メンズファッション

マフラーを使った最新メンズコーデまとめ【色別に分けて紹介】

マフラーを使ったメンズコーデを知りたい。

そんな質問にお答えします。

この記事を書いている管理人は、もともとアパレル店員の人間でした。

そんなアパレル店員から見る、マフラーの最新メンズコーデをご紹介していきます。

ゴルゴ
ゴルゴ
気合入れて紹介します!

マフラーは色によって、印象が大きく変わってしまうため、失敗しやすいアイテムです。

しかし、この記事を見ることで、失敗しないオシャレなマフラーコーデが分かります。


マフラーを使った最新メンズコーデまとめ【色別に分けて紹介】

レイナ
レイナ
色別に解説します!

カーキのマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

カーキのマフラーはコーディネートを男らしく魅せることができます。

それにどんなスタイルにでも合わせる事ができますので、人気のマフラーカラーです。

コーデ事例1

引用:WEAR

コーデ解説を見る

ベージュのステンカラーコーデに合わせたカーキマフラーがスタイリッシュな雰囲気です。

カーキカラーが男らしい雰囲気を演出できているところがポイントですね。

カーキカラーのマフラーはかなりオススメなので、要チェックです。


紺のマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

定番中の定番カラーでもある紺色マフラーを使ったスタイルをご紹介していきます。

ネイビーは上品な印象を演出できるマフラーカラーですし、女子ウケも良いのでオススメ。

コーデ事例1

引用:WEAR

コーデ解説を見る

紺色マフラーを使ったカジュアルコーデ。

カーキのモッズコートと紺色のマフラーは相性抜群なので、ぜひ参考にしたいところ。

グレーのマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

グレーカラーのマフラーは、上品な印象を演出できるカラーになります。

スーツスタイルでも難なくオシャレに着こなすことができるのがおすすめポイント。

コーデ事例1

引用:WEAR

コーデ解説を見る

上記画像のモデルさんのように、同色系のマフラーを巻くとコーデに統一感が出て、スタイリッシュな印象になります。

思わず真似したい!と、思えるコーディネートの1つですね。

コーデ事例2

引用:WEAR

コーデ解説を見る

巻き方は後ろにしたり、前にしたりと、コーデによって変えると良いですね。

コーデ事例3

引用:WEAR

コーデ解説を見る

全体的にブラックコーデなのですが、マフラーをライトグレーにする事で、重くなりがちなブラックコーデを一気に軽い印象にしてくれます。

真似しやすく、個人的にはかなり好きなコーディネートですね。

コーデ事例4

引用:WEAR

コーデ解説を見る

ブラックコーデのアクセントにやはりライトグレーのマフラーが調子良いです。

この組み合わせ、そしてカラーコーデは世界共通で定番となっています。

関連記事:黒のコートに似合うマフラー(ストール)はこちら

コーデ事例5

引用:WEAR

コーデ解説を見る

グレーのマフラーが印象的なシンプルなコーディネート。

モノトーンカラーだけの着こなしは色の相性が良く、簡単に落ち着いた大人っぽい雰囲気の着こなしが作れます。

黒をベースにしたコーディネートにすることで、白色のスニーカーやマフラーがアクセントとして輝いて見えます。

今回の大きなマフラーのように、特徴的なアイテムを目立たせたい場合には、他のアイテムを明るさの対照的なもので統一するのも一つの手です。

シンプルながらスタイリッシュさを感じさせる大人コーディネートです。

関連記事:白スニーカーを使ったコーデ特集【秋冬・メンズ】

コーデ事例6

引用:WEAR

コーデ解説を見る

白と黒のメリハリがまぶしいコーディネート。白と黒が順番になるようにアイテムを合わせたことで、色のメリハリが最大限まで引き立てられています。

もともと白と黒は相性のいいカラーなので、これくらいごちゃまぜにしても良くまとまってくれます。

これくらいメリハリのある着こなしで街を歩けば、通行人の目を引きます。

シンプルながらハイセンスなモノトーンコーディネートです。

黒のマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

マフラーの定番中の定番カラーでもある黒。

どんなスタイルにも合わせることができるカラーになりますので、オススメです。

コーデ事例1

