ファッション

シャツの種類をすべて網羅|名前・由来まで解説【保存版】

この記事では『シャツの種類をすべて網羅|名前・由来まで解説【保存版】』というテーマでお送りしていきます。

 

ゴルゴ
ゴルゴ
シャツにも種類がたくさんあるんだよ!
先輩
先輩
これは知りたい!

 

この記事の内容
  1. 【デザイン別】シャツの種類まとめ|名前・由来まで
  2. 【素材・生地別】シャツの種類まとめ|名前・由来まで
  3. 【襟のタイプ別】シャツの種類まとめ|名前・由来まで

この記事を読むことで、シャツの種類が分かるようになりますよ。

ファッションアイテム図鑑としてブックマークしておくことをオススメしています。

 


【デザイン別】シャツの種類まとめ|名前・由来まで

まずは『【デザイン別】シャツの種類』をご紹介していきます。

  1. ミリタリーシャツ
  2. ロングシャツ
  3. ブロッキングシャツ
  4. ワークシャツ
  5. ラガーシャツ
  6. ポロシャツ
  7. ドレスシャツ・カッターシャツ・ワイシャツ
  8. アロハシャツ
  9. チェックシャツ
  10. クレリックシャツ
  11. ストライプシャツ
  12. ドットシャツ
  13. フードシャツ
  14. ウエスタンシャツ

 

ゴルゴ
ゴルゴ
順番に解説していきます。

 

ミリタリーシャツ

色はカーキや深緑が多く、ポケットが多く付いています。

また、無骨なデザインが男らしさを演出してくれるので、1枚羽織るだけでかっこよく着こなすことができます。

ファッションを選ばないので、コーディネートに取り入れやすいアイテムです。

 

ロングシャツ

長さのバリエーションは多く、トップスとして着るのはもちろん、羽織りとしても使えておしゃれ感を強く演出することができます。

トレンドの着こなしである『レイヤード』として使いやすいアイテムで、こなれた着こなしに仕上げてくれます。

 

ブロッキングシャツ

特徴的なデザインは、コーディネートのアクセントとして取り入れることができ、存在感のあるアイテムといえます。

 


ワークシャツ

作業用に便利ということもあり、左右に胸ポケットが付いたデザインが特徴です。

丈夫で汚れが目立ちにくいのも特徴であり、素材はデニム・ダンガリー・シャンブレーなどが使われることが多いです。

 

ラガーシャツ

分厚いコットン素材にゴム製のボタンは、ラグビーという激しい競技の中で怪我をしないよう配慮されてつくられています。

ボーダーやストライプ柄が主流になっています。

 

ポロシャツ

高い通気性と快適な着心地を兼ね備えているため、日常使いとしてはもちろんですがスポーツウェアとしても使われています。

また、ビジネスウェアとしても認知されてきているので、使い勝手は抜群です。

ポロシャツがダサいと言われる3つの理由【ダサくならないコツまで】 このような悩みをお答えします。 ポロシャツがダサいと言われる3つの理由とは ...

ポロシャツがダサいと言われる3つの理由【ダサくならないコツまで】

 

ドレスシャツ・カッターシャツ・ワイシャツ

元々は下着という分類だったため、シャツによくある左胸のポケットはないのが特徴です。

 

アロハシャツ

『アロハ』はハワイ語で「好意・愛情・思いやり・挨拶」などの意味があります。

アロハシャツを使ったメンズコーデ【ダサいと言われない着こなし方】この記事では「アロハシャツを使ったメンズコーデ【ダサいと言われない着こなし方】」というテーマでお送りします。...

アロハシャツを使ったメンズのお洒落な着こなしコーデ術!

 

 


チェックシャツ

色やチェック模様が様々あり、代表的なものだとギンガムチェックやアーガイルチェック、グレンチェックなどが挙げられます。

カジュアルシーンで用いられることが多く、1枚着・インナー・アウターなど様々な着こなしを楽しむことができます。

シャツを腰巻きしているのはダサいの?【アパレル店員が解説】この記事では「シャツを腰巻きしているのはダサいの?【アパレル店員が解説】」というテーマでお送りします。...

チェックシャツを腰巻きしているメンズはダサいのか?

