スニーカー・ブーツ

ローファーを使ったメンズのコーデ【冬・秋編】

今回はローファーを使ったメンズのコーデ【冬・秋編】というテーマでお送りしていきたいと思います。

秋冬の大人コーディネートに欠かせない『ローファー』

履いた瞬間に一気にアダルトな雰囲気を演出できる不思議なアイテムですよね。

それに、足首を魅せることになりますので、セクシーな雰囲気を醸し出せるところもローファーの良いところ。

ということで今回は、そんなローファーを使った秋冬コーディネートをご紹介していきたいと思います。

アダルトでセクシーな雰囲気を演出したいメンズはチェックしてみてください。

記事のもくじ

秋冬のローファーをオシャレに使いこなすコツ

① 靴下が渋い

引用:Instagram

ローファーを履く際、くるぶし見せが基本のスタイルだと思いますが、秋冬に関しては靴下有りもカッコいいですよね。

靴下を合わせる際は、コーディネートとカラーをリンクしておきましょう。

靴下は季節感を演出する際に必須なアイテムになっていますので、チェックしてください。

基本的には無地を推奨しています。

② くるぶし丈のパンツ必須

引用:Instagram

ローファーの履き方としてくるぶし見せが基本スタイルになります。

ですが、先程も言いましたが、季節感を演出したい時は靴下と合わせる事もオススメです。

くるぶしを見せたいけど、季節感を演出したい時はローファーの素材をスウェードなどにすると良いでしょう。

また色をブラウンなどをチョイスすることで季節感を演出する事でしょう。

③ 素材はマットがオススメ

引用:Instagram

秋冬に欠かせないローファーの素材は間違いなく『スウェード』になります。

スウェード素材のローファーを履く事で、より大人で落ち着いた雰囲気を演出することができます。

また、上記モデルさんのように靴下を履く事で、より季節感を演出する事ができます。

是非、参考にチェックしてみてください。

ローファーを使ったコーディネート【秋編】

デニムシャツがエレガントな印象

引用:BITTER STORE

ドレスシューズの中でも特にエレガントな印象を感じさせてくれる、ビット付きローファーになります。

ビット付きのローファーは、普段のコーディネートに取り入れるだけで華やかさをプラスしてくれます。

ブラウンのスウェード素材が、デニムとの馴染みも良く、デニムONデニムのカジュアルなコーディネートにもピッタリとハマっています。

ライトカラーのデニムパンツは、ひざにダメージが入ったヤンチャ系な印象ですが、足元にビット付きローファーを合わせることでワンランク上の上品な仕上がりに。

デニムシャツのメンズコーデ・秋はやっぱりこれで決まり【2018年版】 今回は『デニムシャツのメンズコーデ・秋はやっぱりこれで決まり【2018年版】』というテーマでお送りしていきたいと思います。 ...
デニムシャツのメンズコーデ【2018年・冬編】 まいどです!緑茶より麦茶派の管理人です。 今回は『デニムシャツのメンズコーデ【2018年・冬編】』というテーマでお送りして...

スタイリッシュで都会的な印象

引用:BITTER STORE

ブラックスウェードのビット付きローファーは、スタイリッシュで都会的な印象ですね。

カジュアルなデニムパンツと、フォーマルでエレガントなビット付きローファーの対照的な雰囲気が絶妙にマッチしています。

モノトーンカラーのショールカラーカーディガンと靴の色みも合っていて、全体にまとまりが生まれています。

デニムパンツは足首がチラッと覗く短めな丈にし、ローファーを素足で履くことで、こなれ感の出たラフな仕上がりになりますね。

こうした足元をビット付きローファーを持ってくることで、大人の雰囲気漂うカジュアルコーディネートが完成されます。

靴のチョイス次第で、コーディネートを色々な雰囲気で楽しむことができますね。

秋,ファッション,メンズ,カーディガン
秋のファッション・メンズ|カーディガンの着こなし【2018年版】 まいどです!秋は大人っぽいコーデを目指している管理人です。 今回は『秋のファッション・メンズ|カーディガンの着こなし【20...

リラックスした雰囲気がお洒落

引用:BITTER STORE

ベージュカラーのスウェードローファーは、コーディネートを優しく柔らかい印象に仕上げてくれますね。

動きやすそうな丈のデニムはアクティブな印象がうかがえて、好感度も抜群!

