ファッション

ポロシャツがダサいと言われる3つの理由【ダサくならないコツまで】

悩めるオトコA
悩めるオトコA
ポロシャツ欲しいけど、ダサいって本当なの?
悩めるオトコB
悩めるオトコB
ポロシャツ着てダサいと思われたくない。

そんな疑問にお答えします。

この記事を書いている人

著者情報(プロフィールはこちら

服のメンズマガジンの回答は、

 

ポロシャツはダサくない

 

この一言です。

とはいえ、ポロシャツの「選び方」や「着こなし方」次第で、ダサいと思われる可能性もあります。

そこで今回は「ポロシャツがなぜダサいと思われてしまうのか」ここを深掘りしていきます。

ポロシャツを購入しようと検討している男性は、ぜひ参考にしてみてください。

読み飛ばしガイド
ファッション診断

ポロシャツがダサいと言われる3つの理由とは

ポロシャツがダサいと言われる理由は以下の3つになります。

  1. オジサンっぽいから
  2. サイズ感が間違っているから
  3. ワッペンや装飾がダサいから

順番に解説していきます。

① オジサンっぽいから

まず1つ目は『おじさんっぽいから』という点です。

多くの人のイメージは『おじさんっぽいアイテム』ですよね。

 

ゴルフやってそう!
お父さんが着てそうなんだよね。

 

世間はこんなイメージです。

その印象が強いからこそ、どことなくダサい雰囲気になってしまいます。

 

ゴルゴ
ゴルゴ
実際はカッコいいんだけどね!
先輩
先輩
イメージが付いちゃってる。

 

メモ

ポロシャツは上手く着こなせば、清潔感溢れるオシャレなコーディネートを実現できるポテンシャルは持っています。

 

② サイズ感が間違っているから

2つ目は『サイズ感がまちがっている』という点です。

なぜなら、シンプルなデザインだからこそサイズ感でコーデの雰囲気をかなり変えてしまうからです。

 

ゴルゴ
ゴルゴ
ポロシャツはマジでサイズ感大事だよね。
先輩
先輩
サイズ感ミスったら終わり(笑)

 

特に気にするべきポイント

出典:WEAR

  • 肩幅
  • 身幅

自分の肩、胴周りのフィット感とバランスを意識して、体に合ったサイズのものを選ぶことできれいに着こなせます。

 

③ ワッペンや装飾がダサいから

3つ目は『ワッペンなどの装飾はよりダサい』という点です。

なぜなら、ワッペンなどの装飾がある事により、一気に子供っぽくて安っぽい雰囲気になってしまうからです。

 

ゴルゴ
ゴルゴ
デザインには気を使いたいよね!
先輩
先輩
確かにね!

 

もしシンプルすぎるのは嫌だと思うのであれば、総柄のポロシャツがおススメですよ。

柄アイテムの中でも、ドット柄や夏らしいリーフ柄なら子供っぽくならないコーデが楽しめます。

【ダサいと言わせない】ポロシャツをオシャレに魅せる3つの基本

ポロシャツを着てもダサいと言われないコツは以下の3つになります。

  1. 小さすぎないサイズ感
  2. ダークカラーのポロシャツ
  3. 人気ブランドのポロシャツを合わせる

順番に解説していきます。

① 小さすぎないサイズ感を意識

1つ目は『小さすぎないサイズ感を意識する』という点です。

\ ピチピチにならないように注意 /

出典:WEAR

特に胸やお腹周りのシルエットに気をつけることで、おじさんっぽさを回避することができますよ。

トレンドのビッグシルエットなら、より今っぽいコーデに仕上げることもできます。

 

② ダークカラーのポロシャツを着る

2つ目は『ダークカラーのポロシャツを使って大人っぽくまとめる』という点です。

ダークカラーのポロシャツなら、落ち着いた雰囲気で大人っぽさのあるコーデに仕上げることができます。

\ ダークカラーがかっこいい /

出典:WEAR

さらに引き締め効果でスタイルアップも叶い、一石二鳥です。

それに、ブラウンやカーキなどのアースカラーにすれば、よりオシャレ度アップに繋がりますよ。

 

