メンズファッション

全身(上下)黒コーデのオシャレなメンズスタイルを季節毎にご紹介

今回は全身(上下)黒コーデのオシャレなメンズスタイルを季節毎にご紹介というテーマでお送りします。

 

かっこいいよな〜。

 

全身黒コーデはいつ見てもかっこいいと思う管理人です。スタイリッシュで、尚且つワイルドで男らしい雰囲気。

ブラックコーデをマスターする事で、あなたは間違いなくオシャレでクールな雰囲気なメンズになる事でしょう。

今回は、そんな全身黒コーデを実践しているオシャレメンズをご紹介します。


【秋冬】全身上下「黒×黒」メンズコーディネート

「秋」の真っ黒メンズコーデ

コーデ事例1

WEAR

コーデ解説を見る

春夏は明るい季節感から明るい色のファッションが多くなりますが、秋冬は落ち着いた色のファッションが季節感に合うので多くなります。

秋冬に向けて黒のコーディネートをマスターしておきましょう。

黒コーディネートはクールな印象を与えたいときに活躍します。無地の黒アイテムを合わせることで、落ち着いた雰囲気のコーディネートとなっています。

じゃらじゃらと余計な装飾を付けすぎないことも落ち着いた雰囲気を出すためのポイント。

若者のイメージが強いブルゾンを落ち着きのある大人かっこいいコーディネートに落とし込んでいます。

コーデ事例2

WEAR

コーデ解説を見る

黒の中でもズボンとインナーを同じ色に揃えたことで、インナーの柄シャツがより輝いて見えますね〜。

同じ色が多く物足りない胸元には大きめのネックレスを添えて華やかな印章に。単色コーデのなかに主役とわき役をうまく分けた技ありなコーデです。

コーデ事例3

WEAR

コーデ解説を見る

やんちゃな印象のダメージパンツが印象的なブラックコーデ。

単調な単色コーデにはダメージジーンズのような個性的なアイテムを合わせることで、物足りない印象にならないので覚えておきましょう。

定番アイテムである黒のライダースジャケットは、ダメージパンツとの相性が良く、より男らしいコーデに昇華します。

単色でさみしい胸元には大きめのネックレスを添えて華やかさをプラス。男らしさ溢れる秋向けのコーデです。

コーデ事例4

WEAR

コーデ解説を見る

全身真っ黒で目を引きますね。

黒1色のコーディネートは主張が強いですが、アイテム同士が主張を邪魔し合わずにまとまめやすいのがメリットの1つ。

個性的なアイテムを用いてもアイテム同士がマッチします。

また、黒色はかっこよさや知的なイメージを持つカラーなので、男らしいアイテムとの相性が良好です。

ライダースのような男らしいアイテムで黒コーデを作ることで、よりかっこいい印象になるでしょう。

コーデ事例5

WEAR

コーデ解説を見る

全てのアイテムを黒で統一した真っ黒コーディネート。

黒は上品な印象を与えることのできる色ですが、多用しすぎると重たい印象になってしまうので注意。

このコーディネートのように腕まくりや胸元を開くなど、肌を見せることで重たさを軽減できるので黒コーデに挑戦するときは注意したいポイント。

目を引くのは足首の見えたジャストサイズのボトムスです。裾が引き締まったボトムスで足元からスタイリッシュな雰囲気になっています。

黒の重さを肌を出すことで軽減した技ありコーディネートです。

コーデ事例6

WEAR

  • 帽子:Carhartt
  • トップス:URBAN RESEARCH
  • パンツ:HARE
  • 時計:KOMONO.
  • シューズ:VANS
  • バッグ:THE NORTH FACE
コーデ解説を見る

パーカーとスキニーパンツを合わせたシンプルな着こなし。トップスとボトムスのバランスがとても大事です。

パーカは少しゆったり目をチョイスすることで、今っぽい着こなしが完成します。

足元にはシンプルなスニーカーを合わせることで、コンパクトですっきりとした仕上がりになります。

また、バッグパックをプラスすることで、ストリート感のあるラフなコーデになり、とても爽やかな印象になります。

コーデ事例7

WEAR

  • ジャケット:LIDnM
  • トップス:agnes b.
  • パンツ:LIDnM
  • ベルト:NUMBER (N)INE
  • アクセサリー:PHILIPPE AUDIBERT
コーデ解説を見る

