低身長コーデ

夏のファッション・メンズ 低身長でもかっこよく魅せる方法

今回は夏のファッション・メンズ 低身長でもかっこよく魅せる方法というテーマでお送りしていきたいと思います。

低身長・・・憂鬱ですよね。

管理人自身も少しまえまでは、低身長に悩まされていました。

でもご安心ください。

この記事では、低身長でも『オシャレでかっこよく服を着こなす方法』を惜しみなくご紹介していきたいと思います。

低身長でもオシャレに着る方法

低身長でも夏ファッションをオシャレに着こなす方法は以下の3つの要素が重要です。

  1. トップスはジャストサイズを選ぶ
  2. ボトムスは濃いめを選ぶ
  3. 帽子をかぶって目線を上にする

上記3つの要素を組み合わせる事で、低身長を上手くカバーする事ができます。

さらに詳しく解説していきますね。

① トップスはジャストを選ぶ

Collage_Fotor

引用:Pinterest

低身長男子のトップスの着こなし方は『ジャストサイズ』がマストとなっています。

なぜなら、ジャストサイズを着用する事で、体のラインが見えますので、低身長な印象を無くす事ができます。

人間の脳と言うのは不思議で、1度その人の事を低身長と思うと、低身長のイメージがついてしまいます。

それからだと遅いので普段からトップスはジャストサイズをセレクトしていきましょう。

そうすれば低身長のイメージがつきにくいので、かなり効果はあります。

ゴルゴ
ゴルゴ
なるほどね〜。
先輩
先輩
これは勉強になるね。

反対にダボっとしたトップスを着用すると、体のラインが消えますので、低身長と思われがちです。

実際に標準身長170cmの男がダボっとしたトップスを着用すると『背が低い』と思われた事例もあります。

170cmで『背が低い』と思われがちなのですから160cm台の男性は・・・想像もしたくないですよね。

② ボトムスは濃いめを着用する

Collage_Fotor

引用:Pinterest

ボトムスに関しては、グレーや黒、濃紺デニムのような、できるだけ濃いめの色をセレクトしましょう。

なぜなら、身長が低い分、脚の長さがネックになりますので、そこをカバーする為です。

明るめの色だとボトムスに目が行きがちになりますよね。

ゴルゴ
ゴルゴ
そういう事なのね。
先輩
先輩
これもまた勉強になるね。

オールホワイトコーデに関しては、また話が別です。

トップスも白、ボトムスも白だと、全体的に統一に見られますので低身長をカバーできる。

Collage_Fotor

引用:Pinterest

要は目線を上にして、脚を目立たせないという事が重要なのです。

ちなみにハーフパンツを履きたい方は、膝上丈がマストです。足長効果がありますので低身長にはうってつけのアイテムとなっています。

オールホワイトコーデに関しては『全身白コーデ・メンズの夏・冬の着こなし特集!』という記事が参考になります。

あわせて読みたい
全身白コーデ・メンズの夏・冬の着こなし特集! 今回は『全身白コーデ・メンズの夏・冬の着こなし特集!』というテーマでお送りしていきたいと思います。 全身白コーデかぁ〜。む...

ハーフパンツのコーディネートに関しては『夏のファッション|メンズの半ズボン・ハーフパンツコーデ!』が参考になります。

あわせて読みたい
夏 ファッション メンズ 半ズボン ハーフパンツ コーデ
夏のファッション|メンズの半ズボン・ハーフパンツコーデ! 今回は『夏のファッション|メンズの半ズボン・ハーフパンツコーデ!』というテーマでお送りしていきたいと思います。 ハーフパン...

③ 帽子で目線を上に向ける

Collage_Fotor

引用:Pinterest

帽子を上手く使って相手の目線を上にもっていきましょう。

そうする事で、低身長のイメージをつけにくくします。

オススメの帽子は『ハット』ですね。特に中折れハットがオススメです。

Collage_Fotor

引用:Pinterest

黒のフェルトハットもカッコイイのですが、夏だとやっぱりストローハットも良いですね。

とにかく帽子を使って目線を上に持っていきましょう。

ハットの被り方に関しては『ハットを使った夏のメンズコーデ』の記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてみてくだい。

あわせて読みたい
ハット,メンズ,コーデ,夏
ハットを使ったメンズ服装コーデ|夏のかぶり方【2018年】 今回は『ハットを使ったメンズ服装コーデ|夏のかぶり方【2018年】』というテーマでお送りしていきたいと思います。 『ハット...