③ 人気のポロシャツを合わせる

3つ目は『人気ブランドのポロシャツを合わせる』という点です。

王道でいえば、

  • フレッドペリー(FRED PERRY)
  • ラコステ(LACOSTE)
  • ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)

フレッドペリー(FRED PERRY)

ラコステ(LACOSTE)

ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)

どのブランドも、ワンポイントが目印のシンプルなデザインですね。

人気ブランドのアイテムであれば、わかりやすくオシャレな印象が作りやすいですよ。

ゴルゴ
ゴルゴ
続いては、ダサいと言われないポロシャツ着こなし注意点をご紹介していきます。

【パターン別】ダサいと言われない為のポロシャツ着こなし注意点

ポロシャツは、色んな着こなし方ができる万能アイテムですが、注意点があります。

このトピックでは、ポロシャツを着こなす上での注意点を解説していきます。

読み飛ばす

順番に解説していきます。

ポロシャツを重ね着する場合

ポロシャツを重ね着する場合は「首元を意識」していきましょう。

出典:WEAR

めっちゃかっこいいですよね。

ポロシャツとボタンシャツを合わせて、首元にインパクトを持たせたコーデ。

ネクタイがアクセントになっていて、大人っぽくもありながら、上手くカジュアルダウンを実現。

ゴルゴ
ゴルゴ
すごく参考になる重ね着スタイルですよ!

また、半袖ポロシャツに長袖シャツを重ね着するコーディネートもおすすめです。

出典:WEAR

難しいスタイリングにはなりますが、決まればめっちゃかっこいいですよ。

着こなしのコツとしては「同系色のアイテムで重ね着する」ということです。

同系色アイテムで重ね着することで、まとまったコーディネートが実現します。

ゴルゴ
ゴルゴ
ポロシャツの重ね着は難しいので、バランスを見ながらコーディネートしていきましょう。

ポロシャツ×ジーンズの注意点

ポロシャツにジーンズを合わせると、野暮ったく見えてしまうので注意が必要です。

ですが、タックインで着用することで、大人っぽく着こなすことも可能。

出典:WEAR

コツとして、ジーンズはワンウォッシュ加工の綺麗な素材を選ぶのがおすすめです。

ポロシャツはドレスアイテムになりますので、ワンウォッシュ素材と相性抜群。

ゴルゴ
ゴルゴ
ポロシャツとジーンズは子供っぽく見えるので、鏡を見ながら入念にバランスを確認していきましょう。

ポロシャツ×ジャケットの注意点

ポロシャツにジャケットのコーディネートは超難しいので注意が必要です。

安易に手を出すと、ダサ見えしてしまい友達から低評価をくらう可能性も。

ただ、同系色で合わせることで、オシャレに魅せることもできますよ。

出典:WEAR

ブラウンとキャメルの同系色でコーディネートすることで、都会的な印象に。

個人的にはブラック系のコーディネートが好きですね。

出典:WEAR

このようにポロシャツとジャケットを同系色にすることで、スッキリ着こなせます。

ポロシャツはドレス寄りのアイテムでありながら、カジュアル要素も含んでいます。

なので、ジャケットを羽織る時は、カラーバランスを考えて着こなしましょう。

ゴルゴ
ゴルゴ
ポロシャツにジャケットを羽織る場合は、同系色にすることでダサ見えせずに済みます!