シングルライダースジャケットを取り入れた、クールで男らしい着こなしです。

インナーにデニムシャツをプラスすることで、程よいカジュアル感が加わり、爽やかさも感じさせてくれます。

ボトムスは、ブラックスキニ―パンツですっきりとした印象を演出することで、全体のバランスも抜群になりますね。

足元はブラックのレザーシューズをチョイスし、カジュアルな中にも上品さをプラスになります。

しっかりとしたレザーの質感とツヤが、落ち着いた印象を与えてくれます。

コーデ事例8

WEAR

  • 帽子:WEGO
  • トップス:SAPEur
  • シューズ:yeezy boost 350 v2
  • パンツ:ZARA
  • アクセサリー:CODY SANDERSON
  • サングラス:WEGO
コーデ解説を見る

ビッグサイズのパーカを組み合わせた、今年っぽいスタイルがオシャレ。

オールブラックのコーディネートの中に、グレーのスニーカーやカラーレンズサングラスをバランスよく取り入れた着こなしにセンスを感じます。

大きめのパーカと細身のブラックスキニ―パンツのバランスも絶妙ですね。

さらにベレー帽をプラスすることで、個性的で遊び心を感じるスタイルです。

コーデ事例9

WEAR

  • ジャケット:adidas originals
  • パンツ:adidas originals
  • シューズ:adidas
  • 帽子:Y-3
コーデ解説を見る

個性的でハイセンスなストリートスタイル。

セットアップのジャージは、ボトムスは細身なシルエット、トップスはビッグシルエットといったメリハリ感がおしゃれ。

足元も同じブランドで揃えることで、統一感のあるコーデが完成されています。またシンプルなブ無地のキャップのチョイスもかっこいいですね。

カジュアルでアクティブなスタイルは、今のトレンドを象徴しています。

「冬」の真っ黒メンズコーデ

コーデ事例1

WEAR

コーデ解説を見る

黒をメインにところどころに茶色を混ぜることで、茶色のアイテムがアクセントとなってコーディネートが華やかな雰囲気になります。

また、明るい茶色を選ぶことで色のメリハリが生まれてコーデが引き締まった印象です。

コーデ事例2

WEAR

コーデ解説を見る

寒い秋冬らしい暖かそうなモッズコートが個性的で目を引きます。

ゆったりとしたトップスには太めのパンツを合わせてIシルエットにコーデ。

インナーの白スニーカーが黒いコーディネートの中で輝いて見えます。黒と白はお互いに主張を強め合うことができる相性のいい色の組み合わせ。

黒と白のコントラストが美しいメリハリのあるコーディネートです。

コーデ事例3

WEAR

コーデ解説を見る

ボリュームのある黒のチェスターコートを用いて作るYシルエットには、体系を隠す効果もあります。

ガタイの良さを隠したい人やお腹周りの気になる方は、真似してみたい着こなし。

細身なパンツとシューズが、チェスターコートのキレイめな印象を活かします。

コーデ事例4

WEAR

コーデ解説を見る

全身が黒いので少しコーディネートが重たい印象ですね。

明るい色のシューズを合わせることでコーディネートの重さを軽減しています。

重ね着しやすい冬に積極的に挑戦したい着こなしで、深みのある黒で重たい印象になったコーディネートです。

コーデ事例5

WEAR

コーデ解説を見る

全身黒一色でシックな印象にまとまっています。

ライダースと靴の素材が近いので相性がいいですね。特に目立ったアイテムはありませんが、お互いに雰囲気を壊さずに上手くまとまっています。

コーデ事例6

WEAR

  • 帽子:Champion
  • ジャケット:ZARA
  • インナーダウン:extra fine feather
  • シューズ:NIKE
コーデ解説を見る