素足で履いたローファーが大人の雰囲気を演出しています。

長めなジャケットは落ち着いた印象もキープしながらも、ラフに着こなしたこなれ感がかっこいいですね。

ネイビーのチェスターコートの素材感も柔らかくてリラックスした雰囲気を感じさせてくれます。

チェスターコートのメンズコーデ特集【ネイビー】今回は『チェスターコートのメンズコーデ特集【ネイビー】』というテーマでお送りしていきます。ネイビーカラーのチェスターコートは黒並みにコーディネートしやすいし、明るい印象も演出できるので、海外問わずお洒落なメンズから大人気アイテムです!...

上品なニットでエレガントな仕上がり

引用:BITTER STORE

ビビットなブルーのビットローファーは、とても個性的で洗練された印象を感じますね。

ビットローファーを敢えて色ものにすることで、遊び心をプラスするアイテムとしてコーディネートに華を添えています。

ケーブル編み×ボーダー柄にのニットはデザイン性も高く、ワンアイテムで存在感も抜群。

足元に合わせたビットローファーのエレガントなデザインが全体の印象をただカジュアルなだけではない、品のある仕上がりにしています。

またそのアイテムのチョイスにセンスの高さを感じますね。

ケーブルニット メンズ コーデ 色
ケーブルニットを使ったメンズコーデ特集|どの色がモテるのか? 今回は『ケーブルニットを使ったメンズコーデ特集|どの色がモテるのか?』というテーマでお送りしていきたいと思います。 ケーブ...

デニムジャケットで上級コーディネート

引用:Instagram

ブラウンのタッセルローファーは、落ち着いた色みとレザーの光沢がドレッシーで上品な印象を与えてくれます。

細身のスラックスにキレイめなシャツ×デニムジャケットの、カジュアルミックスなコーディネートの足元にローファーが効いていますね。

濃いめのデニムジャケットはカジュアルな中にも、スタイリッシュな雰囲気を感じさせてくれます。

さらに袖をロールアップすることで、程よいラフ感がプラスされていますね。

柄物のストールを首からかけて着こなすことで、さりげないオシャレを感じる上級コーディネートに仕上がっています。

デニムジャケット・メンズ|秋・冬の着こなし特集! 今回は『デニムジャケット・メンズ|秋・冬の着こなし特集!』というテーマでお送りしていきます。 オシャレ男子の秋冬定番アイテ...

チェック柄ジャケットが渋めな印象

引用:Instagram

チェック柄のウールジャケットを取り入れた、ハイセンスなセミフォーマルスタイル。明るいベージュカラーのタッセルローファーが、爽やかさをプラス。

足元をジャケットと同系色にすることで、全体に統一感が生まれています。

またボトムスにブラックスキニ―パンツを組み合わせてすっきりとまとめることで、上半身に視線が集中し、より脚長効果を発揮してくれます。

インナーに組み合わせたホワイトのシャツは、チェック柄ジャケットの渋めな印象に爽やさをプラスしてくれますね。

上品さはキープしつつラフな仕上がり

引用:Instagram

タッセルローファーはスウェード素材で、パイピングが入った少しカジュアル感のあるデザインになっています。

デニムパンツを履く際には、足首を覗かせて素足でローファーを合わせると、よりこなれ感のある仕上がりに。

ダブルのテーラードジャケットは、その上品なデザインとシックな雰囲気がスマートな印象を感じさせてくれますね。

フォーマルなデザインながらデニムパンツとの相性も抜群で、ちょっとしたデートコーディネートにも使えそう。

ジャケットのインナーには少しカジュアルな柄物のシャツを着ると、上品さはキープしつつラフな仕上がりになります。

テーラードジャケットで気取り過ぎない仕上がり

引用:Instagram

ホワイトのセットアップにブラックのインナーを組み合わせた、モノトーンコーディネートは都会的でとても爽やかな印象。

エレガントになり過ぎてしまいそうなホワイトのセットアップも、インナーをシンプルなカットソーにすることで、気取り過ぎない仕上がりに。

パンツのシルエットは細身にし、丈を短めにすることで、程よい肌見せ感がありアクティブな印象を与えてくれます。

タッセルローファーは光沢のあるブラウンをチョイス。

素足で合わせたローファーの着こなしがセットアップのフォーマルさを、上手く中和するアイテムとして一役買っています。

テーラードジャケットがキテる!メンズ・コーデ【秋冬編】 今回は『テーラードジャケットがキテる!メンズ・コーデ【秋冬編】』というテーマでお送りしていきたいと思います。 『秋や冬でも...

