メンズファッション

デニムシャツのメンズコーデ【アパレル店員がくわしく解説】

デニムシャツのメンズコーデを教えて欲しい。

そんな質問にお答えします。

 

この記事を書いている当サイト(服のメンズマガジン)管理人は、元アパレル会社の人間でした。

そんな管理人がオススメする「男のデニムシャツ着こなし」をご紹介していきます。

 


デニムシャツのメンズコーデ【季節別】

 

ゴルゴ
ゴルゴ
順番にご紹介していきます。

 

「春」デニムシャツコーデ

デニムシャツに白Tシャツとシンプルな組み合わせとなっていますね。

シルエットがオーバーサイズになっていますので、トレンド感ある着こなしを実現。

 

薄めのデニムシャツをサラッと着用しているオシャレなカジュアルスタイルです。

トレーナーと白シャツをレイヤードさせているところがポイントとなっています。

 

パッチワークデザインが珍しいデニムシャツをカチッと着用した個性的なコーデ。

デニムシャツ以外と、全て黒にすることで、統一感を演出しているところがポイントです。

 

「冬」デニムシャツコーデ

厚手のデニムシャツを着用して、下に着ているレオパード柄シャツをアクセントにしているところがポイントですね。

デニムオンデニムスタイルは誰でも真似できるコーディネートです。

 

白パンツ、白ジャケットの下に、デニム素材のバンドカラーシャツを着用しています。

個人的には、今すぐにでも真似したくなる、すごく好きなデニムシャツコーデです。

 

黒で統一されたアイテムに、デニムシャツの青色が映えますね。

1つのアイテムを除いてすべてのアイテムを同じ色にすることで、単調すぎないシンプルコーデを作ることができます。

コーデの詳しい感想

今回は、重たいイメージの黒には爽やかな青をプラスしたことで、コーディネートに軽さが生まれました。デニムシャツの男らしい印象を押し上げるようなアイテム選びがされていて、合わせ方が上手。落ち着きのある男らしいコーディネートです。

 

男らしいイメージの強いデニムシャツに、女性らしいイメージのピンク色のアイテムを合わせることで、中性的な雰囲気の着こなし。

パンツにもデニム素材のものを用いることで、デニムオンデニムの上級コーデを再現。

真似するにはハードルの高い、ハイセンスな着こなしになっています。

コーデの詳しい感想

その他のアイテムも、青とピンクの作り出したイメージを壊さないようなモノトーンで統一されていて、配色面での気遣いがうかがえます。色選びが上手なデニムシャツコーデです。

 

面積の大きなデニムシャツとパンツの色を統一して土台を作り、色の離れた他のアイテムを目立たせています。

コーディネートの大部分が明るい青色なので、暗い色や派手な純色を輝かせることができるのがこの着こなしの魅力。

コーデの詳しい感想

画像のコーデでも、ジャケットやオレンジの靴が目を引きますよね。ただし、広い面積が同じ色なので、近い色のアイテムを合わせすぎてしまうとぼんやりした印象になってしまう点には注意が必要。お気に入りのスニーカーやジャケットを目立たせたい場合には、真似してみたいコーデです。

 

モノトーン調で統一された服装の中で、青いデニムシャツがアクセントとなっています。

モノトーンカラーで統一されたコーデは落ち着きがあってまとまりやすいのがメリット。

その反面、雑に合わせてしまうと物足りない印象になってしまうデメリットがあります。

コーデの詳しい感想

ワンポイントで他の色のアイテムを差し込んでやることがポイント。

デニムシャツは落ち着きのあるアイテムなので、モノトーン調のコーディネートに合わせても悪目立ちしないので相性がいいです。デニムシャツの特徴を上手く生かしたコーデ。

 

明るい色のデニムシャツは、暗い色のモッズコートとの相性が最高です。

明るさに差のあるアイテムを合わせることで、色のメリハリが生まれて引き締まった印象のコーディネートにすることができます。

コーデの詳しい感想

また、物足りなさを感じる胸元にはリボンを巻くことで華やかさをプラス。上半身の横向きに色が変化していく流れが好きなコーディネートです。カーキブルゾンに関してはこちら!