 

クレリックシャツ

ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで活躍してくれ、知的は雰囲気ですね。

 

ストライプシャツ

定番のロンドンストライプという線の太さが同じクラッシックな柄から、線を斜めにしたバイアスストライプなど数えきれないほどの種類があります。

柄をストライプにすることで、縦長に見える視覚効果からスタイルアップが期待できるシャツとなっています。

 

ドットシャツ

ドットの大きさや間隔の規則性によって様々な種類に分けられます。

ドット1つとっても大人っぽいものから、ポップなものまで幅広い雰囲気を演出することができます。

 

フードシャツ

フードのみ違った素材を使ったデザインのものが多く、1枚着・アウターとしてすっきりと着こなすことができます。

 

ウエスタンシャツ

ワークシャツをルーツとして作られていることから、両胸部分にポケットが施されているのが特徴的となっています。

 

【素材・生地別】シャツの種類まとめ|名前・由来まで

続いては『【素材・生地別】シャツの種類』をご紹介していきます。

  1. デニムシャツ
  2. シャンブレーシャツ
  3. ダンガリーシャツ
  4. ネルシャツ
  5. コーデュロイシャツ
  6. リネンシャツ
  7. ヘリンボーンシャツ
  8. サテンシャツ
  9. オックスフォードシャツ
  10. ブロードシャツ

 

ゴルゴ
ゴルゴ
順番に解説しますね!

 

デニムシャツ

厚手で耐久性の高い生地で、使い続けることで色が落ちたりと経年変化も楽しめる素材です。デニムシャツはインディゴカラーが主流となっています。

https://vogueword.click/archives/6861

デニムシャツのコーデ【春・メンズ編】厳選スタイルで女子受け狙う!

https://vogueword.click/archives/3107

デニムシャツのメンズコーデ|夏の季節にピッタリな最新スタイル

https://vogueword.click/archives/3883

デニムシャツのメンズコーデ・秋はやっぱりこれで決まり

デニムシャツのメンズコーデ【アパレル店員がくわしく解説】この記事では「デニムシャツのメンズコーデ【アパレル店員がくわしく解説】」というテーマでお送りします。...

デニムシャツのメンズコーデ【冬編】

 

シャンブレーシャツ

平織なので、2種類の糸が表に現れ、細かいチェック柄のような見た目になるという特徴があります。

 

ダンガリーシャツ

コットンが主に使われた素材のため、着心地が良く吸収性にも優れていますが、縮みやすいというデメリットもあります。

 

ネルシャツ

フランネルとは、柔らかい毛織物のことでコットンやウールで作られることが多いです。

表面が少し起毛していて、軽く暖かさを感じられる素材であることが特徴です。

ネルシャツを使ったコーデ【メンズ】秋冬はこう着こなす【最新スタイル】この記事では「ネルシャツを使ったコーデ【メンズ】秋冬はこう着こなす【最新スタイル】」というテーマでお送りします。秋冬定番のネルシャツの着こなし方が分からないメンズはぜひチェックしてみてください。...

ネルシャツを使ったコーデ|メンズの冬はこう着こなす!

 

コーデュロイシャツ

カラーは様々ですが、優しめな暖色系のものが多く、季節感のある印象でコーディネートにアクセントをプラスすることができます。

 

リネンシャツ

特徴としては『吸水性が高く、汚れにくい、丈夫』といったことがあげられ、さらっとした肌触り・清涼感から夏に大活躍の生地です。

リネンシャツをオシャレに着こなすサイズ感や着丈【メンズ編】今回は『リネンシャツをオシャレに着こなすサイズ感や着丈【メンズ編】』というテーマでお送りしていきます。 リネンシャツをオシャレに着...