雰囲気を感じさせる大人のカジュアルコーデ

引用:Instagram

タッセルローファーとテーラードジャケットのカラーリングを統一することで、全体のまとまり感がアップしますね。

ボトムスにはデニムパンツを組み合わせ、リラックス感のあるコーディネートに。

またデニムはライトカラーのものをチョイスすることで、より爽やかな印象を与えてくれます。襟元を大きく開けて着こなしたホワイトのシャツが、上品なリラックススタイルを演出。

サングラスをプラスすることで、さらにスマートな雰囲気を感じさせる大人のカジュアルコーディネートに仕上がっています。

メリハリのあるコーディネート

引用:Instagram

上品な雰囲気漂うダークブラウンのタッセルローファーは、カジュアルミックスなスタイルにも相性抜群ですね。

ダブルのジャケットをタイトに着こなし、デニムパンツと組み合わせた上品な大人カジュアルスタイルは、清潔感があって好印象間違いなし。

首元に巻いた柄物のストールが、程よいアクセントとなりメリハリのあるコーディネートに仕上がっています。

またインナーにはライトブルーのシャツをラフに合わせることで、デニムのカラーともマッチしたバランス感の良さも生まれます。

グレージャケット×黒スラックス

引用:WEAR

きれいめジャケットであるテーラードジャケットは、ローファーとの相性が抜群です。グレーのテーラードジャケットで、柔らかな品のある大人っぽさを演出してくれています。

ホワイトのカットソーを合わせることで、全体をカジュアルダウンしキメすぎない事で、トレンド感のある着こなしに仕上がっています。

ローファーは、ボトムと同じブラックで合わせて、シックにまとめています。

黒のセットアップ×茶色のローファー

引用:WEAR

こちらもテーラードジャケット×ローファーを使ったコーディネートです!

こちらは、ブラックのスーツのようなセットアップにシャツ×セーターを合わせた、ビジネススタイルとしても活躍できるコーディネートです。

シャツの裾をセーターから出し、ラフさをプラスする事で普段使いしやすい着こなしに仕上がっています。

こちらのコーディネートでは、ブラウンのローファーをON。

ブラックのジャケット・ボトムなので足元はブラウンで柔らかさをプラスすると、オフィスコーデ感がなくなり垢抜けた印象に仕上がります。

黒ステンカラーコート×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはステンカラーコート×ローファーを使ったコーディネートです!

全体をワンカラーでまとめたシックなおしゃれコーディネートに仕上がっています。

さりげないアウターONアウターコーディネートで、トレンド感もたっぷりの着こなしになっていますね。

インナーに合わせたホワイトのハイネックニットが全体を品よくまとめてくれています。

足元に合わせたビット付きローファーが、エレガンスな印象で周りとの差をつけるのに一役買ってくれていますね。

黒ダブルライダース×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはライダースジャケット×ローファーのコーディネートです。

ライダースジャケットと言えば、ワイルドな印象が強く一見ローファーと合わせようとならない方も多いかもしれません。

こちらのローファーのように、シンプルなデザインであればどんな洋服にも大人っぽく合わせることができます。ライダースのカラーと合わせることで統一感もありますよね。

少し足首が見えるアンクル丈のボトムと合わせ、肌見せする事でセクシーさもプラス!

ワイルドさに、セクシーさもプラスされた大人コーディネートに仕上がっています。

レザージャケット着用のコーデはワンランク上のインナー使いが大事! まいどです! 今回は『レザージャケット着用のコーデはワンランク上のインナー使いが大事!』というテーマでお送りしていきます。...

青カラーコート×黒ツヤ感ローファー

引用:WEAR

こちらはきれいなカラーが印象的なカラーコート×ローファーのコーディネートです。

アウターのブルーが鮮やかで、重さの感じないコーディネートに仕上がっています。

また、アウターと同じブルー系のカーディガンを羽織ることで、アウターとの馴染みがよくなり、全体のバランスアップとして一役買ってくれています。

キャメルカーディガン×ブラウンローファー

引用:WEAR

こちらはオレンジのカーディガン×ローファーを使ったコーディネートです。

オレンジのカーディガンにブラウンのスウェード調のローファーを合わせることで、季節感の感じられる柔らかなコーディネートに仕上がっていますよね。

カーディガンのマスタードカラーは、大人男子にも合わせやすいカラーなのでコーディネートに取り入れやすく、程よいアクセントをプラスしてくれています。

ストライプシャツ×黒スラックス

引用:WEAR

こちらはストライプのシャツ×ローファーを使ったコーディネートです。

きれいめコーディネートの定番であるシャツは、もちろんローファーとの相性が抜群。

ただ、シャツのサイズ感や素材、カラーによっては学生っぽさが出てしまい幼い印象に仕上がってしまうので、注意しましょう。

こちらのコーディネートのようなストライプ柄であれば、モードっぽい印象のコーディネートにります。

素材感もてろんと柔らかな素材なので、コーディネートに動きが出てこなれた印象のコーディネートにまとめてくれます。

タッセル付きローファーで、堅苦しくない程の絶妙なヌケ感がこなれ感のあるコーディネートに仕上げてくれています。

黒レザージャケット×ブラウンローファー

引用:WEAR

こちらは、MA-1×ローファーを使ったコーディネートです!

