メンズファッション

LACOSTE(ラコステ)がダサいと言われる理由とは?ダサくならないコツを解説

ラコステってダサいの?
ラコステをオシャレに着こなす方法はあるのかな?
詳しく教えて欲しい!

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • LACOSTEがダサいと言われる3つの理由
  • ダサいと言わせない:LACOSTEをオシャレに着こなす
  • LACOSTEを使ったオシャレなコーデ事例

この記事を参考にすることで、ラコステをオシャレに着こなすコツが分かるようになりますよ。

ゴルゴ
ゴルゴ
まずはラコステがダサいと言われる理由を解説!

LACOSTE(ラコステ)がダサいと言われる3つの理由

結論:LACOSTE(ラコステ)はダサくないです。

ここ日本では、ラコステを着用したオシャレなメンズがたくさんいます!

ゴルゴ
ゴルゴ
なぜラコステはダサいと言われるようになったの?

それは、以下の3つが原因となっています。

  1. お父さん感が強い
  2. デザインがシンプルすぎる
  3. 襟付きシャツを選びがち

順番に解説します。

① お父さん感が強い

LACOSTE(ラコステ)がダサい理由の1つとして「お父さん感が強い」という点が挙げられます。

『ラコステ = お父さんの襟付きシャツ』というイメージが強い方は多いハズです。

ゴルゴ
ゴルゴ
とくに女性だね…

お父さんが着ている服=かっこよくないにつながってしまうのです。

 

② デザインがシンプルすぎる

ラコステの服は「シンプル過ぎて、なんかダサい」という意見も多いようです。

確かに、ラコステの服は「シンプルなデザイン」のものが多いですよね。

ワニのワンポイントが目印になっている服が多く、シンプルすぎて『人によってはオシャレ感を感じない』ことも。

 

③ 襟付きシャツを選びがち

ラコステを着用しても「う〜ん、なんかダサい」と言われる人は「襟付きシャツ」を選びがちになっています。

パッと見てラコステの服とわかりやす過ぎると、オシャレな雰囲気も作りにくくなってしまいます。

ゴルゴ
ゴルゴ
定番なブランドだけに着こなしが難しいよね!
先輩
先輩
「コツ」さえ分かれば、そんな事はないよ!

【ダサいと言わせない】LACOSTE(ラコステ)をオシャレに着こなすコツ

ここからは「ラコステはダサいと言わせない着こなしのコツ」を4つご紹介していきたいと思います。

  1. 襟付きシャツ以外のアイテムを意識してみる
  2. ワニのワンポイント以外のデザインを選んでみる
  3. サイズ感を変えてみる
  4. コラボアイテムを着用する

順番に解説していきます。


① 襟付きシャツ以外のアイテムを意識

ラコステをオシャレに見せるコツは「襟付きシャツ以外のアイテムを着用」することです。

「ラコステ = 襟付きシャツ」のイメージが強いからこそ、襟付きシャツ以外のアイテムを選んでみるのがオススメです。

ラコステのジャケットがオシャレ

Tシャツやジャケットなど、ラコステらしくないアイテムでさりげなく取り入れましょう。

 

② ワンポイント以外のデザインを選ぶ

ワニの「ワンポイント以外のデザインを選んでみるのもオススメ」です。

ラコステの象徴でもあるワニのワンポインは、おなじみのデザインですよね。

だからこそ、イメージが強くなりがちなんです。

ワニのワンポイント以外のデザインなら、ラコステのイメージの先入観なしに着こなすことができますよ。

 

③ サイズ感を変えてみる

「サイズ感」を変えてみるのも、ラコステをオシャレに着こなすコツです。

サイズ感が違うだけで、同じ服の着こなしの雰囲気をガラリと変えることができます。

ジャストサイズやオーバーサイズなど、自身が得意とする着こなしに合ったサイズ感に変えてみましょう。

 