 

黒を大きく扱ったコーディネートは、引き締まった印象を作りたいときに適しています。

デニムシャツと同じ色で揃えられたキャップが、コーディネートに統一感を生み出します。

コーデの詳しい感想

白のスニーカーは黒とのメリハリを作れるので相性もばっちり。黒コーデにデニムシャツを合わせるのなら、お手本にしたいコーディネートです。

 

デニムシャツのブルーはネイビーとの相性が良好です。

ネイビーをメインにすることで、黒よりも軽さを出し、色合いも近い分まとまりのあるコーディネートにすることができます。

コーデの詳しい感想

ネイビーも黒同様に暗い色が多くなるので、白などの明るい色のアイテムを合わせることで、メリハリをつけることがかっこよく着るポイントです。黒のようなキメすぎた印象より、少し軽さを出したい時に真似したいコーディネートです。

 

派手柄のカーディガンをデニムシャツの青と合わせることで、ごちゃごちゃした印象にならず上手くまとめています。

カーディガンは季節感を感じさせるデザインで素敵です。

こういった派手なアイテムを色をそろえる場合、主役の色以外のアイテムは雰囲気を壊さないモノトーンで揃えるのが定番の合わせ方。

関連:ロンハーマンがダサいと言われる3つの理由

コーデの詳しい感想

この方法は個性的なアイテムを合わせることができるので、周りと被らない自分の世界観を作れることが魅力ですね。デニムシャツの青色を活かしたブルーコーデです。

 

明るい色のデニムシャツは、暗いアイテムと合わせると色のメリハリを作りやすく相性が良好です。

さらにスポーティーな印象のダウンベストと爽やかな印象のデニムシャツの組み合わせは、イメージの相乗効果も見込めます。

コーデの詳しい感想

色落ちしやすいデニムシャツですが、色落ちしても新たな着こなしで活かせるのは魅力。

カジュアルな印象でまとまっているので、ちょっとした外出にぴったりのコーデです。

 

デニムシャツの青を黒いコーデのアクセントに用いています。

黒の明るさが統一されていて、アイテムのまとまりをより強固なものにしているなど、こだわりを感じさせるコーディネートです。

コーデの詳しい感想

単色でシンプルなよくある合わせ方ですが、鮮やかなボーダーの靴下を合わせられる点にセンスを感じます。ズボンの裾をロールアップしている点も「靴下を見てくれ」という意思を感じられてとてもオシャレだと思います。

これくらい思い切った格好ができれば、周りの女性からおしゃれさんの称号を頂くことも可能。

 

細身のモッズコートにデニムシャツを組み合わせて、カジュアルなテイストをプラス。

カーキ色のモッズコートと、程よく色落ちしたデニムシャツのカラーがマッチしていますね。

コーデの詳しい感想

ボトムスはシンプルにブラックのスキニ―パンツをチョイス。さらにレザーシューズで男っぽさを感じさせる足元に仕上げることで、クールでかっこいいコーディネートが完成。

トップスとボトムスのバランスも絶妙でとてもお洒落。

 

デニムシャツ×ダメージデニムパンツのストリート感のあるコーディネート。

デニムパンツのダメージ加工がヤンチャ感のあるカジュアルな雰囲気を演出。

黒色のアウターを羽織ることで、クールで男らしい印象を与えてくれています。

コーデの詳しい感想

ブラウンのレザーシューズに組み合わせたドット柄のソックスが、ポップな遊び心を感じさせてくれます。

サングラスやニットキャップでさりげなくこなれ感をプラスした仕上がりになります。

 

ベージュ系のステンカラーコートをカジュアルに着こなしになります。

中にはデニムシャツをチョイスし、程よくきちんと感のあるコーディネートになります。

コーデの詳しい感想

裾を少しだけロールアップすることで、スニーカーの存在感もより強調されます。シンプルなカラーリングでまとめた、アイテムのチョイスにもセンスの高さを感じます。

 

