モノトーンコーディネート。

シンプルなカラーとアイテムの組み合わせは、大人の落ち着いた雰囲気を感じさせてくれます。ブルゾンとスニーカーのホワイトのラインがリンクしていて、アクセントとしても一役かっていますね。

ホワイトのパンツもすっきりとしたシルエットで、ロールアップした着こなしがこなれ感のある仕上がりに。爽やかなのにどこか男らしい雰囲気も感じさせるコーディネートは、女性からの支持も高そう。

クールで男らしい雰囲気を演出

引用:http://wear.jp/

シングルライダースジャケットをシンプルに着こなしたスタイル。定番のライダースジャケットは、クールで男らしい雰囲気を演出してくれます。

インナーにはパープルのカットソーを合わせることで色味が加わり、メリハリのある仕上がりに。ブラックのスキニ―パンツとハイカットスニーカーのバランス感も良く、シルエットも綺麗ですね。

ホワイトが差し色になり爽やかさもプラス

引用:http://wear.jp/

ナイロンジャケットを使ったストリート感のある着こなしがおしゃれ。少しゆったりとしたシルエットのジャケットには、細身のボトムスを組み合わせることでバランス良く仕上がります。

インナーのTシャツも丈の長めのものをチョイス。全体がダークカラー多めなので、ホワイトが差し色になり爽やかさもプラスしてくれます。

足元はブラウンのレザーシューズをチョイスし、カジュアルな中にも上品さをプラス。しっかりとしたレザーの質感とツヤが、落ち着いた印象を与えてくれます。

サングラスが個性的な雰囲気

引用:http://wear.jp/

ナイロンジャケットは着心地も良く、ラフに着こなせるところが人気。落ち着いたレッドがシンプルなデニムコーディネートのアクセントになっています。

ナイロンジャケットがゆったりとしている分ボトムスはスキニ―パンツでバランス良く。ホワイトのスニーカーをプラスすることで、爽やかな印象に仕上がりますね。

またラウンド型のサングラスが個性的な雰囲気を演出する小物として一役かっています。

上級テクニックのコーディネート

引用:http://wear.jp/

落ち着いた雰囲気漂う、ナイロンジャケットの着こなしはシンプルな中にもセンスの高さを感じます。ゆったりとしたシルエットで着こなしたジャケットに、ホワイトのインナーを組み合わせすっきりと。

ボトムスは裾リブになった細身なデザインにすることで、バランスの取れた仕上がりに。ブラウンソールのスニーカーと、ナイロンジャケットのカラーリングにも統一感があり、全体にまとまり感が生まれています。

少ないカラーで無地のアイテムを組み合わせた上級テクニックのコーディネートがおしゃれ。

スタイリッシュで清潔感のある印象

引用:http://wear.jp/

ストライプのシャツがスタイリッシュで清潔感のある印象に。カジュアルなナイロンジャケットもインナーにシャツを組み合わせることで、きちんと感もしっかり残した着こなしに。

トップスがゆったり目な分、ボトムスはスキニ―パンツですっきりとバランス良く。レザーシューズのゴツっとした重厚感で足元を仕上げれば、男らしさも感じるスタイルが完成。

抜け感のあるリラックススタイル

引用:http://wear.jp/

秋らしいカーキ色のジャケットとパーカーのレイヤードスタイルは、ストリート感のある仕上がりがかっこいいですね。オレンジのベルトがさりげない差し色になり、全体を引き締めてくれています。

またスニーカーは迷彩柄をチョイスして、嫌みのないミリタリーテイストをプラス。キャップやサングラスといった小物使いのバランスも抜群ですね。

全体にゆったりとしたシルエットが、抜け感のあるリラックススタイルを演出しています。

デニムセットアップスタイル

20161017165019351_500

引用:http://wear.jp/repopoo/8193077/

デニムのセットアップスタイル。

上下デニムのセットアップにブラウンのニットを合わせたシンプルコーディネート。シンプルな中にもステンドカラーのジップアップのデニムジャケットをチョイスするのは上級テクニックですね。

ニットからちら見えする白のインナーとソックスのカラーを上手く合わパンツをロールアップすることでそこもしっかりアピールしているシンプルながらもこだわりのあるスタイリングです。

デニムカバーオールスタイル

20161108011016389_500

引用:http://wear.jp/uverhghy624/8413276/

デニムのカバーオールを使ったシンプルコーディネート。

少しオーバーサイズのデニムジャケットをあえて選んでいるところがポイントです。方がドロップショルダーのような感じになり気だるい感じがモデルさんの雰囲気にマッチしています。