④ コラボアイテムを着用する

他ブランドとコラボしたアイテムを着用することで、簡単にオシャレなラコステスタイルが完成します。

ラコステは稀に他ブランドとコラボする時があります。

ちなみにですが「SUPREME × ラコステ」がリリースされた時は、一躍話題になります。

SUPREME × ラコステ

「SUPREME × ラコステ」は一瞬で完売になった記憶があります。

上記のように、ラコステと他ブランドのコラボアイテムは、ワンランク上のラコステスタイルを実現できます。

【ダサくない】LACOSTE(ラコステ)を使ったオシャレなコーデ事例

ラコステを使ったオシャレコーデをご紹介していきます。

  1. ブルゾン・ジャケット
  2. スニーカー
  3. ニット
  4. 襟付きシャツ
  5. バッグ
  6. パンツ

上記の順番で解説していきますね。

ラコステ「ブルゾン・ジャケット」を使ったコーデ

ブラックコーデ×ブルーで軽さをプラス

wear

  • スウェット:NIKE
  • Tシャツ:adidas
  • ウェア:NIKE
  • ローファー;GUCCI
  • ジャケット:ラコステ

クールな印象のブラックコーデには、ブルーのアウターで軽さをプラス。

シェルパーカーを合わせたスポーツMIXなコーデが今っぽいですね。ローファーで、コーデをきれいに仕上げています。

ダウンジャケットはハイネックと合わせた着こなし

wear

  • アウター:ラコステ
  • ハイネックインナー:ユニクロ
  • ニット:ユニクロ
  • デニムパンツ:ユニクロ
  • ドレスシューズ:FRED PERRY

カジュアルアウターのダウンジャケットはハイネックトップスと合わせてキレイに合わせれば、大人っぽい雰囲気に仕上がりにますよ。

レッドの差し色が大人っぽさを後押ししてくれて、オシャレにまとまっていますよね。

アウターとボトムのカラーを合わせてセットアップ風

wear

  • ジャケット:ラコステ
  • スウェット:HARE
  • ボディーバッグ:niko and…
  • ベルト:Paul Smith
  • ボトム:ユニクロ
  • ドレスシューズ:Dr.martens

アウターとボトムのカラーを合わせれば、セットアップ風のコーデが完成。

簡単に統一感のあるおしゃれコーデに仕上がります。

足元にレザーシューズを合わせれば、トラッドなおしゃれスタイルです。

アースカラーでまとめてトレンド感たっぷり

wear

  • ジャケット:ラコステ
  • ニット:ユニクロ
  • ボトム:ユニクロ
  • スニーカー:HOKA ONEONE

アースカラーでまとめれば、こなれ感のあるおしゃれコーデに仕上げることができます。

柔らかな雰囲気で大人っぽさのあるこなれた印象に仕上げてくれますよ。

ブラックのアイテムを取り入れて、コーデを引き締めるのがポイントです。

ブラウンアウターはインナーにアクセントをプラス

wear

  • スラックス:Steven Alan
  • ブルゾン:ラコステ
  • シャツ:EDIFICE
  • モカシン:KLEMAN
  • タートルネックニット:ユニクロ

落ち着いた雰囲気が漂うブラウンのアウターは、インナーに柄アイテムを合わせてアクセントを効かせてみてください。

ストライプシャツなら、縦のラインが強調されたキレイめカジュアルな着こなしが完成します。

スラックスを合わせて、こなれ感たっぷりのきれいめカジュアルコーディネートにまとめています。

スウェットボトムでラフな着こなし

wear

  • ブルゾン:ラコステ
  • パンツ:BAYFLOW
  • スヌード:RAGEBLUE

ルーズなスウェットボトムはダウンジャケットとあわせてカジュアルに仕上げるのがベターとなっています。

アウターのカラーをダークカラーで合わせれば、コーデをグッと引き締めてくれ、大人っぽさのある雰囲気にまとまりますよ。

カラーを重ねて個性的

wear

  • スニーカー:Yeezy
  • ソックス:AGELESS GALAXY
  • パンツ:adidas originals
  • トップス:nico and…
  • ジャケット:ラコステ

ブルー×グリーンのコーディネートで、シルエットをコンパクトにまとめてスッキリと仕上げています。

白を取り入れ、クリアな爽やかさを演出することで、全体をトーンアップしてくれています。

 

 