長袖ポロシャツを着る時の注意点

長袖ポロシャツを着用するときは、できるだけ大人っぽいアイテムで固めましょう。

出典:WEAR

かっこいいですよね。

サイジングは、オーバーサイズというよりかは、ワンサイズ大きめくらい。

大人っぽいアイテムを組み込めば、オシャレな大人スタイルに決まります。

ゴルゴ
ゴルゴ
長袖ポロシャツは大人っぽいアイテムと合わせることで、ダサ見えせずに着こなすことができます。

ポロシャツ×ハーフパンツの注意点

ポロシャツにハーフパンツは、できるだけ避けたいところです。

理由としては、どうしても子供っぽく見えてしまうからです。

とは言いつつ、オシャレに着こなしているメンズも多いのでご紹介します。

出典:WEAR

上手くカラーバランスとサイズ感が取れているストリートスタイルですね。

ハーフパンツと合わせる際は、カラーバランスとサイジングに注意したいです。

ゴルゴ
ゴルゴ
ちょっとでも子供っぽく見えたら諦めよう…

出典:WEAR

それでもポロシャツにハーフパンツを合わせたいメンズは、ソックスを着用しよう。

ソックスを着用することで、スタイリッシュな雰囲気を演出できますよ。

また、足元にドレスシューズを組み合わせることで、大人っぽさも演出。

ゴルゴ
ゴルゴ
このコーディネートは上級者なので、初心者はむやみに手を出さない邦画良いです(汗)

【脱ダサい】ポロシャツを使った着こなし成功事例

ポロシャツを使った着こなし成功事例をご紹介していきますね。

  1. ハーフジップポロシャツ
  2. シンプル定番ポロシャツ
  3. 季節別

上記の順番でお届けします。

ハーフジップポロシャツ

NO.1

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:LIDNM
  • デニムパンツ:LIDNM
  • シューズ:KLEMAN
  • ショルダーバッグ:LIDNM
  • ネックレス:LIDNM
  • アクセサリー:TUNAGI JAPAN

定番のポロシャツもハーフジップ×ビッグシルエットなら、今っぽくトレンドをおさえたオシャレな着こなしに仕上げることが出来ます。

黒×赤の色使いで、大人っぽさのあるオシャレな雰囲気を演出しています。

NO.2

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:kutir
  • スラックス:LwIDNM
  • ソックス:HARUSAKU
  • ベルト:Gucci
  • 時計:FOSSIL

トレンドカラーのポロシャツにすれば、今っぽさを感じさせる旬顔コーデが完成。

インナーに白カットソーをレイヤードすれば、コーデにも自然に馴染みオシャレなアクセントカラーとして華やかなコーデが完成いますよ。

NO.3

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:CASPER JOHN
  • スラックス:Discoat Parisien
  • ソックス:Tabio
  • ブーツ:Tabio
  • ベルト:Hender Scheme
  • 時計:FOSSIL

チェック柄のポロシャツは、シンプルコーデのアクセントとして活躍しますよ。

グラフチェック柄ならカジュアルにまとまりすぎず、程よく上品な着こなしが叶います。

ボトムもすっきりとしたサイズ感のものできれいにまとめることで、大人カジュアルなコーデが完成しています。

 

シンプル定番ポロシャツ

NO.1

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:ART COMES FIRST
  • ミリタリージャケット:ART COMES FIRST
  • スラックス:LAD MUSICIAN
  • スニーカー:Converse

白ポロシャツにはミリタリージャケットを合わせてモノトーンでまとめれば大人っぽくクールな雰囲気のカジュアルコーデが完成します。

ショート丈のアウターの場合には、タックインせず着ることで、程よいルーズさを演出しています。

モノトーンで大人っぽくまとめているので、だらしなさを感じさせないスタイリッシュな着こなしにまとまっています。

NO.2

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:AURALEE
  • テーラードジャケット:AURALEE
  • チノパンツ:markaware
  • ローファー:HARUTA
  • ショルダーバッグ:Hender Scheme