トレンドのネイティブ柄アイテムを使ったアメカジコーディネート。

ブルー系のネイティブ柄カーディガンは、とても爽やかな印象で好感が持てますね。

また明るいブルーのデニムシャツを組み合わせることで、メリハリ感のあるコーデが完成されています。

関連:アメカジってダサいのか?【結論はコレ】

コーデの詳しい感想

アウターがボリューミーな分、パンツはスキニーデニムですっきりと見せ、スタイル良く仕上がっています。足元はブラックのムートンシューズで、冬らしく見た目もあったかい着こなしになります。

 

シンプルなアイテムを使った大人の余裕を感じさせるコーディネート。

デニムシャツの上にフリースジャケットを羽織ったラフな着こなしは、こなれ感があってとてもおしゃれ。

足元は白スニーカーで清潔感をプラスしているところがポイントです。

コーデの詳しい感想

9分丈のスラックスが、抜け感のあるリラックスした着こなしを演出しています。全体的にシルエットが細身のアイテムでコーディネートしているので、野暮ったさの無い、大人っぽい着こなしができますね。

 

ネイティブ柄のカーディガンが存在感のあるコーディネート。

デニムシャツ合わせることで、よりリラックスした印象に仕上がりますね。

デニムシャツの上にネイティブ柄のカーディガンをサラッと羽織った、気取り過ぎない着こなしがオシャレになります。

コーデの詳しい感想

ダメージ加工のデニムパンツとネイティブ柄のニットは、アメカジテイストがマッチしていて相性も抜群です。足元にはスニーカーをプラスすることで、ストリート感のあるアクティブな印象になります。

 

ミリタリーテイストのカーキ色のジャケットとデニムシャツの組み合わせは、ストリート感のある仕上がりがかっこいい。

ボトムスにはスウェットパンツを合わせて、大人の余裕を感じるラフな着こなしに。

関連:ミリタリーコート・ジャケットの種類

コーデの詳しい感想

ダメージ加工のデニムパンツとネイティブ柄のニットは、アメカジテイストがマッチしていて相性も抜群です。足元にはスニーカーをプラスすることで、ストリート感のあるアクティブな印象になります。

 

定番のデニムシャツにロング丈のコートをラフに羽織った、レイヤードスタイル。

パーカを重ねることで、よりカジュアルでリラックスした印象を与えてくれますね。

コーデの詳しい感想

トップスがゆったりめな分、ボトムスはスキニータイプのパンツですっきりとバランス良く。デニムシャツの上に合わせた赤いネックレスが差し色になっていて、メリハリ感が生まれています。バックパックをプラスすることで、アクティブでカジュアルなコーディネートが完成されています。

 

ファー付のミリタリージャケットで大人カジュアルな着こなしになります。

黒のジャケットは、野暮ったさが無く、スタイリッシュで落ち着いた雰囲気を演出。

ブラックコーデの中にデニムシャツをプラスすることで、重たすぎずメリハリのある着こなしになります。

コーデの詳しい感想

スニーカーで足元をアクティブに仕上げたラフな着こなしは、気取り過ぎない感じが好感度アップ間違いなしです。

 

ベージュ系のチェスターコートで大人の雰囲気漂う上品カジュアルコーデになります。

かっちりとした印象のチェスターコートです。

リラックス感のある着こなしに仕上げるポイントは、なかに着用したデニムシャツ。

コーデの詳しい感想

ロング丈のチェスターコートに細身のパンツの組み合わせは、バランスも抜群でほどよい上品さもあります。

デニムシャツ×タートルネックのレイヤードスタイルが、大人の落ち着いた雰囲気に。ブラックのレザーシューズが男らしくクールな印象をさらにプラスしてくれます。

 

テーラードジャケットの中にデニムシャツを着用することで、いつもと違った雰囲気のセミフォーマルスタイルを演出できます。

この着こなしテクニックはイタリアでトレンドになっているようですね。

 