黒のスキニーパンツで下半身はすっきりまとめつつ、シューズにあえてボリューム感を。メリハリを意識したシンプルコーディネートですね。

シンプルファッション

20161021102911247_500

引用:http://wear.jp/oookakun/8248854/

至極シンプルなコーディネートですね。

ブラウンのニットに黒のパンツ、レザーシューズというごくごくシンプルこの上ない着こなし。センスが見えるのはサイジングですね。

トップは少し大きめに袖も手にもてちゃうくらいのサイズに対してパンツはスリムにくるぶし丈。10代の若々しさが好印象なコーディネートです。

王道デニムセットアップスタイル

20160424133704253_500

引用:http://wear.jp/sasatoshi/6802825/

デニムのセットアップスタイル。

こちらはシンプルなGジャンと呼ばれるデニムジャケットにデニムパンツ。中にウレーのパーカーを合わせた爽やか男子スタイル。上下のデニムの色の濃淡は計算ですかね。

足下のスタンスミスもあえて紐のないタイプを選ぶさりげないこだわりもいい感じです。ご近所デートにあいそうな爽やかコーディネートです。

大人っぽいロングコートスタイル

20161107170525436_500

引用:http://wear.jp/gaaaaaakun7/8408332/

黒のロングコートを活かしたシンプルコーデ。

2個上の記事にアウターとして黒のロングコートを合わせたスタイリング。ベースがシンプルな着こなしですのでアウターにもスッキリしたデザインのものが似合いますね。

シンプルな中にもドロップショルダーになっていたりと細部にはこだわりが。首元に同系色のマフラーをあわせれば冬もいけるスタイリングですね。

◆関連記事:チェスターコートのメンズコーデ特集【黒(ブラック)】

タートルネックを使用した大人コーデ

20161107210509349_500

引用:http://wear.jp/oreska/8411138/

ちょっと大人なシンプルコーディネート。

全身をモノトーンにまとめ白のタートルネックが印象的なロック系スタイリング。シンプルなレザー調のジャケットがタイトなデザインでよりロック要素をだしています。

外しのアイテムとして真っ赤ではなくワインレッドの靴下を見せているところがいい感じに個性を感じます。ヘアースタイルまで含めて雰囲気がある良いスタイリングですね。

チェスターコートが大人顔

20161107113442143_500

引用:http://wear.jp/mryagami2015no3/8359378/

ネイビーのロングコートが優等生感を引き出すコーディネート。

あえて黒ではなくネイビーを選ぶところにセンスを感じます。グレーのタートルネックは冬のマストアイテムで、ネイビー、黒、キャメルなどどんな色とでも相性抜群です。

ニットの編み込みのデザインがよりオシャレ感を引き上げています。パンツから見えるソックスを単色ではなくチェックにするところがさらに高評価。将来がとても楽しみな10代さんです。

◆関連記事:チェスターコートのメンズコーデ特集【ネイビー】

シングルライダーススタイル

20161102115815826_500

引用:http://wear.jp/sasatoshi/8356988/

シングルのライダースジャケットをシンプルコーディネートで。

黒と白の2色でまとめたシンプルコーディネート。黒のオールスターハイカットなどを合わせたいところを白のスニーカーでスタイリングするのが今年風です。

細かいサイズ感を意識しているのですっきりまとまっていますね。

MA-1肩がけスタイル

20161031070841200_500

引用:http://wear.jp/taisei0405/8337653/

今年もまだいける・MA-1を使ったシンプルコーディネート。

全身黒で統一したコーディネート。さし色で少し見える白のカットソーがバランスを調整しています。袖には通さず肩に羽織る感じは去年から続く着こなし方ですね。

薄手のMA-1なのでボリュームが抑えられてすっきりシンプルにまとまっています。

ストリートスタイル

20161105084022018_500

引用:http://wear.jp/yasuakifujii/8378922/

シンプル?なコーディネートとなっています。

オーバーサイズのトップスにダメージ加工のデニムパンツ、足下はスニーカーではなく黒のレースアップシューズはシンプルじゃない様にも見えますがトップに白を集めたことでわりとシンプルにまとまっています。

モデルさんの個性がでているスタイリングですので10代が挑戦するにはいいですね。シンプルな中で大事なのがサイジングです。是非そこにはこだわって色んな着こなしを楽しんでみてください。

海外メンズから学ぶ20代がしたいメンズファッション

ストリート系ちょい悪ファッション

b45bef2fe2edd8a1772f37d050914c6f

引用:https://jp.pinterest.com/

ネイビーのジャケットにダメージジーンズ不良っぽさを残したコーディネート。

ジャケット以外はストリート系のちょい悪ファッション。足下もローファーではあるがデザインが入っていてこだわりを感じます。

サングラスも含め身につけたアイテムは高価ではなさそうだが、色使いを統一するなどのこだわりが。何よりジャケットのポケットのチーフがこのスタイルを引き立てています。

探偵物語の松田優作さんを思い起こさせる着こなしですね。

アーミージャケットスタイル

4502e25edb7ad8070613749cf52aed59

引用:https://jp.pinterest.com/

今年も人気のアーミージャケット。

MA-1ではなく、あえてB-1のフライトジャケットを選んだところにこだわりを感じます。

アーミー寄りになりすぎない様に、同系色のハットやダメージジーンズ、スニーカーなどのストリート系アイテムをチョイス。Tシャツの裾の長さなどにも彼のこだわりがあるんでしょうね。