こちらのコーディネートに合わせているMA-1は、レザー素材のものなので定番デザインであるMA-1よりも大人っぽいクールな印象にまとめることができます。

インナーはシンプルにホワイトのカットソーをON。

ボトムにはブラックデニムのスキニーを合わせて、知的な雰囲気に着こなしています。

ベージュニット×ブラウンローファー

引用:WEAR

こちらはニット×ローファーを使ったコーディネートです!

ベージュの柔らかさとケーブルニットの網目模様がさりげないアクセントになっています。

ブラックデニムを合わせるとよりコーディネートが洗練されますね。

ダメージのないノーマルデニムで、品良くまとまっています。

ローファーも、スウェードのブラウンをあわせると、印象は柔らかいままオシャレにまとまります。

グレーテーラードジャケット×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはテーラードジャケット×ローファーのコーディネートです!

GLAYのテーラードジャケットにチャコールカラーのハイネックを合わせてクールな印象になっています。

ブルーのノーマルデニムを合わせて、ドレスダウンすることでデイリー使いしやすいコーディネートにまとまっています。

ローファーは、レザーのシンプルタイプのものをON。大人っぽい落ち着いた印象はそのままに、使いやすさのあるコーデに仕上がっていますね。

ローファーを使ったコーディネート【冬編】

グレージャケット×黒ローファー

引用:WEAR

こちらもテーラードジャケット×ローファーのコーディネートです!

肉厚ウールジャケットで、季節感たっぷりに着こなしていますね。

同じグレーでも、ウール素材やツイードであればMIXカラーのような見た目にも暖かい着こなしに仕上げる事ができますね。

グリーンのニットが差し色になり、コーディネート全体が明るくなりますね。

足元にはタッセル付きローファーで上品な印象を残しつつ、ヌケ感のあるラフな着こなしに仕上がっています。

赤チェックコート×黒白ローファー

引用:WEAR

こちらはチェスターコート×ローファーのコーディネートです!

ブラック×レッドのチェックが印象的なコートは、1枚羽織るだけで個性的ておしゃれなコーディネートに仕上がりますね。

大柄であっても子供っぽくならないのは、チェスターコートのフォーマル感溢れるシルエットだからこそ叶う着こなしです。

ローファーにも、ブラック×ホワイトのバイカラーで個性が光るトータルコーディネートに仕上がっています。

白ジャケット×黒ローファー

引用:WEAR

こちらは薄手のスウィングトップ×ローファーを使ったコーディネートです!

スウィングトップは、ホワイトのものを合わせて上品な印象に。

インナーには、柄シャツを合わせUSED感のある着こなしに仕上がっています。

スラックスを合わせた、ギャップ感もおしゃれですよね。

足元のローファーは、ブラックのレザータイプでシンプルに合わせているのがポイント。

黒ロングコート×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはチェスターコート×ローファーのコーディネートです!

ほほ、ブラックワンカラーで統一されたコーディネートに品のあるチェスターコートをあわせて大人っぽく落ち着いた印象にまとまっています。

要所要所にあわせられたホワイトアイテムがコーディネートにメリハリをプラス。

足元のローファーはシンプルなデザインのものをあわせて、より洗練された印象にまとくわています。

キャメルチェスターコート×キャメルローファー

引用:WEAR

こちらもチェスターコート×ローファーを使ったコーディネートです!

季節感のある色であり、温かみや大人っぽさを出せるキャメルは、品のある落ち着いた雰囲気に仕上げてくれますよ。

ホワイトのタートルネックニットと合わせると、きれいにまとまり女性ウケも◎なコーディネートになります。

ローファーとカラーを合わせると、全体のバランス良く着こなす事ができますね。

チャコールグレーポロコート×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはチャコールグレーのポロコート×ローファーを使ったコーディネートです!

Pコートを長くしたようなシルエットのポロコートはダブルブレストタイプなので、チェスターコートよりカジュアルに着こなす事ができますね。

肩にかけて羽織るような着こなして、こなれた印象に仕上がっています。

落ち着いたカラーのコーディネートには、エナメルローファーで足元に輝きをプラス。

ボトムのロールアップでローファーの存在感をしっかりアピールしているのがポイント。

ネイビートレーナー×ブラウンローファー

引用:WEAR

こちらはトレーナー×ローファーのコーディネートです!