ニットやスウェットにデニムシャツをレイヤードする着こなしテクニックも良いですね。

チラッと見えている感じが何ともオシャレですし、こなれ感を簡単に演出できます。

すぐにでも実践できる着こなし方なので、ぜひ挑戦してみてみましょう。

 

女性ウケ抜群のカウチンジャケットにデニムシャツをレイヤードしている所が素敵です。

デニムシャツをレイヤードするだけで、一気にコーディネートが華やかになりますよ。

 

「秋」デニムシャツコーデ

ベージュのステンカラーコートの下に、ブルーのデニムシャツを着用したコーディネート。

ボトムスには、黒のチノパンツを着用してキレイ目な雰囲気を演出しているところが良き。

 

シンプルだけど計算され尽くしたオシャレなコーデです。

デニムシャツとスニーカーをカラーコーデさせていて、適度なカジュアルスタイルは女性ウケ抜群のスタイル。

コーデの詳しい感想

それに色の統一感が出ていますので、清潔感もありますよね。超お洒落な雰囲気になっているコーディネートですね。

 

こちらはデニムシャツのお手本コーデです。腕まくりがこなれ感があってオシャレです。

デニムシャツのサイズ感、雰囲気、どれも完璧なので、参考にしたいところです。

 

超個性的なオールデニムコーディネートとなっています。

ここまで、デニム素材を全面押し出したコーディネートも珍しいですよね。

 

デニムシャツには様々な着こなし方があります。

海外では定番の着こなし方や、日本では浸透していない着こなし方もあります。

 

デニムシャツの着こなし方は、このように無限大にある所が楽しいですよね。

まだデニムシャツを持ってない方は、ぜひ1枚は持っておいても損はないです。

「秋」デニムシャツコーデを一気見する
こちらをタップ

 


「夏」デニムシャツコーデ

ユーズド加工された、シンプルなデニムシャツを着用しています。

ボトムスは黒スラックスパンツを着用していて、定番デニムシャツコーデとなっています。

 

オープンカラーのデニムシャツを着用した夏全開のコーディネートとなっています。

ペイズリー柄のハーフパンツ、そして足元には靴下ありのサンダルを合わせています。トレンドを見事におさえた大人の着こなしです。

 

デニムシャツに迷彩パンツを着用しているカジュアルコーデ。

マリンな雰囲気を醸し出しながらも迷彩パンツで外すテクニックは参考にしたいところ。

足元のスリッポンの涼しげで良いですね。

 

色落ちの美しいデニムシャツスタイル。トレンドのジョガーパンツとの相性も抜群。

もちろんデニムシャツはジョガーパンツ以外でも、どんなアイテムでも合わせる事ができるのが人気の理由ですよ。

 

夏の季節にはデニムシャツの需要が一気に高まります。

それにデニムシャツは様々なスタイルに合わせる事ができるので、非常に重宝するんです。

 

ゴルゴ
ゴルゴ
夏こそデニムシャツだよね。

 

夏のデニムシャツに合わせるアイテムの定番は「白Tシャツ」です。

これは間違いないです。

ただ「普通の白Tシャツ」では面白くないので、首元がゆるい物など、ギミックが入ったアイテムを選ぶと、よりオシャレになります。

例えばこういう感じの組み合わせ。

少し首元が広い白Tシャツを着用する事で、他の男性と差別化する事ができます。

もちろん普通の丸首でもかっこいいですよ。

例えばこんな感じ。

普通の丸首Tシャツを使っていますが、全体的に小物使いが豊富。

なので、全然普通っぽく見えないんですね。

 

センス抜群の着こなしだと思いますので、参考にして欲しいと思います。

あとは、グレーとかボーダー柄とかもオシャレですね。

渋い感じを出したいメンズはカーキを取り入れるとかっこいいかも。

一気にクールな雰囲気になりましたよね。

カーキは重めの色になりますので、小物で明るい色のアイテムを散りばめる事で全体のバランスを保つことができます。

これはかなり使えるテクニックになりますので、参考にしてみてください。

「夏」デニムシャツコーデを一気見する
こちらをタップ

 

