ジャケット・コート

MA-1のメンズコーデまとめ|黒とカーキの着こなし方を比較してみた!

今回は『MA-1のメンズコーデまとめ|黒とカーキの着こなし方を比較してみた!』というテーマでお送りします。

この記事の内容
  • ブラック(黒)のMA-1を使ったコーデ
  • カーキのMA-1を使った着こなしコーデ

この記事を参考にすることで、黒とカーキのMA-1ジャケットの着こなし方が分かるようになります。

ゴルゴ
ゴルゴ
ぜひチェックしてみてください!

ブラック(黒)のMA-1を使ったコーデ

「カジュアル」な黒MA-1コーデ

黒MA-1×ネイビーシャツ

カジュアルアウターであるMA-1のインナーにデニムシャツを合わせたコーデ。

デニムシャツであれば、きれいにまとまり過ぎないこなれた感じのオシャレコーディネートに仕上げてくれます。

ホワイトのミドルネックカットソーをレイヤードし、首もとにちらっと見えさせるのがポイントですよ。

黒MA-1×グレージップアップパーカー

MA-1にジップアップパーカーを合わせていますが、フロントジップを開けて羽織として合わせているのがポイントですね。

フロントジップをあけた着こなしはこなれ感のあるオシャレスタイルに仕上げます。

黒で統一されたコーディネートは、足元をクロップトだけでスッキリと見せている事で、さりげなく重くなりすぎないコーディネートに仕上げています。

ブラックコーデ特有の重くなりすぎるというマイナス部分をうまくカバーするポイントになっています。

黒MA-1×黒パーカー

コーディネート全体をブラックで統一したワンカラーコーディネートです。

インナーに合わせたブラックのパーカーはアウターの丈より長めに着こなせるビックシルエットでトレンド感のある着こなしになります。

ホワイトカットソーのレイヤードで、コーディネートにメリハリをプラスしています。このレイヤードがあるとないでは大違いです。

ワンカラーコーデだからこそレイヤードが必須ですよ。スニーカーでボリュームを出し、全体をバランスよくまとめています。

MA-1モノトーンコーデ

全身をモノトーンにまとめた黒のMA-1を使った際には基本になるコーディネート。

白・黒・グレーでまとめれば、ほぼほぼ問題はありません。

その際には素材感や差し色、アクセサリーなどアクセントになるアイテムをそう取り入れるかがまわりとの差別化ポイントですね。

スポーティMIXスタイル

黒のレザー素材のMA-1を使ったコーディネート。

素材がレザーになっていますのでMA-1っぽさは、ほぼありませんので普通にコーディネートに取り入れて問題ありませんね。

中に着込んだジャージーのジャケットとスニーカーなどでスポーティーな感じを演出したコーディネートです。

MA-1上級者コーデ

ブラックというかミッドナイトブルーのような感じのMA-1を使ったコーディネート。

本来のMA-1に近いカラーです。このコーデはあえてアーミー寄りに意識していますね。

編み上げのブーツを用いブーツインの雰囲気もだし軍にいてもおかしくないような感じ。

あえてクロップドパンツやシティーライクなグローブにすることでギリギリのいきすぎないラインで攻めています。

理解してやってるところが上級者コーデですね。

黒MA-1を使った「ストリート」コーデ

黒MA-1×赤パーカー

MA-1は光沢のないマットなブラックが落ち着いたクールな印象に仕上げています。

ブラック×レッドの組み合わせも、大人っぽい印象でおしゃれに仕上げています。

ボディバッグやスニーカーをあわせ、トレンドアイテムを投入することで旬のストリートカジュアルなコーディネートにまとめています。

黒MA-1×黒ビッグシルエットパーカー

インナーには黒パーカ×黒ハーフジップトップスをレイヤードした着こなしでボリュームたっぷりに仕上げています。

裾からはホワイトカットソーをちらっと見せてメリハリをON。

ルーズな着こなしが今っぽいコーディネートに。スポーツデザインのスニーカーでメンズライクに着こなしています。

黒MA-1×グレーロゴパーカー

定番である組み合わせですが、MA-1をレザーのもので合わせてよりクールな仕上がり。

インナーにはグレーのパーカーをONになります。

フロントデザインがかわいいアイテムで、アウターを脱いだあとも可愛いのが嬉しい。

ボトムにはブラックのストレートボトムを合わせて、程よくルーズに仕上げています。

黒MA-1×ホワイトカットソー

インナーにホワイトカットソーを合わせたシンプルなコーディネート。

ボトムにはウォッシュ加工がオシャレなデニムを合わせることで人と被らないオシャレを演出している。

スニーカーやニット帽のカラーをまとめ、統一感のあるコーデに仕上げています。

トップスがシンプルなので、シルバーアクセをプラスし、コーデに華やかさをプラス。

ジャラジャラしない付け方であれば女性ウケも◎なので、さりげないアクセントとしての付け方が、オススメですよ。

黒MA-1×ビッグシルエットパーカー

ブラックで統一されたコーディネートは、ビックシルエットアイテムを多く取り入れることで、トレンド感のあるストリートスタイルに仕上がっています。

ダメージスキニーやブーツシューズなどシンプルなのにおしゃれなアイテムを盛り込んだコーディネートは、周りと差のつくオシャレな着こなしに仕上げてくれていますよね。