ナイロンジャケットを使ったストリート感のある着こなしがおしゃれ。

少しゆったりとしたシルエットのジャケットには、細身のボトムスを組み合わせることでバランス良く仕上がりますね。

インナーに合わせたホワイトのTシャツが差し色になり爽やかさもプラスしてくれます。足元はブルー系のスニーカーチョイスし、よりカジュアルな雰囲気をプラス。

ブラックをさまざまな素材のアイテムで組み合わせたコーディネートにセンスの高さを感じます。

コーデ事例7

WEAR

  • ジャケット:WEGO
  • トップス:GU
  • シューズ:NIKE
コーデ解説を見る

ブラックのチェスターコートが上品な印象のコーディネート。

ブラックのタートルネックは冬のマストアイテム。スタイリッシュで洗練された着こなしを演出してくれますね。

ボトムスにはカジュアルなスウェットパンツをプラス。

トップスの落ち着いた印象と対照的なラフな雰囲気が、メリハリ感のあるコーディネートを完成させています。

黒ぶちのメガネが知的な印象を感じさせるアイテムとして一役買っています。

スニーカーやニットキャップなど、ストリート感のあるアイテムのチョイスもとてもおしゃれ。

コーデ事例8

WEAR

  • シューズ:CONVERSE
  • パンツ:COMME des GARCONS
  • ジャケット:THE NORTH FACE
コーデ解説を見る

見た目もあったかいダウンジャケットを取り入れた黒コーディネート。

オールブラックで仕上げた中にも、それぞれのアイテムのチョイスとバランスのセンスが光っています。

ボトムスには上品なスラックスを合わせ、トップスはスウェットやダウンジャケットを組み合わせた一見対照的なアイテムも、黒で統一することでまとまり感が生まれています。

足元はボリューミーなブラックのレザーシューズでより男らしさをアピール。メガネやニットキャップといった小物のチョイスもとてもおしゃれ。

コーデ事例9

WEAR

  • MA-1:BEAMS
  • パーカー:coen
  • デニムパンツ:UNITED TOKYO
  • スニーカー:CONVERSE
  • ニットキャップ:GU
  • 時計:G-SHOCK
  • メガネ:JOURNAL STANDARD relume × JINS
コーデ解説を見る