引用:WEAR

コーデ解説を見る

マフラーコーデの基本中の基本でもある同色系コーデ。

上記モデルさんのスタイルは、上手くコーディネートカラーとマフラーカラーをリンクさせていますね。

ミリタリーテイストのコーデにマフラーがばっちりはまっていますね。

コーデ事例2

引用:WEAR

コーデ解説を見る

明るいトレンチコートが印象的なコーディネート。コート以外のアイテムがすべて黒で統一されている点がこのコーディネートのポイント。

コートとの明るさの対比が着こなしにメリハリを生んで、引き締まった印象を与えます。

関連記事:ステンカラーコートはダサいの?

コーデ事例3

引用:Pinterest

コーデ解説を見る

カーキのMA-1ジャケットを使ったオシャレなコーディネートです。

シルエットのすっきりしたボトムスとパンツを合わせることで、シュッとしたIシルエットを作っています。

ボトムスとニットの色を合わせて、コーディネートの中の色数を抑えている点もポイント。

着こなしがごちゃごちゃした印象になりにくくなります。

全体的に暗い色が多いので、縦のレイヤードで白を加えることでメリハリをプラス。色合いの面でも引き締まったコーディネートに変化しました。

落ち着いた印象のコーディネートにしたいときは、全身の色を3色以内に抑えることがポイントです。

関連記事:MA-1・メンズのコーデ|ブラック&カーキはインナーが大事

チェック柄のマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

いつもとちがう首元を演出したいメンズにオススメなのが、チェック柄マフラーです。

華やかな印象を相手に与えることができるのがメリットかなと思います。

コーデ事例1

引用:WEAR

コーデ解説を見る

こちらの方はマフラーをアクセントとして使用しています。

冬になると重めのカラーが増えますので、マフラーでアクセントをつけると、爽やかな印象になりますし、コーディネートにメリハリが付くのでお洒落に見えますよ。

コーデ事例2

引用:WEAR

コーデ解説を見る

タータンチェック柄の大人マフラーでワンランク上のコーデになっています。

同系色のマフラーですが、チェック柄なので違和感なしとなっています。

マフラーのレングスもジャケットの長さに合わせているので、よりスタイリッシュになっていますよね。


茶色のマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

大人っぽい印象を与えることができる「茶色マフラー」もオススメですね。

茶色マフラーは大人っぽくて、渋い雰囲気を演出することができます。

コーデ事例1

引用:WEAR

コーデ解説を見る

縫い目の粗いマフラーで、ざっくりと巻いてる感じがお洒落ですよね。

ジャケットと同色系ですが、ざっくりしたマフラーなので、良い感じにマフラーが他のアイテムと調和されています。

大判マフラーを使ったコーデ

コーデ事例1

引用:Pinterest

コーデ解説を見る

大きなマフラーが印象的な冬コーデ。

個性的なアイテムを扱う際は、ほかのアイテムをシンプルにすることで、落ち着いた雰囲気の着こなしになります。

このコーディネートでは、マフラー以外のアイテムを黒のシンプルなアイテムで統一したことで、ごちゃごちゃせずに上手くまとめました。

ボルドーのマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

セクシーな雰囲気を演出できる「ボルドー・ワインレッドのマフラー」もオススメです。

セクシーで大人っぽい雰囲気を演出できるところがすごくメリットですね。

コーデ事例1

引用:Pinterest

コーデ解説を見る

落ち着いた雰囲気のシックなコーデ。

キャメルとワインレッドはトップクラスに相性のいい色の組み合わせです。

マフラーを首に巻かずに掛けるだけという点にも、垢抜けた印象を感じます。

デートに着て行ったら女の子が喜びそうなコーディネートです。

関連記事:キャメルのコートと相性の良いマフラーの色は?メンズ編

コーデ事例2

引用:Pinterest

コーデ解説を見る

キャメルとワインレッドを取り入れた、ニットの柄がおしゃれなコーデ。

先ほどのコーデと違う点は、中のニットもそうですが、茶色の要素を多くした点です。

靴やインナー、バッグを茶色に統一してワインレッドの要素が少ないです。

ニットの個性的な柄もインナーに持ってきて面積を小さくし、同系色を着こなしの中に多く取り入れたことで落ち着いた印象にまとまっています。

 