黒MA-1×ハーフジップトップス

インナーには同系色であるブルーのハーフジップトップスをONになります。

シャツとレイヤードした着こなしで、さりげなく品の良さを感じさせてくれています。

ブラックスキニーと合わせ、トップスのボリュームとバランスよく着こなしています。

黒MA-1×グレーパーカー

ジャストサイズのMA-1にビッグシルエットのグレーパーカーを合わせたストリートコーディネートになります。

小さめのフロントロゴで落ち着いた印象になります。

ボトムにはアディダスのサイドラインジャージを合わせてスポーツMIXスタイルです。

シンプルなコーディネートにはブランドロゴの入ったキャップをコーデのアクセントになります。

黒MA-1×イエローパーカー

ビッグシルエットのマスタードパーカーをブラックMA-1と合わせたメリハリのあるコーディネートとなっています。

イエローなどの派手色アイテムは犬猿しがちですが、マスタードカラーであれば合わせやすさは格段にアップしますよ。

ライトブルーの切りっぱなしデニムでこなれ感のある大人っぽい仕上がりに。

黒MA-1ジャケット×オレンジトレーナー

インナーのオレンジトレーナーがコーディネートのアクセントになっていますね。

トレーナーにホワイトのモックネックカットソーをレイアウトすることで、さりげないこなれ感を演出しています。

トレーナーも1枚できるより、レイヤードした着こなしでよりおしゃれに着こなすのがオススメです。

アディダスのサイドラインジャージと合わせ、スポーツMIXコーデに仕上げています。

シャツをアクセントにしたMA-1コーデ

全身を黒のアイテムで統一したところに、白・黒ブロックチェックのシャツをアクセントに用いたコーディネート。

ボリュームがある本来の形に近いMA-1ですので、丈が短くウエイトが上にいってしまうところを腰にまいたシャツでうまくバランスをとっています。

センス抜群のコーディネートですよね。

サイジングに注目!MA-1スタイル

タイトに作られた黒のMA-1はMA-1っぽさをほどよく消したアイテムになっています。

今年は各ブランド本来のデザインからイメージは残しつつ、独自性を出すのが流れですね。

黒と赤の組み合わせはとても相性がいいですし、あえて色味をおさえた赤を選んだことがまとまりのある着こなしになっています。

オールブラックスタイル

全身黒のレイヤードのコーディネートです。

少しボリュームのあるMA-1を取り入れているので他のアイテムはタイトにまとめやすいところを少し、ゆったりとしたアイテムを選んでいるところにセンスを感じます。

スエットのパンツをここにもってくるのは勇気がいりますが、トータルで見た時にバランスがとれているのは、やはりセンスですね。

シャツカラーがアクセント

黒のMA-1をつかったコーディネート。モノトーンにまとめてシンプルになりがちなところを赤のシャツを差し色に取り入れています。

このシャツのボタンをしめてしまうと赤の面積が多くなりすぎでバランスがわるくなります。見せ方にこだわった組み合わせ方は上手ですね。

MA-1ストリートスタイル

黒のMA-1をストリートのファッションにあわせたコーディネート。

モノトーンでまとめがちなところをあえて、印象的なデザインのカットソーや切り返しが面白いデニムカラーのスエットパンツなどを使っています。

結果、MA-1のシンプルさを逆にいかしています。

全体のバランスがとてもいいですね。

本格派ミリタリースタイル

少しチャコールがかったMA-1を使ったコーディネート。

迷彩柄のシャツや編み上げのブーツを使っているのでコスプレ的になりそうなところを切り返しが特徴的なデニムで中和しています。

このコーデの注意点なのですが、ここでカーゴパンツなどは取り入れない方が良い。

カーゴパンツを取り入れてしまうと、本当に『コスプレ』になってしまう可能性があります。

これでは、せっかくのMA-1のかっこよさが半減してしまいます。

ミリタリーを取り入れる時はバランス、つまり中和が必要不可欠になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

「キレイ目コーデ」の黒MA-1スタイル

レザージャケット風MA-1ジャケット

ジップアップのレザージャケットに見えるアイテムもMA-1にインスパイアされているんでしょうか。

映画レオンを思い起こさせる着こなしは全身黒で統一されていますが、素材感、サイズ感など非常にバランスの良い組み合わせです。

こういった場合に使うニットキャップは安物ではなく素材にこだわったものを選ぶことで違和感なく取り入れられます。

カーキのMA-1を使った着こなしコーデ

「海外メンズ」カーキのMA-1コーデ

シンプルに着こなしたMA-1スタイル

細身のデザインの「MA-1」はシンプルな感じのコーデがあいます。

デニムと白のカットソーでまわりは抑えて「MA-1」を主役にしています。

レイヤードスタイルなMA-1ジャケット

MA-1をレイヤードにコーデに使った着こなし。

黒の上着の襟をMA-1の外にだし、レイヤード感がでていますね。ミリタリーアイテムのMA-1ですので、男っぽいスタイルになりやすいですが、大判のストールなどを使って上手に着こなしています。