ネイビーのトレーナーに、シャツをレイヤードした着こなしです。

カジュアルアイテムであるトレーナーも、合わせるきれいめアイテムを増やせば大人っぽいコーディネートに仕上げる事ができますよ。

ホワイト×ネイビーの爽やかカラーもコーディネートの大きなポイントですね。

足元のローファーは、キルトタッセルローファーでボリュームのある1足を合わせコーディネートを格上げしています。

ネイビーコート×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはチェスターコート×ローファーを使ったコーディネートです!

インナーにニット×シャツのきれいめアイテムを合わせていますが、シャツを裾から見えるような着こなしにすることで、こなれた雰囲気漂うトレンド感のある着こなしに。

スキニー、ローファーをブラックでまとめる事で、落ち着いた大人っぽさのあるコーディネートにまとまっています。

グレーダウンベスト×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはダウンベスト×ローファーを使ったコーディネートです。

全体をグレーのグラデーションカラーでまとめたワンカラーコーディネートで、トレンド感のある着こなしに仕上がっていますね。

ニットにはシャツをレイヤードしてていたり、サイズ感の合わせ方などで全体が品良くまとまっています。

ローファーをブラックにしコーディネートの引き締めアイテムにする事で、バランス良くおしゃれなコーディネートに仕上げていますね。

黒ダウンジャケット×黒ローファー

引用:WEAR

こちらはダウンジャケット×ローファーを使ったコーディネートです!

ダウンジャケットは、季節感のある見た目と機能性も文句なしの冬の定番アウターの1つですよね。

ボリュームのあるアウターなので、ブラックのダウンにカラーニットを合わせることでコーディネートが明るくなっています。

ニットにカットソーをレイヤードしているのも、コーデのアクセントになっています。

足元には、ビット付きローファーでアクセントをプラス。大人の色気も漂う冬コーディネートに仕上がっています。

秋冬のオススメのローファーブランド

J.M.WESTON(ジェイエムウエストン)

フランス革靴メーカーの名門ブランド『ジェイエムウエストン』

シルエットが非常に綺麗で、足長効果はもちろんですが、スッキリした雰囲気を醸し出す事ができるレザーシューズブランドとなっています。

グッドイヤー・ウェルト製法を採用し、1足完成するまでに200以上の試作を重ねられているこだわりぬいたローファー。

価格は10万円程度するのですが、1足持っていると生涯使える靴になります。それを考えると安い買い物ですね。

John Lobb(ジョン・ロブ)

『ジョンロブ』はイギリスで創業したレザーシューズブランドになります。

ドレスシューズの王者とも言われているレザーシューズブランドになりますね。

非常に質の高い作りで、多くの著名人を愛用している名門ブランドになります。

価格に関しては7万円〜10万円以上になりますが、ジェイエムウエストンと同様に一生愛用できるアイテムとなっていますので、是非チェックしてみてください。

GUCCI(グッチ)

言わずと知れた『グッチ』のビットローファーも非常に有名なアイテムですよね。

今や大人レザーシューズの定番となっているビットローファーなのですが、実は『グッチ』が世界で初めてビットローファーを製造したと言われています。

価格に関しては8万円前後になりますが、一生使う事のできるアイテムです。

各著名人も愛用する高品質なグッチのローファー、是非あなたも体感してみてください。

GOSTAR DE FUGA(ゴスタールジフーガ)

ブランド名 GOSTAR DE FUGA
評価
価格 16,800円
詳細ページ

GOSTAR DE FUGAから新作ラビットファー付きレザービットローファーの登場です。

履き口部分にリアルラビットファーを配置、牛革仕様のゴージャスなローファーです。

皮はヌバックを使用して製品で加工をかけ、上品にムラを表現しました。

 DEDES(デデス)

ブランド名 DEDES
評価
価格 9,500円
詳細ページ

アッパーにはキメの細かい本革(スエードレザー)を使用し、履いていく内に足になじみます。

品格をアップさせてくれるビットを中央に配置、先端に向かって細くなるトゥーシルエットで 大人の魅力が詰まったデザインに仕上がりました。

シンプルなデザインはコーディネートを問わず活躍します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はローファーを使ったメンズのコーデ【冬・秋編】というテーマでお送りしていきました。

ローファーを履くだけで、一気に大人の落ち着いた雰囲気を演出する事ができます。

それに、素材、デザインが変わるだけでガラッとコーディネートの雰囲気を変える事ができますので、ぜひチェックしてみてください。

デートにもオススメのレザーシューズですよ!