ノルディック柄のマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

冬を感じさせるデザインの「ノルディック柄マフラー」もオススメですね。

季節感を演出できますので、コーディネートが組みやすいのが特徴的です。

コーデ事例1

引用:Pinterest

コーデ解説を見る

個性的ながらのマフラーが印象的なコーディネートになります。

ジャンパーの襟の外側にマフラーを軽く巻いている点がスタイリッシュ。

全身を合わせやすい白と黒のモノトーンカラーで統一したことで、派手なマフラーと上手くマッチした着こなしになっています。

いくらかっこいいアイテムでも、あれもこれもと取り入れてしまうとごちゃごちゃしてしまいますが、このように一つに絞ることでそのアイテムの魅力を最大限まで引き出すことができます。

関連記事:ダウンジャケットが着たいメンズのオススメ色別コーデ

ペイズリー柄のマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

ペイズリー柄のマフラーは「ワイルドで悪っぽい」雰囲気を演出できるデザインです。

悪っぽい雰囲気のファッションを楽しみたいメンズには最適なマフラーかなと思います。

コーデ事例1

引用:Pinterest

コーデ解説を見る

ジャケットの中にマフラーを垂らした新しいコーディネート。

全身に使っている色が「青」や「黒」や「茶」の3色だけなので落ち着いた雰囲気の着こなしにまとまっています。

斬新なマフラーの合わせ方ですが、全身の色を3色に抑えたことでごちゃごちゃせず、違和感もなくまとまっています。

男らしいアイテムであるデニムジャケットと黒スキニーの相性は良好です。

ですが、そこに個性的なマフラーの合わせ方を加えたことで、ありがちなイメージを払い、スタイリッシュな着こなしに変化させました。

関連記事:デニムジャケット・メンズ|秋・冬の着こなし特集

キャメルのマフラーを使ったコーデ

合わせやすさ
人気度
モテ度
おしゃれ度

キャメルカラーのマフラーは上品できれいな雰囲気を演出できるカラーになります。

大人の男性にオススメしたいマフラーカラーとなっていますね。

コーデ事例1

引用:Pinterest

コーデ解説を見る

個性的なデザインの靴が印象的な大人コーディネートとなっています。

靴があまり見ないほどに個性的でまぶしいくらいの光沢でアピールします。

その他のアイテムの落ち着いた色合いが着こなしの大部分を占めるので、ごちゃごちゃした印象になりません。

それどころか、明るさの対比から個性的な靴をこれでもかというほど目立たせることができています。

おしゃれは足元からという言葉を見せつけてくれるコーディネートです。



まとめ

今回はマフラーを使った最新メンズコーデまとめ【色別に分けて紹介】という、シンプルなテーマでお送りしていきました。

秋冬アイテムの定番でもあるマフラー。

海外はもちろんですが、日本のファッショニスタの間でも超人気のアイテムでもあります。

それに各ブランドからも毎年多くのマフラーがリリースされてい事もあり、その需要の高さはやはり本物です。

という事で、冬場のお洒落アイテムの一つにマフラーは欠かせませんので、ぜひこの記事を参考に、あなただけのマフラーコーデを実践してみてくださいね。

ABOUT ME
ゴルゴ
ゴルゴ
服のメンズマガジン管理人のゴルゴです。元アパレル店員で毎月300人以上のお客様の洋服をアドバイスしていました。好きな事はマッチングアプリ(主にペアーズ)で女性と会うこと、筋トレ、ファッションです。

\  ピックアップコンテンツ  /

オススメの記事が表示されています