お父さんっぽさが出てしまう場合には、カラーポロシャツがオススメです。

赤のポロシャツなら、手持ちの洋服にも合わせやすくコーデのアクセントにも使いやすい。

ベージュやブラックなどの落ち着いたカラーと合わせれば、大人っぽいコーデにまとめることが出来ますね。

NO.3

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:koe
  • パンツ:koe

ポロシャツ×ボトムの定番コーデには、シルエットで今っぽさを演出するとオシャレ度が格段にアップしますよ。

ボトムには、程よいサイズ感のテーパードパンツを合わせることで、シルエットにメリハリをプラス。

ただルーズにまとめるのではなく、メリハリのあるシルエットを意識することがおしゃれコーデに仕上げるポイントになってきます。

NO.4

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:FRED PERRY
  • テーラードジャケット:EDIFICE
  • スラックス:EDIFICE
  • ローファー:HIROSHI TSUBOUCHI

カジュアルアイテムのポロシャツにジャケットを羽織れば、大人っぽくきれいめなコーディネートになります。

ブラック×グレーの落ち着いた色あわせが、シックできれいな雰囲気にまとめるポイントになっていますね。

NO.5

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:CIAOPANIC TYPY
  • カーゴパンツ:Needles
  • デッキシューズ:Timberland

ブラックポロシャツにカーゴパンツを合わせてミリタリーにまとめたコーデ。

男っぽくワイルドな雰囲気に着こなせる組み合わせで、年齢問わず着やすいコーデに仕上がっています。

足元のデッキシューズが、季節感と清潔感をプラスしてくれています。

NO.6

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:CIAOPANIC TYPY
  • チノパンツ:used
  • サンダル:havaianas

同じブラックポロシャツを、ベージュのチノパンとあわせたカジュアルコーデ。

ボタンを全留めることで、プレッピーなおしゃれさを演出しています。

足元にビーチサンダルをハズしアイテムとして取り入れているところが、おしゃれ上級者さんなコーディネートです。

NO.7

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:MYSELF ABAHOUSE
  • パンツ:kutir
  • ショルダーバッグ:MR.OLIVE
  • ブーツ:Dr.Martens

ブラックポロシャツ×チェックボトムのモード系コーデ。

チェックボトムを取り入れることで、カジュアルなポロシャツコーデがモード感のある雰囲気になり、かっこよく着こなせます。

レザーシューズと合わせて、クールにまとめています。

NO.8

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:LACOSTE
  • スラックス:CIAOPANIC TYPY
  • トートバック:Battenwear
  • スニーカー:VANS

ブラウン×ベージュのワンカラーでまとめた、統一感のあるコーディネート。

グラデーションになった着こなしがオシャレですね。大人っぽく落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

NO.9

出典:WEAR

着用ブランド

スポーツアイテムでもあるポロシャツは、ジャージとも相性抜群。

おしゃれに仕上げるには、タックインしてスッキリと着こなすのがポイントですよ。

タッセルローファーを合わせて大人っぽい要素も取り入れるのがポイントです。

NO.10

出典:WEAR

着用ブランド

  • ポロシャツ:FRED PERRY
  • パンツ:FRED PERRY
  • スニーカー:VANS
  • リストバンド:FRED PERRY
  • メガネ:OLIVER PEOPLES

ブラックでまとめたスタイリッシュなコーディネート。

センタープレスの入ったきれいめボトムを合わせる事で、縦のラインが強調されてきれめカジュアルなコーディネートに仕上がっています。

スニーカー×ニットの小物使いもオシャレですよね。

 

着こなし別:ポロシャツコーデ

ゴルゴ
ゴルゴ
着こなし別にご紹介するよ。

重ね着

出典:WEAR

ポロシャツの中に、タートルネックを重ね着した上級者向けコーディネートですね。

タートルネックとポロシャツを上手く組み合わせることで、こなれ感を演出できます。

 

出典:WEAR

ポロシャツの下に、丸首Tシャツをチラ見せしたスタイルが個人的には好きですね。

飾らないキレイ目カジュアルスタイルは女子ウケ抜群なので、ぜひ参考にしたいところ。

 