デニムシャツのメンズコーデ【海外メンズ編】

カッチリとしたデニムシャツに、黒のデニムパンツでコーディネートした「キレイめ」スタイルとなっています。

トップス、ボトムス共にジャストサイズで着こなしているところがポイント。

足元に関しては、ソールの分厚いブーツでアクセントを演出。

バランスの取れたオシャレなデニムシャツスタイルに仕上がっています。

 

全体的に同系色でカラーを統一しているのがポイントです。

あえてデニムシャツのボタンを全部止めているのも粋(いき)ですよね。

 

シンプルなのにかっこいい理由は「完璧なサイジング」です。

サイジングさえ間違わなければ、シンプルなコーデでもこれだけかっこよくなるのです。

 

デニムシャツに迷彩パンツを合わせたミリタリーコーデ。

足元のデッキシューズでバランスが取れたこなれ感のあるスタイルとなっています。

 

デニムシャツはキャップやスニーカーとの相性も抜群に良いのです。

カラーを上手く使いさえすれば、かなりのお洒落上級者でしょう。

 

デニムオンデニムで作るビジネススタイルですね。

実際にこの服装で仕事はいけないですけどね(笑)

シャツをデニムパンツにタックインしていますので、ワンランク上のカジュアルスタイル。

 

グレーのジレベストにデニムシャツを合わせたカジュアルドレスアップスタイルです。

ネクタイの色合いも良い感じで、まさに上級者コーデですね。

大人の男にして欲しいスタイリングとなっています。

 

ストリート感のあるデニムオンデニムスタイルとなっています。

ストールをさりげなく着用しているところがポイントですね。

デニムオンデニムをオシャレに魅せるコツは「いかに自然に見せる」かが大事です。

 

ゆる〜い感じが特徴的なカジュアルスタイル。

デニムシャツは黒パンツと相性抜群ですし、彼のように、秋になればブーツと合わせてもかっこいい。

 

薄めのデニムシャツが主流の中、こういう濃いデニムシャツは新鮮でかっこいい。

デニムシャツの腕まくりテクニックは、もはや鉄板ですよね。

薄めのデニムシャツを持っている方は、こういう濃いめのデニムシャツにも挑戦したい。

 

サラッと羽織ったデニムシャツコーデ。

足元にはサイドゴアブーツをセレクトしているところがポイントですね。

ラフで良い意味で力の抜けた着こなし方なので、大人の休日に最適なスタイルです。

 

デニムシャツを究極までシンプルに着こなしたカジュアルスタイルとなっています。

サイジングも完璧なので、文句のつけようがないコーディネートですね。

 

デニムシャツをあえてタックインしているところが新鮮でカッコいいですよね。

この手のコーディネートは日本ではまだあまり見かけないですね。

 

親子で着用してもオシャレに決まってしまうデニムシャツはやっぱ優秀です。

デニムシャツは世代問わず着用できますので、かなりオススメ。

 

スポーツMIXスタイルで着こなすデニムシャツ。

どんなアイテムとも相性が良いのが、デニムシャツの魅力の1つでもありますね。

足元にはアディダス定番のスタンスミスを着用しています。

白のテニスシューズはどんなコーデにもハマるのでマストアイテムです。

 

デニムシャツを使ったシンプルなストリートスタイルとなっています。

足元にはティンバーランドを合わせた男らしい着こなし方ですね。

 

ジャケットのインナーに着用したデニムシャツスタイル。

海外では定番のスタイルなのですが、日本ではまだ浸透していないようですね。

 

まさにデニムシャツのお手本コーディネートと言っても過言ではないスタイル。

いつものコーディネートにサラッと羽織るだけで、決まってしまうデニムシャツは、さすがというしかないですね。

 

デニムシャツと白パンツをコーディネートした、ちょっぴりチャラさのあるコーディネートとなっています。

チャラさがあると言っても、オシャレなので問題ありませんね。

手持ちのクラッチバッグがアクセントになっています。

 

まさにデニムオンデニムのお手本コーデとなっています。

デニムとデニムの合わせ方なんですが、しっかりと色のメリハリをつけている所が着こなしのセンスを感じますよね。

 