トレンドのMA-1は、ツートーンのデザインが個性的でとてもおしゃれ。MA-1のインナーにはパーカを合わせることで、ストリート感のあるラフな着こなしに。

ブラックパンツに施されたダメージ加工がアクセントになっていますね。足元にはシンプルなブラックのスニーカーをプラス。

アウターが存在感のあるデザインなので、敢えてボトムスや足元はシンプルにまとめることで全体のバランスも抜群な仕上がりになりますね。

コーデ事例10

WEAR

  • ジャケット:Paul Smith
  • バッグ:Furbo design
  • シューズ:HARE
コーデ解説を見る

ロングコートは今年注目のトレンドアイテム。

ロング丈のコートにブラックのスキニーパンツを組み合わせることで縦長効果が生まれ、よりスタイル良く見せてくれます。

インナーにはブラックのシャツを合わせて、きちんと感のある仕上がりに。ブルーのレザーバッグが全体を引き締めるアクセントとして一役買っています。

足元はローファーを合わせることで、大人っぽく上品な印象を与えてくれます。

コーデ事例11

WEAR

  • ジャケット:パタゴニア
  • シューズ:CONVERSE
コーデ解説を見る

アウトドアテイストのフリースジャケットを取り入れたストリートコーデ。

ジャケットがゆったり目な分、ボトムスは少し細身なシルエットのものをチョイスすることで、バランス良く仕上がります。

9分丈のパンツから覗くホワイトのソックスが差し色になっています。

【春夏】全身上下:黒×黒メンズコーデ

「春」の真っ黒メンズコーデ

コーデ事例1

WEAR

コーデ解説を見る

モード感のあるライダースジャケットに、黒タートルネックを合わせた全身黒コーデ。

フレアシルエットの黒スラックスパンツを合わせているところがポイントですね。

コーデ事例2

WEAR

コーデ解説を見る

胸元に装着しているボディバッグがポイントとなっている全身黒コーデ。

プリーツデザインのパンツと合わせていて、Vラインのシルエットでまとめています。


「夏」の真っ黒メンズコーデ

コーデ事例1

WEAR

コーデ解説を見る

アートプリントが施された黒Tシャツにワイドパンツを合わせた全身黒コーデ。

ワイドパンツにTシャツをタックインさせているところがポイントとなっていますね。

コーデ事例2

WEAR

コーデ解説を見る

黒のシャツブルゾンに、白Tシャツをレイヤードした全身黒コーディネート。

身幅広めの黒シャツブルゾンがトレンド感がありますし、レイヤードも完璧です。

足下に白ダッドスニーカーを合わせることで、黒の重い印象をかき消しています。

コーデ事例3

WEAR

コーデ解説を見る

黒のテーラードジャケットに太めのスラックスパンツを合わせた全身黒コーデ。

白Tシャツをレイヤードすることで、メリハリのあるスタイリングを実現。

コーデ事例4

WEAR

コーデ解説を見る

黒Tシャツに太めの黒パンツを合わせたモード感のあるオシャレなコーデ。

ビッグシルエットで合わせていますので、カジュアルな雰囲気を演出しています。

肩にかけているサコッシュもコーディネートのアクセントになっていてステキ。

コーデ事例5

WEAR

コーデ解説を見る

黒ノーカラージャケットに黒スラックスを合わせたセットアップスタイルです。

足下を白スニーカーにすることで、重くならないようにスタイリングしています。

DIORのドラムバッグがコーディネートのアクセントになっていてステキ。

コーデ事例6

instagram

コーデ解説を見る

花柄のシューズが個性的で目を引きます。

シャツにロゴが入っていますが、花柄に使われている色と同じ色のものを選んでいるあたりセンスを感じます。

アクセサリーを使わずに胸元のさみしさを感じさせない工夫がなされている点もポイントですね。

アイテムの合わせ方が非常に上手いインパクト抜群なハイセンスコーデ。

全身黒コーデ【メンズ】合わせやすい靴の色とは

結論:黒か白です。

しかし「黒」と「白」の靴では、印象が違います。

そこを理解した上でコーディネートしないと危険です。

印象の違い
  • 全身黒 × 黒靴 = 足長効果有り
  • 全身黒 × 白靴 = メリハリがある
  • 全身黒 × ブラウン = 落ち着きがある

上記のような印象になっています。

白の靴を履くことで、コーディネートにメリハリは出ますが、足長効果が失われます。

反対に黒靴を履けば、黒パンツと色が一体化しますので、足長効果を演出できます。

コーディネートによって、雰囲気を変えることをオススメしています。

他のコーデはこちら

全身黒コーデ【メンズ】に使える「差し色アイテム」

今流行りの「黒×派手な色」!コーデを間違えないポイントを解説!| B.R.Fashion College Lesson.107

引用:今流行りの「黒×派手な色」

上記動画でも解説しているのですが、全身黒コーデにカラフルアイテムを合わせるテクニックも良いですね。

全身黒コーデだと少し寂しいと感じるメンズは、少しこういうカラフル系のアイテムを合わせる事をオススメしています。

これをマスターする事で、かなりのオシャレ上級者になる事ができます。


まとめ:メンズの全身黒コーデはカッコイイ

今回は全身(上下)黒コーデのオシャレなメンズスタイルを季節毎にご紹介というテーマでお送りしていきました。

全身黒コーデを実践することで、クールでスタイリッシュな雰囲気を演出できます。

是非、この記事を参考に全身黒コーデをマスターしていきましょう。

ABOUT ME
ゴルゴ
ゴルゴ
服のメンズマガジン管理人のゴルゴです。元アパレル店員で毎月300人以上のお客様の洋服をアドバイスしていました。好きな事はマッチングアプリ(主にペアーズ)で女性と会うこと、筋トレ、ファッションです。

\  ピックアップコンテンツ  /

オススメの記事が表示されています