春ファッション

春コーデ・メンズ|20代がしたい全身コーデ【14選】

今回は『春コーデ・メンズ|20代がしたい全身コーデ【14選】』というテーマでお送りしていきたいと思います。

暖かくなる春の季節はお洒落が楽しくなる季節でもありますよね。

各ブランドから様々な春服がリリースしている中、20代がしたいメンズ春コーデを今回はご紹介していきたいと思います。

是非、彼らのコーディネートを参考にしてみてください。( ´ ▽ ` )ノ

20代がしたいメンズ春コーデ

グレーニット×黒ダメージデニム

引用:https://jp.pinterest.com/

黒とグレーをベースにした、モノトーンコーデとなっています。

まだまだ春先には寒い日もあるので、インナーを着て上から長袖のTシャツを着用して寒い日も安心です。

パンツには黒のデニムを合わせていますが、シンプル過ぎるとカラーの入っていないモノトーンコーデには、物足りなさも出てしまうため、あえて膝にダメージの入ったものを使用しました。

モノトーンのバランスを考えてインナーの白と、スニーカーの色を合わせコーディネートしています。

黒チェックシャツ×黒チノパン

引用:https://jp.pinterest.com/

黒のチノパンにチェックシャツを組み合わせたコーディネートです。

春の爽やかさを出すためにチェックシャツのボタンを全開にして、インナーに着ている白いシャツを見せるように組み合わせ、スニーカーにも白を使うことでバランス良くコーディネートしています。

腕をまくっても、そのままでも着れるシャツは季節の変わり目や、寒暖差があるときには重宝するアイテムです。暖かい時には、まくった腕から時計やアクセサリーを見せるとオシャレ度もアップします。

ブラウンTシャツ×黒デニム

引用:https://jp.pinterest.com/

シャツと靴のカラーをブラウン系のカラーで合わせ、万能アイテム黒のデニムパンツを組み合わせたコーディネートです。

ブラウンのカラーは少し色褪せたようなカラーを選び、革靴のカラーはシャツの色より薄くすることでバランスよく組み合わせています。

メインカラーがブラウンとブラックの2色と色合いが少なく、全く同じのブラウンを使用すると諄く感じてしまうのでカラートーンを変えることがオススメです。

革靴も薄いカラーを選ぶことで軽さが出るので、春先はぴったりの配色となります。

暗めのトーンのシャツとパンツによって、スニーカーの白が印象に残る組み合わせです。

カーキTシャツ×黒デニム

引用:https://jp.pinterest.com/

Tシャツとパンツをダークトーンのカラーで組み合わせ、スニーカーの紐と白いソールがより印象的になるコーディネートです。

それぞれのアイテムはシンプルなものを使用してるため、モノトーンだと少し物足りなさを感じてしまうところ、カーキ色のTシャツを組み合わせることで色味をプラスしています。

Tシャツに明るい色を使わないのは、スニーカーの白い部分を強調させ存在感を出しながら、全体のカラーに合わせるという演出です。

白シャツ×グレーデニム

引用:https://jp.pinterest.com/

白シャツは爽やかな印象を与えるので、春先にはピッタリのコーディネートです。

王道の白シャツは、暖かい時期はもちろん1枚で着てもOKですし、涼しくなってきたらカーディガンや、冬などの寒い時期にはコートを羽織ることも出来る万能アイテムとなります。

逆にシンプルなアイテムだからこそ、合わせるモノによって地味な印象になってしまうこともあるので、腕周りに時計や小物を使ったり、お気に入りの靴を合わせるとオシャレ度もアップします。

幅広く組み合わせができるアイテムなのでとても重宝するので、1枚は持っていても間違いないでしょう。

デニムシャツ×ベージュパンツ

引用:https://jp.pinterest.com/

春にピッタリのデニムシャツを着たコーディネートは、チノパンとの相性も抜群です。

アメカジのスタンダードな着こなしであるデニムシャツですが、まさにベージュのチノパンとの相性が良く一緒に男っぽさもプラスしてくれます。

デニム生地のカジュアルな雰囲気に合わせて、相性のいいスニーカーは暗めのカラーが多いコーデにホワイトを入れることで、明るさをプラスしています。

アクセサリーや小物もカジュアルテイストのモノを選ぶと、自然とコーディネートに馴染みます。

白ブルゾン×白Tシャツ

引用:https://jp.pinterest.com/

スニーカーと上半身の色味と合わせたコーディネートです。

白とベージュの明るめの配色にしているため、アイテムが目立つように暗いトーンのパンツを使いカラーに凹凸を出しています。アクセサリー等の小物は使わずにそれぞれのアイテムだけで勝負しています。

さわやかに着こなすことのできる、ホワイトとベージュカラーは春先にはぴったりの配色となります。

はっきりした色味ではないので他のいろんな色を入れてしまうと、カラーの良さが薄れてしまう時もあるので、シンプルな着こなしで優しいカラーを生かせる組み合わせになっています。