古着

出典:WEAR

古着のポロシャツは、キレイ目なアメカジ寄りにコーディネートするのがオススメです。

サスペンダーなどを着用して、クラシカルなスタイルを意識していきましょう。

 

出典:WEAR

古着のポロシャツは、ベージュのチノパンツと相性抜群となっています。

やはり少しアメカジ寄りのコーデを意識することで、オシャレな雰囲気が増しますね。

 

柄別:ポロシャツコーデ

ゴルゴ
ゴルゴ
柄別にご紹介するよ。

「花柄」ポロシャツ

出典:WEAR

花柄のポロシャツはインパクトがありますので、できるだけデザインがシンプルなパンツと合わせたいところ。

スラッとしたシルエットで着こなせば大人のスタイルが実現します。

 

「ボーダー」ポロシャツ

出典:WEAR

ボーダー柄のポロシャツは着こなしを間違えてしまうと子供っぽくなります。

なので、足元にはドクターマーチンのようなドレス寄りのカジュアルブーツを持ってくることをオススメしています。

 

「ストライプ」ポロシャツ

出典:WEAR

ストライプ柄のポロシャツはカジュアル感が強めのアイテムになります。

なので、サスペンダーやドレスシューズなどでバランスが取れたコーディネートを心がけると上手くハマります。

 

色別:ポロシャツのメンズコーデ

ゴルゴ
ゴルゴ
着こなし別にご紹介するよ。

「ネイビー(紺色)」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

ネイビーカラーのポロシャツに、ワイドパンツを合わせたカジュアルコーディネート。

ポロシャツとワイドパンツは相性抜群なので、ぜひ参考にしたいところ。

また、ネイビー以外をすべて黒に合わせることで、クールな印象になりますね。

 

「水色」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

水色のポロシャツにインディゴカラーのデニムパンツを合わせたコーディネート。

全体的にカジュアルなのですが、足元に革のスリッポンを合わせることで、コーディネートを引き締めています。

 

「白」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

白のポロシャツにベージュカラーのチノパンツを合わせたシンプルコーディネート。

全体的に薄めの色合いなのですが、サコッシュやローファーを黒にすることで、コーディネートが引き締まって見えますね。

 

「黒」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

黒のポロシャツに黒のスキニーパンツを合わせたクールなコーディネートとなっています。

ウォレットチェーンや足元のサンダルで「抜け感」を出しているところがポイントですね。

 

「カーキ」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

カーキのポロシャツに、黒のスラックスパンツを合わせたコーディネートですね。

カーキはカジュアル感が強い色になりますので、足元のローファーやスラックスパンツでバランスを取っているところがポイントです。

 

「赤」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

赤のポロシャツに白のワイドパンツを合わせたオシャレなコーディネートですね。

小物類を黒にすることで、統一感のある「3色コーディネート」が実現しています。

一見、普通のコーディネートに見えますが、きちんと計算されたオシャレなスタイルです。

 

「ピンク」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

ピンク色のポロシャツに、ネイビーのスラックスパンツを合わせたコーディネートです。

スラックスパンツは大人っぽいグレンチェック柄なので、カジュアル感が強いピンクのポロシャツとのバランスが絶妙。

 

「紫」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

紫のポロシャツに薄めのワイドデニムパンツを合わせたカジュアルコーディネートですね。

薄めのワイドデニムパンツを着用することで、ストリートな雰囲気を演出しています。

 

「緑」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

緑のポロシャツにカーキのワイドパンツを合わせた、ワントーンコーディネートですね。

足元のスニーカーも緑色をチョイスしていることから、かなりの上級者です。

 

「グレー」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

グレーのポロシャツに黒のスラックスパンツを合わせたシンプルなカジュアルコーデ。

スニーカーをあえて真逆色のイエローをチョイスしているところがポイントです。

グレーと黒の組み合わせだと、野暮ったくなる可能性があるので、すごく上手いコーデ。

 