ショールのインナーにデニムシャツを合わせている大人の余裕な着こなしがかっこいい。

ショールアイテムとデニムシャツは相性が良いので、合わせ方としてはかなりオススメ。

女性が思わずキュンとしてしまう女性ウケ抜群のコーデです。

 

薄めのライトブルーのデニムシャツに、白シャツをタックインした、斬新な着こなし。

デニムオンデニムの定番な着こなしに、こういう斬新なシャツオンシャツスタイルが、周囲の目を惹きますね。

夏の「キレイ目リゾートスタイル」と言った所でしょう。

関連:海の服装|メンズのリゾートファッション

 

ネイビーカラーのパンツに、デニムシャツならではのブルーカラーで全体の統一感を意識したコーディネート。

ベーシックな着こなしで、落ち着きのあるコーデがいい感じです。

まさに「大人の休日コーデ」って感じですし、女性ウケも抜群ですね。

 

デニムオンデニムをサスペンダーなどの小物を合わせて、コーディネートを意図的にアップデートさせていますね。

黒のハットも可愛いです。

無造作にロールアップされたデニムで、こなれ感のあるコーディネートが良いですよね。

 

クシャッとしたデニムシャツと、これまたクシャッとした白パンツのスタイル。

こなれ感のあるワンランク上のコーディネートが素敵です。

定番の合わせ方なのですが、クシャッとしたアイテムを合わせる事で、唯一無二のコーディネートにアップデートされています。

 

デニムシャツ×迷彩柄のハーフパンツを着用した夏の定番スタイルとなっています。

足元には、落ち着きのあるブラウンのローファーを合わせた、大人のコーディネート。

定番スタイルですので、デニムシャツ初心者の方にはオススメなコーデ。

 

薄めのデニムシャツに白のタンクトップを着こなしたシンプルなオシャレファッション。

そして定番でもある黒のボトムスをコーディネートした、ベーシックなデニムシャツコーディネート。

シンプルで、とても男らしいスタイルなので、女性ウケも非常に良いのが特徴なコーディネート。

 

薄めのデニムシャツに、ベージュのパンツを合わせた、ベーシックなアメカジスタイルに仕上がっています。

デニムシャツに青白ボーダーTシャツを合わせ、マリンテイストに仕上げていますね。

足元には、白スニーカーで爽やかさをより、アピールしているのも特徴的ですね。

 

ダブルロングコートにデニムシャツを合わせること、ワンランク上の着こなしが完成。

この着こなしのポイントはサイジングでして、それに色のバランスも大事になります。

上記モデルさんのコーディネートはどれをとっても完璧なコーデ。

コーデの詳しい感想

冬のデニムシャツのお手本のようなコーディネートとなっています。冬のロールアップは寒いので、足元はブーツでもオッケーですね。

関連:黒のチェスターコートのメンズコーデ

 

テーラードジャケットにデニムシャツを合わせる着こなし方は海外メンズの間では定番。

日本ではこのようにコーデしている人は少ないので、他と差をつけるのならオススメ。

コーデの詳しい感想

ジャケットにデニムシャツを使う時は、カラーバランスに注意しなければいけません。あくまでもジャケットがメインになりますので、ジャケットの個性を失わないように注意して着用していきましょう。

関連:テーラードジャケットのサイズ感や選び方

 

デニムジャケットにデニムシャツという超斬新な技アリコーデ。

クラシックアメリカンの印象のあるボア付きデニムジャケットなのですが、中をデニムシャツにする事でトレンド感を演出。

コーデの詳しい感想

この着こなしのポイントはデニムボアジャケットとデニムシャツとのカラーバランス。

関連:デニムボアジャケットを使ったメンズのコーデ

 

ブラウン系のジャケットに少し薄めのデニムシャツを着用しています。

そもそもブラウンジャケットとデニムシャツは非常に相性の良いアイテムなので、合わないワケがないんです。

コーデの詳しい感想

こアメリカンクラシックに仕上がった着こなしに注目。加えて、ポケットチーフにもこだわると更にオシャレになります。

 