低身長がやってはいけないコーデ

続いては『低身長がやってはいけないコーデ』をご紹介していきます。

  1. 丈が長めのアイテム
  2. ダボダボな服装

上記2つになります。

低身長をしっかりとカバーしたいのであれば、上記2つの事を意識してコーディネートを組んでいきましょう。

では、さらに詳しく解説していきますね。

① 丈が長めのアイテム

Collage_Fotor

引用:Pinterest

長すぎる丈のトップスはなるべく控えましょう。

なぜかと言うと『胴長』に見えてしまうからです。胴長に見えてしまうと低身長のイメージが非常に強くなります。

ゴルゴ
ゴルゴ
かっこいいのに、なんか残念だな〜。
先輩
先輩
低身長をカバーする為には仕方がないのかも。

長いトップスを着用したいのであれば、こんな感じで重ね着をすれば良いでしょう。

引用:WEAR

これだと足が短く見えません!

重ね着(レイヤード)する事で、胴長に見える事はありませんし、反対にオシャレにコーディネートする事ができます。

② ダボダボな服は避ける

Collage_Fotor

引用:Pinterest

B系やオーバーサイズなコーディネートはなるべく避けましょう。

体がごつくて、背が高い人はめっちゃ似合うのですが、低身長だとどうしても『チンチクリン』になってしまいます。

165cmの管理人も恥ずかしながらそうでした・・・。

オーバーサイズでルーズな服装をしたい方は、タイトながらルーズな服装を目指そう。

主にカニエやファレルのような服装ですね。

Collage_Fotor

引用:Pinterest

ルーズだけど、しっかりジャストサイズでコーディネートしたストリートスタイルです。

ダボダボよりもこっちの方がカッコイイ。

夏のストリートスタイルは『夏のファッション・メンズ ストリートコーデ特集!』が参考になります。

あわせて読みたい
夏,ファッション,メンズ,ストリート
夏のファッション・メンズ最新ストリートコーデ【2018年】 今回は『夏のファッション・メンズ最新ストリートコーデ【2018年】』というテーマでお送りしていきたいと思います。 夏のスト...

低身長メンズのコーデ事例10選

トップスINでスタイルアップ

引用:WEAR

まず1番簡単にできる低身長さんのスタイルアップ術をご紹介します。

トップスをボトムにINする事で、上半身がコンパクトに見え簡単にスタイルアップすることができます。

トップスをボトムにINする着こなしは、トレンドとしても継続されているためおしゃれにも見え一石二鳥ですね。

ビックシルエットがトレンドになっていますが、こちらのコーデのようにフロントのみINすると、ナチュラルにスタイルアップできる着こなしが完成します。

アウターはコンパクトなものを

引用:WEAR

こちらのコーディネートのように、アウターにはコンパクトなものを選ぶとスタイルアップが叶いますよ。

コンパクトなアウターとは、ロングアウターのように丈が長いものではなく、ジャケットのような腰上の丈のもの。

デニムジャケットは、いろいろなコーディネートに合わせやすいので低身長の方にはお勧めのアウターです。

濃紺のデニムジャケットを合わせると、カジュアルになりすぎず大人っぽく着こなすこともできますね。

Yラインシルエットを意識

引用:WEAR

Yラインシルエットとは、アルファベットのYように全体のシルエットが下に行くにつれて細くなっていく着こなしのことをいいます。

こちらのコーデでは、トップスにホワイト(膨張色)のトレーナーでボリュームを出し、ボトムはブラックのテーパードパンツを合わせることで、下に行くにつれて細めのシルエットになるように合わせています。

トップスとボトムでボリュームに変化をつけることで身長の低さをごまかすことができます。またトップスに膨張色を使うのもおススメですよ。

差し色を使って目線を上にする

引用:WEAR

こちらのコーディネートでは、差し色をトップスに持ってくることで目線を上にし低身長をカバーするように着こなしています。

ブラックベースの中に、柄シャツを一点投入すると、写真色のような効果があります。

そうすると人の目線は自然と上に行くので、身長が低いと言う意識が薄くなります。シルエットもメリハリがあり、おしゃれに着こなせていますよね。

襟を有効活用して小顔効果を味方に

引用:WEAR

ちらのコーディネートでは、ラガーシャツをうまく使って小顔効果を意識したコーディネートに仕上がっています。

ラガーシャツのボタンを開け、このように着こなしすことで小顔効果があります。小顔効果=低身長カバーにつながりますよ。

Vネックなどの首周りがスッキリとしたアイテムであれば、簡単に小顔効果を期待できるのでおススメです!

