ブランドコーデ

UNIQLO(ユニクロ)を使った夏コーデ メンズファッション【10選】

今回は『UNIQLO(ユニクロ)を使った夏コーデ メンズファッション【10選】』というテーマでお送りしていきたいと思います。

相変わらずUNIQLOの人気は衰える事はありません。年々、デザインの質、生地の質が向上している所も人気の理由となっているのでしょう。

今回はそんなUNIQLOのアイテムを使った夏のコーディネートをご紹介していきたいと思います。

ユニクロを使った夏コーデファッション

白Tシャツ×スウェットパンツ

引用:http://wear.jp

  • トップス・・・UNIQLO

シンプルな組み合わせとスニーカーによってスポーティな印象にコーディネートです。

スニーカーとの相性のいいジョガーパンツはスウェット素材を使用し、ラフな印象を作ります。スウェット素材のパンツは伸縮性があり動きやすく機能性に優れています。

素材の特性としてもかなりラフなイメージなので、サイズは大きいサイズにしてしまうとだらしない印象になるので、ピッタリサイズを選ぶとすっきりと履きこなすことができます。

シンプルなアイテムを使用することで、スニーカーの蛍光カラーを目立たせた組み合わせになっています。

デニムシャツ×黒ハーフパンツ

引用:http://wear.jp/

  • パンツ・・・UNIQLO

シャツをゆったり着こなし、短パンをを合わせることでサイズにメリハリを出した組み合わせにです。

上半身はゆったりとした印象を作るためにデニムシャツの下から白シャツを見せ少しだけルーズさを出し、袖をまくるときはしっかりまくらずゆったり七分丈程度にしています。

上にゆったりを作った着こなしはパンツはひざ上丈の短いものを使用して、キッチリとした印象にすることでだらしなく見えることなく程よい抜け感を作ります。

全体に合わせスニーカーのカラーを白黒にすることで、デニムの印象を強くします。

◆関連記事:デニムシャツを使ったメンズ夏コーデ特集

白Tシャツ×黒パンツ

引用:http://wear.jp/

  • トップス・・・UNIQLO
  • パンツ・・・UNIQLO

ワイドパンツが特徴的な組み合わせは、変わったシルエットを印象付けるためにカラーリングをシンプルにした着こなしとなっています。

またモノクロカラーの組み合わせの場合、アイテムによっては地味な印象になってしまうことがあります。そんな時はあえてスッキリした着こなしはせず、シルエットを変えることで他のコーデとの違いを見せることができます。

白黒のコーディネートはシックでまとめるのもアリですが、違ったラインを見せることで雰囲気がかなり変わります。

◆関連記事:ロゴTシャツのメンズおしゃれコーデ特集【リーバイス編】

白Tシャツ×ブルーコットンパンツ

引用:http://wear.jp

パンツ・・・UNIQLO

鮮やかなブルーのデニムにロゴTシャツが印象的な組み合わせです。

カジュアル感たっぷりのコーディネートですが、カラーリングをシンプルにすることでまとまりのある雰囲気になります。Tシャツとスニーカーには同じブランドを使用し、色を白黒で合わせることでより統一感を出しています。

それに合わせるように時計や鞄などのアイテムには黒を使用してクールな印象をプラス、鮮やかなパンツのカラーが目を引くカジュアルファッションです。

◆関連記事:アディダスのスニーカーを使ったコーデ特集【メンズ編】

黒Tシャツ×デニムパンツ

引用:http://wear.jp/

  • トップス・・・UNIQLO

ぴったりサイズのTシャツに男らしさを感じる爽やかなコーディネートです。

黒いTシャツに合わせサンダルにも黒いカラーを組み合わせ、パンツには薄い色を使用することで強調させています。サンダルを履くことで足元がかなり涼し気な雰囲気となるので、暑い時期と相性抜群です。