Pコートとデニムシャツの着こなし方はもはや定番のスタイルとなっています。

ロング丈との相性も良いですし、ミディアム、ショート丈との相性も良い。

デニムシャツの使い方としても、まさに王道の着こなし方ですよね。

 

ブラウンのチェスターコートにデニムシャツ。

個人的に大好きな着こなし方ですし、海外では実践しているファッショニスタは多い。

チェスターコートの襟部分にチラっと見えるデニムシャツがワンランク上の着こなしになっています。

 

M-65風のミリタリージャケットにデニムシャツの定番コーディネート。

ミリタリー系のアイテムの相性も抜群なのがデニムシャツの魅力。

ネクタイを着用しているのもポイントですよね。

 

ブラウンジャケットとデニムシャツの定番の着こなし方となっています。

カチッとしたジャケットとでも難なく合わせることができる万能さには驚きです。

 

ニットカーディガンにデニムシャツをセレクトしている王道スタイル。

このコーディネートのポイントはサイズ感ですね。

サイズ感がダメだと、野暮ったくなってしまいますので注意が必要になります。

決まれば相当カッコイイので、ぜひチェックしておきましょう。

 

デニムオンスタイルはやっぱり人気です。

同系色でのデニムオンデニムは結構難しいコーデになります。

なので決まればかなりカッコイイスタイルになりますので、ぜひ挑戦して欲しいコーデ。

足元にはあえて、深めの茶色ブーツを着用している所もセンス抜群ですね。

 

春のデニムシャツの定番コーデです。

黒に近い濃いネイビーのデニムパンツを着用したメリハリのあるスタイルです。

小物使いも最低限で着用しているミニマルなスタイルとなっています。

やっぱりデニムシャツにはホワイトスニーカーが調子イイですね。

 

黒デニムパンツを着用したデニムシャツスタイル。

インディゴブルーのデニムシャツと相性の良い黒のデニムパンツスタイルですね。

足元にはアディダスのスーパースターを着用した無難なスタイルとなっています。

小物使いもシンプルで良い感じです。

 

薄めのデニムシャツを使ったオシャレスタイル。

トップスを薄めのデニムシャツにする事でボトムスは濃い目に設定しています。

センス抜群のスタイルですよね。足元にはダブルモンクデザインのドレスシューズを着用。

デニムシャツで作るメリハリのある大人のスタイルとなっています。

 

カジュアルなデニムシャツスタイルとなっています。トップスとボトムスの色合いが絶妙となっています。

サイジングも完璧ですし、言う事のないスタイルですね。足元にはカーキのスニーカーを着用しています。

デニムシャツ初心者にオススメなスタイルとなっています。

 

海外のオシャレメンズから注目されているデニムシャツを使ったツートーンスタイル。

デニムシャツとボトムスを同系色にして、キャメルの靴、バッグをアクセントにした色使いが最強のスタイルとなっています。

このコーデは決まれば非常にカッコイイスタイルになりますので、ぜひ挑戦したいです。

 

春は暖かくなる季節ですので、こういうゆるいサイジングのデニムシャツがスタイルが旬。

ボトムスには黒のデニムパンツ、足元にはキャメルのサイドゴアブーツを着用しています。

サイドゴアブーツは海外はもちろんですが、日本でも人気のアイテムなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

デニムシャツとダメージデニムを合わせたシンプルなスタイルとなっています。

やっぱりデニムシャツとダメージデニムは相性が良いですよね〜。

足元にはゴツめの黒のブーツを着用してワイルドな雰囲気を演出しています。

小物もシンプルで最小限でおさえているところが好印象ですね。

 

暖かくなる季節でもある春のデニムシャツコーデ。

ですが夜になると寒くなりますので、こういうさらっと着用できるレザージャケットを1枚持っていると便利です。。

足元にはトレンドになっているサイドゴアブーツを着用。無骨なスタイルが男らしい。

 