ラコステ「スニーカー」を使ったコーデ

スウェットボトムはトップスでメリハリのある着こなし

wear

  • ニット:DOOPZ
  • パンツ:DOOPZ
  • スニーカー:ラコステ
  • ネックレス:DOOPZ

ラフなスウェットボトムは、トップス次第で色々なコーデが楽しめます。

ニットを合わせれば、季節感のあるカジュアルコーディネートが完成します。

スウェットボトムはタイトなシルエットでスッキリと合わせれば、スウェットの家着っぽさを感じさせないキレイめコーデに着こなせます。

きれいめアウターはハズシを効かせたスタイル

wear

  • テーラードジャケット:DOOPZ
  • Tシャツ:SUNNEI
  • パンツ:DOOPZ
  • スニーカー:ラコステ

ブラックのテーラードジャケットはワイドパンツと合わせてハズシを効かせた着こなしでオシャレ上級者なコーデに仕上げてみてください。

キメ過ぎない着こなしが、今っぽいコーデに仕上げるポイントになりますよ。

カラーを合わせれば統一感が生まれ、自然な着こなしが叶いますね。

ニット×シャツのきれいめコーデ

wear

  • セーター:MAISON KITSUNE
  • シャツ:DOOPZ
  • デニムパンツ:Levi’s
  • スニーカー:ラコステ

ニット×シャツのきれいめコーデの定番には、デニムのワイドパンツで抜け感をプラスしてトレンド感たっぷりな着こなしになっています。

ライトブルーのデニムなら、USED感のある着こなしが叶いますよ。シャツはビッグシルエットで裾から出した着こなしが、おしゃれです。

 

ラコステ「ニット」を使ったコーデ

素材を変えたワンカラーコーデ

wear

  • メッセンジャーバック:GUCCI
  • ジャケット:adidas originals
  • ニット:ラコステ
  • デニムパンツ:G STAR-RAW
  • シューズ:G STAR-RAW

全身黒でまとめたコーディネートには、素材を変えてメリハリを意識するのがポイントですよ。

ボトムのロールアップもシルエットにメリハリが出てスッキリとした着こなしを後押ししてくれています。

ボディバッグなどのトレンド小物を取り入れれば、一気に旬顔スタイルに早変わりします。

キレイ目なグラデーションコーデ

wear

  • テーラードジャケット:ラコステ
  • ニット:ラコステ
  • パンツ:ラコステ

黒をベースとしたグラデーションコーディネートは、アウターに濃いカラーを合わせてきれいに仕上げるのがオススメ。

スニーカーも、レザータイプであればテイストをまとめることができ、クールな仕上がりにまとまります。

 

ラコステ「襟付きシャツ」を使ったコーデ

柔らかな印象なブラウン系でまとめてコーデ

wear

  • 襟付きシャツ:ラコステ
  • スラックス:CAOPANIC
  • スニーカー:VANS

ブラウンの襟付きシャツ×ベージュのチノパンとで統一感のある仕上がりがステキなコーディネートです。

シルエットをタイトにして、スッキリとまとめることで大人っぽく仕上げています。季節も感じられる素材やカラーの使い方が素敵です。

 

ラコステ「バッグ」を使ったコーデ

スッキリとしたワイドパンツをタックイン

wear

  • Tシャツ:EMMA CLOTHES
  • パンツ:GU
  • スニーカー:コンバース
  • クラッチバッグ:ラコステ

トレンド感のあるチェックボトムはタックインしてスタイルアップを狙います。

ベルトを合わせれば、タックインコーデもおしゃれ度アップ。黒スニーカーでコーディネートを引き締めています。

 

ラコステ「パンツ」を使ったコーデ

トレンドアイテムを取り入れた定番カジュアル

wear

Tシャツ×チノパンの定番カジュアルコーディネートはビッグシルエットでトレンド感を取り入れて、今っぽい着こなしでオシャレ度アップ。

こちらも「タックイン」してシルエットにメリハリをプラス。

ガチャベルトを合わせればカジュアルに仕上がります。


まとめ

今回は「LACOSTE(ラコステ)がダサいと言われる理由とは?ダサくならないコツを解説」というテーマでした。

まとめますね!
  1. お父さん感がつよい
  2. デザインがシンプルすぎる
  3. 襟付きシャツを選びがち

ラコステが「ダサい」という理由は、上記3つになります。

ゴルゴ
ゴルゴ
着こなし次第でなんとかなりそうだな!
先輩
先輩
確かに!
ラコステをかっこよく着こなすコツ
  1. 襟付きシャツ以外のアイテムを意識してみる
  2. ワニのワンポイント以外のデザインを選んでみる
  3. サイズ感を変えてみる

上記3点を意識して着こなせば「ラコステ」は、かなりオシャレにスタイリングすることができます。

この記事を参考に、ぜひラコステを使ったコーディネートを楽しみましょう。

\  ピックアップコンテンツ  /

オススメの記事が表示されています