MA-1を使ったストリートスタイル

薄手でデザインが入った「MA-1風ジャケット」を着こなしたスタイリング。

パンツはボンデッジ風でスニーカーはネイティブ風と、各リバイバルアイテムを今っぽく昇華させています。

細かいサイズ感を意識した上級者コーディネートです。あえてMA-1らしさを消した着こなしです。

シンプルなMA-1には小技が鍵

シンプルアイテム「MA-1」をあわせたスタイリング。

MA-1自体も凝ったデザインのアイテムではないので、全体がシンプルになりがちなところを時計やブレスレット・サングラスなどアクセサリーで小技を効かせています。

アクセサリーを上手にプラスしたシンプルお手本コーデです。

男らしい無骨なMA-1スタイル

細身にデザインされたMA-1を使ったストリートコーデ。

カットソーにブラックデニム・コンバースと全体をストリート系アイテムで統一しています。

男らしい、ちょっと無骨な着こなしです。

MA-1本来のイメージを着こなしたあえて今新しい使い方ですね。

アーミーMIXストリートコーデ

MA-1を使ったアーミーミックスコーディネート。

MA-1のなかに迷彩柄のシャツをあわせています。元々が軍事アイテムのMA-1なので、合わないはずがありませんが、使い方を間違うと軍人コスプレになってしまいます。

パンツにスリムのデニムをあわせて、バスケットシューズを合わせることでアーミーに行き過ぎない、ストリート系ファッションとして上手く使っている好例です。

MA-1タイプのレザージャケットコーデ

レザー感があるMA-1をレイヤードをお洒落に着用。

素材感が通常のMA-1と違い、すでにアーミー感はありませんので、普通にアウターとして着こなして問題無いアイテムです。

各ブランドから特徴のあるMA-1も多くリリースされているので、まわりとは違うアイテムを選んでみるのも今年はありですね。

MA-1を使ったストリートスタイル

アーミー系のアイテムMA-1をストリート系に取り入れたスタイリング。

MA-1ではない『スタジアムジャケット』などを本来はチョイスしていた所を今年は『MA-1』をつかって流行をプラス。

あえて定番アイテムを外したところが、モデルさんのこだわりを感じます。

グリーンでアイテムを合わせているところが『ガチャガチャ!』し過ぎなくていいですね。

個性あふれるMA-1コーデ

かなりデザインが入っているMA-1風ジャケット。

「MA-1をブランドイメージで作るとこうなります」という感じですね。

そういう個性的なアイテムは他のアイテムも同じブランドで合わせるのがブランドのもつ世界観を壊さずにバランスの良いコーデになると思います。

全く同じブランドではなくても時代・年代や、どのカルチャーを意識しているかなどのポイントが近いブランドをあわせるのも良いですね。

「日本メンズ」カーキのMA-1コーデ

カーキMA-1×白モックネックニット

こちらはカーキMA-1×ホワイトモックネックニットのコーディネートです。

トレンドアイテムでもあるモックネックニットは、首周りにボリュームのないMA-1との相性が抜群です。

さりげないトレンド感で、シンプルコーデも一気に垢抜けた印象になります。