ジャケットのインナーにデニムシャツを着用したオシャレなコーディネート。

ジャケットからチラッと見えるデニムシャツがかなりカッコイイですよね。

こういうスタイルをサラッとできると本当にカッコイイですよね。

足元にはサイドゴアブーツを着用しているので、スッキリとした感じが良いですね。

 

デニムシャツのメンズコーデ【ブランド別】

ー ブランド別 ー

※タップしたらジャンプします

  1. GU
  2. UNIQLO
  3. ラルフローレン

 

ゴルゴ
ゴルゴ
順番にご紹介していきます。

 

「GU」デニムシャツ

WEAR

着用ブランド
  • デニムシャツ:GU
  • スウェット:coen
  • パンツ:GU
  • ブーツ:ドクターマーチン

GUのデニムシャツを使ったオシャレなコーディネートとなっています。

GUのデニムシャツはトレンド感のあるシルエットが特徴なので、ぜひ1枚は持っておきたいアイテムですね。

 

「UNIQLO」デニムシャツ

WEAR

着用ブランド
  • デニムシャツ:UNIQLO
  • スウェット:GU
  • パンツ:UNIQLO
  • スニーカー:converse

UNIQLOのデニムシャツを使った定番のカジュアルスタイルとなっています。

定番スタイルなのですが、女子ウケ抜群のコーディネートなので、ぜひ真似したいです。

 

「ラルフローレン」デニムシャツ

WEAR

着用ブランド
  • デニムシャツ:ラルフローレン
  • パンツ:SPU
  • シューズ:ビームス

ラルフローレンのデニムシャツを着用しているカジュアルスタイルですね。

ラルフローレンのデニムシャツは、ボックスシルエットが特徴なので、トレンド感のある着こなしが実現します。

 

デニムシャツのメンズコーデ【色別】

 

ゴルゴ
ゴルゴ
順番にご紹介していきます。

 

「黒」デニムシャツ

WEAR

着用ブランド
  • デニムシャツ:MINEDENIM
  • パンツ:surt

黒のデニムシャツを使ったストリートスタイルとなっています。

黒のデニムシャツは、クールな印象を与えることができますが、意外と難しいアイテムでして、着こなし方にコツが必要。

 

 


「ブルー」デニムシャツ

WEAR

着用ブランド
  • デニムシャツ:GU
  • オープンカラーシャツ:HARE
  • タンクトップ:MONO-MART
  • パンツ:ZIP FIVE
  • スニーカー:HOKA ONEONE

キレイで鮮やかなブルーデニムシャツを使ったコーディネートとなっています。

青のデニムシャツは、カジュアルスタイルと相性抜群なので、使いやすいです。

 

「紺ネイビー」デニムシャツ

WEAR

着用ブランド
  • シャツ:UNIQLO
  • Tシャツ:ZOZO
  • 財布:CHARI&CO
  • パンツ:スラックス

濃紺デニムシャツを使ったオシャレなコーディネートとなっています。

濃紺は「黒」に近い色味なので、シックに着用することができるアイテムですね。

 

「白」デニムシャツ

WEAR

着用ブランド
  • デニムシャツ:wonderland
  • Tシャツ:Graphpaper
  • パンツ:Needles

白のデニムシャツを着用しているオシャレなコーディネートとなっています。

白のデニムシャツはモードっぽい雰囲気のスタイルと相性抜群ですよ。

デニムシャツの中では、個性的で珍しい色合いとなっています。

 


まとめ

今回は『デニムシャツのメンズコーデ【アパレル店員がくわしく解説】』というテーマをお送りしました。

デニムシャツには色んなコーデ方法があるので楽しいですよね。

春夏秋冬の定番アイテムなので、この記事を参考に着こなし方をマスターしておこう。

ABOUT ME
ゴルゴ
ゴルゴ
服のメンズマガジン管理人のゴルゴです。元アパレル店員で毎月300人以上のお客様の洋服をアドバイスしていました。好きな事はマッチングアプリ(主にペアーズ)で女性と会うこと、筋トレ、ファッションです。

\  ピックアップコンテンツ  /

オススメの記事が表示されています