スリムなボトムを使うなら脚長コーデ

引用:WEAR

こちらのコーディネートではブラックのスキニーをボトムに合わせ、脚長効果が期待できるように着こなしています。

トップスにはビックシルエットのシャツを抜き襟のように合わせています。カットソーとボトムのカラーをブラックで統一し、クールさをプラス。

さらに、タイトシルエットのスキニーを合わせているので脚長効果も期待できますよ。

また、ストライプのトップスで縦のラインを強調するのもおススメです。

ボリュームアイテムはバランスが重要

引用:WEAR

ボリュームのあるアイテムを使う場合は、トップス・ボトムのどちらかででバランスを取るのをおススメします。

こちらのコーディネートでは、ボトムをテーパードパンツにすることで下にかけてシルエットがほそくなっていっています。

ゆったりとした腰回りには、ホワイトのカットソーを出すことで縦のレイヤードになりスタイルアップできていますよね。。

ボリュームのあるアウター

引用:WEAR

こちらのコーディネートでは、アウター、トップスにボリュームを持たせたYラインシルエットの着こなしになっています。

モノトーンに、差し色のレッドが可愛いらしいコーディネートですね。

ブラックのスキニーで脚長効果になり、低身長さんでも気にせずかっこよく着こなす事ができますよ。

カジュアルの定番であるボーダーカットソーは、細いものを選ぶとカジュアルになりすぎず大人っぽさのあるコーデに仕上がることができますよ。

トップスは明るくボトムはトーンダウン

引用:WEAR

こちらのスタイルでは、全体的にカラーが淡いアイテムを使ってコーデされています。

淡いカラーでスタイルする際にも、その中でも暗めのカラーをボトム・コーディネートの下に持ってくることをオススメします。

ブラックのような、本当に暗いカラーでなくてもスタイルアップすることでは可能です。

こちらのコーディネートのような、明るさのあるスタイルも配色の仕方で充分に楽しむことができます。

スッキリIラインシルエット

引用:WEAR

こちらのは、トップス・ボトムともに体のラインがしっかりと出るようなサイズ感のものを合わせたコーデです!

低身長さんは、あえて体のラインが出るようなサイズ感でコーデすることで、全体がコンパクトにまとまり、身長を気にすることなくおしゃれを楽しむ事ができますよ。

ストリートスタイルなど、大きめのサイズ感を合わせるコーデは避けた方がよさそうです。

まとめ

Collage_Fotor

いかがでしたでしょうか?

今回は夏のファッション・メンズ 低身長でもかっこよく魅せる方法というテーマでお送りしていきました。

低身長は辛い・・・。

管理人も低身長なのですが、それをカバーする為に結構苦労しました。

ですが低身長をカバーする方法はたくさんあります。

少なからず本記事をしっかり読めば、低身長のイメージはかなり防げるはずですので、是非低身長の方は挑戦してみてください。

夏ファッションをもっと見たいメンズは『夏のメンズファッション特集』で人気の夏スタイルをまとめていますので、チェックしてみてください。

あわせて読みたい
夏のメンズファッション特集この記事では『夏のメンズファッション特集【サイトマップ】』という事で、夏ファッション記事をまとめたページになります。...

また、低身長がコンプレックスで彼女ができないと悩んでいる男性は『低身長の男でもモテる!確実に彼女ができるたった1つの裏技』が参考になります。

あわせて読みたい
低身長の男でもモテる!確実に彼女ができるたった1つの裏技 実は管理人自身『165cmと低身長』なワケですが、女性に困った事がない。 本記事では、実際に僕が体験した、低身長でもモテる...