「ワインレッド」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

ワインレッドのポロシャツに、ネイビーのコットンパンツを合わせたカジュアルコーデ。

紐ベルトや靴下など、小物使いがすごく上手いコーディネートとなっていますね。

 

「ブラウン」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

ブラウンのポロシャツに、ダークブラウンのスラックスパンツを合わせた渋いコーデ。

スラックスや足元の革靴がドレスなので、ベルトを垂らして抜け感を演出していますね。

 

「ベージュ」ポロシャツコーデ

出典:WEAR

ベージュのポロシャツに、黒スキニーパンツを合わせた定番キレイ目コーディネート。

ウォレットチェーンやブレスレットをシルバーにすることで、抜け感を演出しています。

 

季節別:ポロシャツコーデ

ゴルゴ
ゴルゴ
季節別にご紹介していきます。

「春」は長袖ポロシャツがオシャレ

出典:WEAR

白のポロシャツをステンカラーコートの下に着用しているオシャレなカジュアルコーデ。

全体的に「白を基調」としているスタイルが清潔感があって女性ウケ良さそう!

 

出典:WEAR

カーキのモッズコートの下に、キャメルカラーのポロシャツを着用したミリタリーコーデ。

モッズコートとポロシャツを上手く組み合わせたオシャレなコーディネートですね。

 

「夏」のポロシャツはざっくり着こなす

出典:WEAR

ポロシャツを夏に着用するのであれば「ザックリと着れるビッグシルエット」がオシャレ。

ポロシャツはキレイ目要素の強いアイテムですが、ビッグシルエットで着用することで、抜け感を演出することができます。

 

出典:WEAR

夏にポロシャツを着用するのであれば、下に履いているパンツは「スラックス」が良き。

ポロシャツとスラックスは相性抜群なので、個人的にがオススメな組み合わせです。

また、足元を夏らしいサンダルを着用することで、抜け感も出るのでオススメですよ。

 

「秋」のポロシャツはアウター必須

出典:WEAR

秋のポロシャツコーデのオススメは「セットアップ」スタイルが気分ですね。

セットアップスタイルはドレス寄りですが、スポーティなポロシャツを着用することで、バランス良く着こなすことができます。

 

出典:WEAR

ポロシャツはスポーティなキレイ目アイテムになりますので、スタジャンとの相性も抜群。

バケットハットや靴下で抜け感を出してあげると上級者スタイルが実現します。

 

「冬」のポロシャツはジャケットを合わせる

出典:WEAR

ベージュのトレンチコートに白のポロシャツを組み合わせた定番スタイルです。

冬のポロシャツは、上記のような着こなし方を参考にすると良いですね。

 

出典:WEAR

ポロシャツはショート丈のブルゾンジャケットとの相性も抜群となっています。

キレイ目要素を残しつつ、スニーカーやバックパックでストリート感を演出しているところが素敵ですよね。

まとめ

今回は『ポロシャツがダサいと言われる3つの理由【ダサくならないコツまで】』というテーマでお送りしました。

内容をまとめますね!

ダサいと言われる理由
  1. オジサンっぽいから
  2. サイズ感が間違っているから
  3. ワッペンや装飾がダサいから
ダサいと言われない着こなしのコツ
  1. 小さすぎないサイズ感
  2. ダークカラーのポロシャツ
  3. 人気ブランドのポロシャツを合わせる

上記となっています。

ポロシャツは上手く着こなす事によって、上品で清潔感のある着こなしが実現します。

この記事を参考に、ぜひ、ポロシャツを使った大人コーデに挑戦してみてください。

こちらもどうぞ
Tシャツのサイズ感や選び方を体型別に解説【メンズ編】今回は『Tシャツのサイズ感や選び方を体型別に解説【メンズ編】』というテーマです。 やっぱTシャツでしょ! でもTシャツってシ...
合わせて読みたい記事

\ ファッション診断スタート /

\ 恋愛診断スタート /

\ おすすめ記事 /

服はどこで買うのが正解なのか?

\ モテたい男性は必須 /