リネンシャツをオシャレに着こなすサイズ感や着丈【メンズ編】

 

ヘリンボーンシャツ

シャツ生地の代表的な柄の1つであり、秋冬・春先に活躍します。

英国紳士のような高級感があり、柔らかな肌触りながらもシワになりにくいという魅力もあります。

 

サテンシャツ

上品さや高級感があり、ウィメンズのドレスの素材として使われることもあります。

デリケートな生地であり、摩擦に弱くあまり頑丈なつくりではない為、洗濯やアイロンに注意が必要といったデメリットもあります。

 

オックスフォードシャツ

コットン・コットンとポリエステル混綿で作られた太い糸を使うことから、適度な厚みや硬さがあり、シワがつきにくいにが特徴です。

通気性にも優れていることから、スポーツウェアにもちいられることもあります。

 

ブロードシャツ

薄手から厚手まで多くの種類があり、ドレスシャツの代表的な生地です。無地の白や青が多く、糸の太さが細くなるほど柔らかい肌触りになり、光沢が増していきます。

 

【襟のタイプ別】シャツの種類まとめ|名前・由来まで

続いては『【襟のタイプ別】シャツの種類』をご紹介していきます。

  1. イタリアンカラーシャツ
  2. ラウンドカラーシャツ
  3. ボタンダウンシャツ
  4. レギュラーカラーシャツ
  5. ホリゾンタルカラーシャツ
  6. バンド(スタンド)カラーシャツ
  7. ワイドスプレッドカラーシャツ
  8. スタンドカラーシャツ
  9. ウィングカラーシャツ

 

ゴルゴ
ゴルゴ
順番に解説しますね!

 

オープンカラーシャツ

オープンカラーシャツの特徴は、ラフっぽくて涼しい印象を相手に与えることができる!というところですね。

夏の季節に着用されているケースが多く、オシャレメンズの間でも人気のアイテムです。

オープンカラーシャツがダサいと思われる理由【鍵を握るのはサイズ感】この記事では『オープンカラーシャツがダサいと思われる理由【鍵を握るのはサイズ感】』というテーマでお送りしていきます。オープンカラーシャツを着たいけど、どうやって着たら良いか分からない。ダサいのかな?そんな男性の疑問にお答えしていきます。...

オープンカラーシャツのコーデ|着こなしのコツはサイズ感!

 

イタリアンカラーシャツ

ノーネクタイで第一ボタンを開けてきこなせば、さりげなくセクシーにきこなすことのできるシャツです。

ノーネクタイ専用のカジュアルシャツでありながらも、エレガントに着こなせます。

 

ラウンドカラーシャツ

クラシカルな中に可愛らしさを感じさせる、遊び心が効いた印象のデザインです。

その形の形状から顔の丸さが強調されてしまうため、丸顔の人は注意が必要。

 

ボタンダウンシャツ

現在では、立派にドレスシャツとしての役割を果たすようになっています。

様々な色・形・素材のものがあることもあり、幅広いファッションに合わせれます。

 

レギュラーカラーシャツ

冠婚葬祭などの正装やビジネスシーンに使われる、シャツならではのきちっと感や清潔感を演出することができます。

 

ホリゾンタルカラーシャツ

ドレスアップからカジュアルまで幅広い着こなしができるシャツであり、人気急上昇中のアイテムとなっています。

 

バンド(スタンド)カラーシャツ

元々の起源は、襟が縫いつけられていなかった時代の台襟(だいえり)だけが残ったものと言われています。

カジュアルな着こなしに向いており、ボタンの開け閉めで違った雰囲気のファッションを楽しむことができます。

バンドカラーシャツってダサいの?【アパレル店員がくわしく解説】 そんな疑問にお答えしていきます。 バンドカラーシャツってダサいの?【結論→ダサくな...

バンドカラーシャツってダサいの?【アパレル店員がくわしく解説】

 

ワイドスプレッドカラーシャツ

レギュラーカラーシャツと並び、フォーマルな場でもきちんと着こなすことができるシャツのため、ビジネスシーンから冠婚葬祭まで、幅広い場面で着ることができます。

 

スタンドカラーシャツ

クラシックで知的な印象を与えてくれるシャツなので、落ち着いた雰囲気を出したいときに使うのがおすすめです。

 

ウィングカラーシャツ

鳥の翼のようにエリ先が折り返しされて開いていることから『ウィングかカラー』といわれています。

結婚式や披露宴などの華やかな装いが似合うシーンで着用する方が多いです。

 


まとめ

今回は『シャツの種類をすべて網羅|名前・由来まで解説【保存版】』というテーマでお送りしていきます。

かなり多くのシャツが登場しましたね。

それぞれ違った意味、そして着こなし方がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

– アイテムの種類 –

シャツの種類 ◀︎今ココ

パーカーの種類 

ジャケットの種類

サンダルの種類

オススメの記事が表示されています