ビッグシルエットで合わせているのもおしゃれに見せるポイントです。ブラックボトムと合わせてすっきりとまとめています。

カーキMA-1×ビッグシルエットグレーパーカー

こちらはカーキMA-1×ビッグシルエットパーカーのコーディネートです。

インナーにはグレーのビッグシルエットパーカーを合わせたアースカラーコーデ。

ブラックスキニーと合わせた定番スタイルも、程よい抜け感のあるおしゃれなコーディネートに仕上げてくれています。

カーキと相性の良いレッドを差し色として合わせているのもGOOD。

コーディネートが一気に華やかになっています。

カーキMA-1ジャケット×ロゴパーカー

こちらはカーキMA-1×ロゴパーカーのコーディネート、ビッグシルエットのMA-1が今っぽいこちらのコーディネートは、インナーにロゴパーカーをON。

ロゴアイテムは、コーディネートに簡単にアクセントをプラスすることができるアイテムとなります。

おしゃれ初心者さんにも使いやすいしコーディネートですよ。

ビッグシルエットのアウターに対して、トップス・ボトムは、コンパクトにまとまるサイズ感で合わせてバランス良く仕上げています。

ブラックスニーカーも、コーディネートの引き締め役として効いていますね。

カーキMA-1ジャケット×グレーパーカー

こちらはカーキMA-1×グレーパーカーのコーディネートです。

こちらのMA-1もビッグシルエットでルーズな着こなしが旬な仕上がりになります。ブラックスキニーを合わせて、バランス良くまとめています。

ちらっと見える靴下にはグリーンを合わせて差し色になります。

こういうさりげないおしゃれが素敵ですよね。

カーキMA-1ジャケット×ボアトップス

こちらはカーキMA-1×ボアパーカーのコーディネートです。

今期トレンドアイテムであるボアアウターをインナーにON。ハイネックデザインのボリュームのあるトップスとも相性良く着こなすことができますよ。

ホワイトカットソーをレイヤードし、ボリュームのあるトップスにメリハリをプラス。

ブラックスキニーでスッキリまとめ、オシャレに仕上げています。

まとめ

今回は『MA-1・メンズのコーデ|ブラック&カーキはインナーが大事!』というテーマでお送りしていきました。

ブラックのMA-1ジャケットは本当にカッコイイですよね。

世界的にヒットしているだけあります。

どんなアイテムでも難なく合わせる事のできる万能さはもちろんこと、着用するだけでトレンド感溢れるコーディネートを作ることができます。

モテたい男は必見!
ガチで女をムラムラさせる
フェロモン香水はコレだ!

\ もう女には困らない /

ダメだと分かっていても・・・。

女が理性を失う瞬間を間近でみたくありませんか?

見てみたい・・・。と一瞬でも感じたのであれば、フェロモン香水を試してみてください。

女性が惚れるたった1つの香水とは?

レビュー記事はこちら ▶︎

【※悪用厳禁】

モテる男を増やしたい元アパレル店員
ゴルゴ(管理人)
MEN'S MAGAZINE(メンズマガジン)管理人のゴルゴです。元アパレル店員で毎月300人以上のお客様の洋服をアドバイスしていました。好きな事はマッチングアプリ(主にペアーズ)で女性と会うこと、筋トレ、ファッションです。
\ Follow me /