シンプルかつワイルドな組み合わせは、世代問わず着こなしやすいファッションとなっており、それぞれのアイテムも幅広く活躍が期待できるものとなっています。

カーキロングTシャツ×カーキハーフパンツ

引用:http://wear.jp/

  • トップス・・・UNIQLO

上下色合いを合わせ涼し気な印象をプラスしたコーディネートです。

上下のカラーを合わせることで、セットアップのような感じを出しながらも、インナーを裾から見せることで同化せずに単調になりやすいセットアップ風コーデを難なく着こなしています。

セットアップは配色を気にせず組み合わせが出来るのでワンカラーならでは統一感が生まれますが、逆にメリハリがなく見えてしまうこともあります。裾から見えるインナーの色を変えたり、靴に差し色を使うなどワンポイントで変化を見せるとさらに魅力的に見せることができます。

◆関連記事:夏のファッション|メンズの半ズボン・ハーフパンツコーデ!

白Tシャツ×黒パンツ

引用:http://wear.jp

  • パンツ・・・UNIQLO

白いTシャツのビックシルエットが印象的で、カラーの清潔感がより強調されたコーディネートとなっています。多くのカラーを使わないことですっきりとした雰囲気となり白黒のカラーリングはそれぞれの色をより強調させる効果があります。

また夏の時期にモノクロコーデをする場合は、白の配色を多めにすると爽やかさの印象が強まるのでメインのアイテムに使うことがオススメです。夏はアウトドアも増える時期なので、スニーカーを履きこなすコーデは場所を選ばず幅広く活躍が期待できる組み合わせです。

◆関連記事:リーボック・ポンプフューリーを使ったメンズのコーデ&履き方

白タンクトップ×黒パンツ

引用:http://wear.jp

  • トップス・・・UNIQLO

白の爽やかさにタンクトップの涼しげな印象は、夏にピッタリの組み合わせです。タンクトップは涼しげな印象を強く与えることができますが、着こなしによってはだらしなく見えてしまうこともあります。

裾は少し長めなのでパンツにゆったりサイズを合わせてしまうとルーズな印象の着こなしになってしまいます。そのため合わせるのは収縮色の黒パンツを使用し締まりを出しながらも、膝にダメージ加工されたアイテムを使用して涼しげな印象をキープします。

白Tシャツ×ブルーデニムパンツ

引用:http://wear.jp

  • トップス・・・UNIQLO

夏らしい爽やかさが印象的で涼し気な雰囲気のコーディネートです。

上下に薄いカラーを使うことで明るく活発な印象を出しピッタリめのサイズ感にすることで、足元にサンダルを履いてもだらしなく見えないように組み合わせをしています。

濃い色のサンダルを使うことで薄い色をさらに明るくはっきりと見せるように着こなしをしています。また暑い季節になると薄着が多いのでネックレスなどの小物を有効に使うとまた違った印象になります。

黒Tシャツ×グレーパンツ

引用:http://wear.jp

  • パンツ・・・UNIQLO

暗めの色を基調とした落ち着いた雰囲気の着こなしとなっています。

夏の時期は薄い色を多く取り入れがちで、その方が季節感が出るのもあるので中々暗い色を組み合わせるのも多くないかもしれません。

しかしネイビーのカラーは暗い色合いでも爽やかに着こなすことができるので夏でも組み合わせがしやすいカラーとなります。

ボーダー柄でもよく見るネイビーとホワイトの相性はよく、全身でマリンテイストの雰囲気を感じる組み合わせです。

◆関連記事:グレーのスラックスを使ったコーディネート|メンズの着こなし特集!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『UNIQLO(ユニクロ)を使った夏コーデ メンズファッション【10選】』というテーマでお送りしていきました。

UNIQLOのアイテムは使い方次第で、色んなスタイルを楽しむ事ができます。シンプルなアイテムが多いので、着用する人を選ばないという所も魅力ですよね。

是非、今回ご紹介したコーディネートを参考により、UNIQLOスタイルを楽しんでいきましょう。