ハード&ソフトコーデ

689e4acc598f1d44f34557add8d25856

引用:https://jp.pinterest.com/

ハードとソフトの組み合わせこだわりコーディネート。

ディアドロップのサングラスにシングルのライダース、胸元に見えるタトゥーも含め上半身はまさにハード。

一方の下半身は、スウェット地のクロップドパンツにヒョウ柄のスニーカーと上下で全く違うテイストに。バランス悪くも見えますが、彼の個性とこだわりが成立させているコーディネートですね。

爽やかなニットコーディネート

ec97e7df044e549b073eac1bc81d45bc

引用:https://jp.pinterest.com/

こだわりさわやかコーディネート。一見シンプルに見えますが、シャツも含めてすべて淡い色が使われています。

そしてサイジングがモデルさんのこだわりを感じさせます。引き締まった上半身のラインを際立たせるジャストサイズのニットにダメージ加工のスキニージーンズも引き締まったラインを強調しています。

体をキープしていることも含めたこだわりコーディネートです。

シンプルな大人コーディネート

174a96a850f2b1a1b11e9cf7b06d1cd2

引用:https://jp.pinterest.com/

こだわりが無いように見えるこだわりファッション?

シンプルなアイテムでまとめられた大人っぽいコーディネート。

袖をまくってみせるアクセサリーや汚くなりすぎないパンツのダメージ具合、オレンジのカットソーから見えるグリーンのシャツのだし方など・・・細かいこだわりが見受けられます。

海外メンズならではのコーディネート

2c056ac81e78cb88e355cd5a69d4c606

引用:https://jp.pinterest.com/

日本人にはできない着こなし。

恐らく日本人でこの着こなしが似合うのはごく一部の方だと思います。余程の高身長で体型がスリム、顔、頭が小さい昔のサッカー日本代表の高原選手などでしょうか?

セミロング丈のコートの下にあれだけの余裕が生まれる足の長さはさすが外国の方ですね。

スタイリッシュなモード系ストリート

b259c1fe56820875a2519cfc3a8e5b6a

引用:https://jp.pinterest.com/

ヘアースタイルも含めたこだわりスタイル。

少ない色数でありながらヘアー、髭、サングラスを含めて細部までこだわったスタイリング。スタイリッシュな印象のコートをカーキのパンツと白のスニーカーがOFFっぽさを演出しています。

OFFでもお洒落にこだわりを

2b43c506998eb4fa7297c2ea264f3989

引用:https://jp.pinterest.com/

ゆるすぎないOFFの日コーディネート。

おしゃれにこだわる10代〜20代でも、オフの日の気は抜いてほしくないもの。

ここでダボットした上下グレーのスエットで行くか、しっかりとこだわりをもって行くかが分かれ道ですね。

デニムジャケットスタイル

e90a3e724ced88f0ba6e9d4f7ba095e7

引用:https://jp.pinterest.com/

よくあるコーディネートにもこだわりを!

日本でもよくみる組み合わせのコーディネート。パーカーとデニムの組みあわせに柄のパンツとスニーカー。できれば中に着用するパーカーなどにこだわりをだしてほしいと感じます。

今回のモデルさんもブランドロゴが入ったパーカーを中に着込んで、彼なりのこだわりを見せています。周りには分からないけど本人にはこだわりが。とても大事な要素ですね。

シャツ&ニットコーデ

6f1593023478eb2c461757949d6a354b

引用:https://jp.pinterest.com/

自撮りするくらいこだわったコーディネートを心がけよう。

中々個性が埋没しやすい現代のファッションシーン。全身ファストファッションもいいけど、サイジングやカラーのチョイスなどこだわれるポイントは沢山あります。

重ね着したカットソーから、ちら見えする下に着込んだTシャツのバランスなど、こだわりはじめたら桐がないのがおしゃれです。是非、20代の方々にはとことんこだわって頂きたいと思います。

20代メンズの『こだわり』のSHOPとは?

冬ファッション メンズ 10代 男

当サイト推奨の人気通販SHOP『BITTER STORE』では、トレンドファッションをはじめ、シンプルなベーシックファッションまで幅広く展開しています。

サイト内にはBITTERモデル達が最新アイテムを使ったコーディネート特集もありますので、着用した雰囲気をまるでお店にいるかのように、感じる事ができます。

価格帯も安価なものから、高価なものまで幅広く展開していますので、あなたの欲しいアイテムをセレクチしやすいように考えられています。

もちろん、あなたの『こだわり』もこのSHOPなら十分叶えてくれるでしょう。是非、チェックしていきましょう。

BITTER STORE公式サイト

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『冬コーデ特集!メンズ20代〜後半のファッション【保存版】』というテーマでお送りしていきました。

  • キレイめファッション
  • カジュアルファッション
  • ストリートファッション

上記のテイストを取り入れているメンズが多い印象でしたね。服装コーディネートに関しては、無駄なアイテムをサクッと削ぎ落としたシンプルあスタイルが多かったです。

是非、この記事を参考に20代男性は、お洒落なスタイルを目指していきましょう!

ABOUT ME
ゴルゴ
ゴルゴ
MEN'S MAGAZINE(メンズマガジン)管理人のゴルゴです。元アパレル店員で毎月300人以上のお客様の洋服をアドバイスしていました。好きな事はマッチングアプリ(主にペアーズ)で女性と会うこと、筋トレ、ファッションです。