テーラードジャケット×Tシャツ

引用:https://jp.pinterest.com/

カジュアルなデニムとスニーカーに、きれいめなテーラードジャケットを組み合わせました。

カジュアルコーデは、程よいラフ感と動きやすさなどが良い点としてあげられる中、子供っぽくなるなどのイメージをお持ちの方もいます。

そういう時は細身のパンツを選ぶことでシルエットが綺麗になり大人っぽさを出すことができます。

そして今回の着こなしは中にTシャツ、下はパンツとスニーカーと完全にカジュアルスタイルです。そこに1枚ジャケットを羽織るだけでカジュアルの動きやすさはそのままで、落ち着いた印象がプラスされます。

カジュアルの良さをそのままに、大人っぽさをプラスできるコーディネートです。

ラグランTシャツ×黒パンツ

引用:https://jp.pinterest.com/

鞄も黒のモノを使用し、徹底ししたモノトーンコーデです。

全体が黒になって重たいイメージにならないように、Tシャツにはグレーに袖だけ黒くなっているものを使用しています。

Tシャツとパンツ、鞄まで黒とグレーの2色の組み合わせでシックなカラーで統一し、スニーカーには白を基調とした黒いラインのものを選択しています。

モノトーンコーデは、無彩色のカラーを色の薄さだけで組み合わせ点は難しいところですが、色味があるもので「色×トーン」になると、組み合わせはたくさんあり過ぎてしまいます。

色味を制限してトーンだけのコーデも出来るモノトーンコーデに挑戦してみましょう。

デニムジャケット×グレーデニム

引用:https://jp.pinterest.com/

明るいデニムジャケットが爽やかな印象のカジュアルスタイルです。

明るいカラーのジャケットと白いスニーカーを暗いカラーのパンツで挟むような組み合わせです。

黒い色は他の明るい色をよりはっきり見せる効果と、全体に締まりを出すことができるので、春先には暖色や薄色を使用することが多く、全体がぼんやりしまうことも結構あります。

パンツに黒いカラーを置くことで、白いカラーのスニーカーがより強調される組み合わせとなります。

カーキシャツ×黒ライダースパンツ

引用:http://bitter-store.jp/

メインのカーキのシャツが霞むことがないように、カラーバランスを考えたコーディネートです。

白シャツは、あえて裾から出すことで全体のバランスを調整し、さりげなくミリタリーっぽさが出ているカーゴパンツが、カーキシャツとの相性抜群です。

スニーカーの色は、シャツとパンツのバランスとカーキシャツを引き立たせるため色味のないもの使用しています。

シャツのボタンを開けることで、胸元のネックレスもアクセントとなります。

カーキシャツJKT×グレーライダースパンツ

引用:http://bitter-store.jp/

カラーを多く使用しないことで、カーキシャツの色合いを引き立てるコーディネートです。

特徴的なパンツのと同じ色合いののスニーカーを使用することで一体感を出します。スニーカーとの区別をつけるため、ジョガーパンツを合わせ肌をチラ見せしています。

インナーに黒やダーク系の色を取り入れると相性はいいですが、せっかくのカーキ色がぼやけてしまいます。

デニムのカラーがグレーのようにも見えるのと色味をあまり使用したくないのでインナーには白系のアイテムがオススメです。白のシャツを入れることでカーキシャツをはっきり見せることができます。

迷彩シャツ×薄めダメージデニム

引用:http://bitter-store.jp/

ミリタリーファッションならではの、迷彩柄が特徴的なコーディネートです。ミリタリー代表と言っても過言ではないカーキ色の迷彩柄が素敵。

ですが、迷彩柄を多用し過ぎてしまうと軍服感が強すぎてしまうのが難点ですね。ミリタリーテイストのアイテムはシャツのみに厳選することで、ミリタリー感を抑えつつさらっと着こなすことができます。

濃色であるメインのカーキシャツは、濃色同士で組み合わせてしまうと同化してしまうので、他のアイテムは薄色を選択し、組み合わせています。

カーキシャツ×薄めダメージデニム

引用:http://bitter-store.jp/

全体の薄めのカラーに対して、カーキシャツを濃い色にすることで締まりを出し、全体をバランス良くしています。

メインの柄にはボーダー柄を使用し、靴の特徴的な柄は薄めのカラーにすることでで控えめに組み合わせます。ジーンズの薄めのカラーとボーダーで涼しげな印象と共に、マリンテイストをと入りれています。

アクセサリーにはカーキカラーと相性の良い赤色をワンポイントにして、マリンとミリタリーを組み合わせたコーディネートです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『春コーデ・メンズ|20代がしたい全身コーデ【14選】』というテーマでお送りしていきました。

春は気温の差も激しい季節でもありますので、サラッと羽織れる薄めのジャケットなんかを持っておくと、役に立ちそうですよね。( ´ ▽ ` )ノ

是非、本記事を参考に春のお洒落を楽しみましょう。

ABOUT ME
ゴルゴ
ゴルゴ
MEN'S MAGAZINE(メンズマガジン)管理人のゴルゴです。元アパレル店員で毎月300人以上のお客様の洋服をアドバイスしていました。好きな事はマッチングアプリ(主にペアーズ)で女性と会うこと、筋トレ、ファッションです。