夏ファッション

花火の服装 メンズ 男性 浴衣以外の私服コーデ【10選】

今回は『花火の服装 メンズ 男性 浴衣以外の私服コーデ【10選】』というテーマでお送りしていきたいと思います。

夏になると、毎年恒例の花火大会が実施されます。

浴衣を着用する人もいれば、そのまま私服で花火を楽しむ人もいます。今回はそんな花火大会での浴衣以外の私服コーデをご紹介していきたいと思います。

花火大会は浴衣が定番なのですが、私服で行きたいと人も多いはずです。そんなメンズにお届けしていきたいと思います。d( ̄  ̄)

花火大会で私服での注意点

引用:http://www.city.ito.shizuoka.jp

花火大会の定番と言えば、浴衣になります。

彼女がいれば、浴衣デートなんて楽しいかもしれませんね。ですが、浴衣だと何かと面倒と感じるメンズも多いはずです。そこで、花火大会での私服コーデの注意点をリストアップしてみました。

私服が汚れる可能性がある

花火大会は人混みになります。

それに夜店がたくさんありますので、食べ物などが服に落ちる可能性も十分にあり得ます。なので、私服を着用する際は、必ず汚れるものとして考えていた方が良いかと思います。

白い服などには十分気を付けていきましょう。

スウェット&ジャージー系はNG

花火大会は地方で行われる事が多いです。

地元の花火大会だからと言って、ラフ過ぎる服装は反対にダサくなってしまいます。ある程度、清潔感があってトレンドファッションを取り入れた服装を心がけましょう。

では、早速ですが・・・花火大会での私服コーデをご紹介していきたいと思います。

花火大会で浴衣以外の私服スタイル

Tシャツ×グレーダメージデニム

引用:http://bitter-store.jp/

白のプリントTシャツに、ダメージジーンズを合わせています。

昔は、花火に行く服装と言えば浴衣がほとんどだったと思います。ですが、最近の花火大会等を、観覧に行く服装は、この写真の様にラフな服装で行く人が増えています。

この写真では、白のプリントTシャツで、季節感と清潔感をイメージさせる事が出来ています。ダメージジーンズとゴールドネックレスもお洒落で、細かい所に気を配れているのではないでしょうか?

近年では、浴衣や甚平と言った、容姿で花火を見に行く人の方が少ないのが現実です。

Tシャツ×カーゴパンツ

引用:http://bitter-store.jp/

この、カーキー色のパンツに白のプリントTシャツのスタイルです。

この様にカーキ色のパンツに白シャツで、爽やかにみせていて春から夏の季節には、この様なコーディネートスタイルの人を、多く見られるのではないでしょうか?

白のTシャツに、ロングなゴールドネックレスで、お洒落になっています。

外は、暑いが夜や室内(ショッピングホール等)は、寒い等があると思うので写真の様に、一枚羽織る物を持って外出する方も多いと思います。

夏は何かと花火やお祭り等の、イベントごとが多く、近年では、浴衣よりも少しお洒落を楽しみながらシャツとパンツスタイルの方が、男性は特に主流となっています。

ブルーTシャツ×薄めダメージデニム

引用:http://bitter-store.jp/

紺色のTシャツに、デニムダメージジーンズを合わせたコーディネートです。紺のTシャツとデニムパンツを、同系色で合わせながらメリハリが付いていて落ち着きのあるイメージになっています。

ダメージジーンズを、少しロールアップして、腕のタトゥーで少し遊びながらお洒落になっていると思います。

この様な装いは、春から夏までの季節を、通して着られる着回しの良いアイテムになっています。

ちょっとした、外出やデート等様々なシーンに着れるのではないでしょうか。

ボーダーTシャツ×薄めハーフパンツ

引用:http://bitter-store.jp/

ボーダーのシャツに、ハーフパンツのスタイルは見るだけで、夏を連想するのではないでしょうか?

ボーダーTシャツとダメージハーフパンツは、とても相性が良く、落ち着いた爽やかなイメージにしてくれるアイテムだと思います。

この様な、スタイルは写真の様な、浜辺等で良く見かけられますよね。

この様な、スタイルで気になる女性と夏祭りや花火にデートに行くと勝負コーデの様に見えないので、相手からも警戒心無く接して貰えるんではないでしょうか?

白パーカー×ブルーダメージデニム

引用:http://bitter-store.jp/

白のパーカーに、大きく膝が裂けたダメージジーンズで合わせたスタイルです。

首元のシルバーのネックレスが白のパーカーで際立っていますね。

パンツにはダメージジーンズでカジュアルな雰囲気。お洒落にも気を配っていますしパンツと靴の色で、グラデーション効果も上手に生かせていると思います。

この様な、スタイルで花火デートに行けば、お洒落な大人に相手にも見えるのではないでしょうか。

余り気合を、入れてお洒落にし過ぎると警戒心を抱かれる事もあるので気をつけましょう。

グレーTシャツ×黒ダメージデニム

引用:https://www.instagram.com

グレーのTシャツに、黒のダーメジジーンズのどちらも、他の色などにも合わせやすいコーディネートです。

このコーディネートは同系色のコーディネートになっています。Tシャツに、グラデーションを入れて、黒のダメージジーンズでお洒落でカッコ良さが演出出来ていますね。

濃い色のサングラスで、季節感や時計で大人な雰囲気も出せています。

服の選択にも、バランスの良く花火大会や、夏祭り等に一緒に行く、相手の事も意識しながらも、警戒心を与えないよう気配りが出来ています。

白Tシャツ×ベージュパンツ

引用:https://www.instagram.com

無地の白Tシャツに、ベージュのパンツを合わせたコーディネートです。

白は『意志が固い』『正義感が強い』『真面目』『理想に向かって努力』する、と言った印象を相手に与える事ができるカラーとなっています。

一緒に花火等に行く相手が、自分が好意を持っているや気になり始めている相手なら好印象を与えたいですよね。この様なコーディネートなら、清潔感や真面目と言った良い印象を与えやすいと思いますよ。

まだ、付き合う前に余り張り切ってしまうと逆効果ですので、最初はこの様なラフな格好でデート等に行くのをお勧めします。

白Tシャツ×グレーコットンパンツ

引用:https://www.instagram.com

無地の白Tシャツに黒のパンツをコーディネートした定番スタイルになっています。

白の与える効果やイメージには、清潔感や純粋で正直と言った印象を与えやすいです。良くも悪くとも、言う意味で言えば完璧主義者と言うような印象も与えます。

ですので、余り花火等に行く際は、堅いイメージで接待をするような服装ではなく、楽な服装で行くようにしましょう。

付き合っている場合は、お互いで合わせて、浴衣等も良いのですが、そうで無い相手と行くなら・・・最初から浴衣や甚平はやめておきましょう。

相手に、警戒心を与えてしまうかもしれませんね。

ピンクシャツ×黒コットンパンツ

引用:https://www.instagram.com

淡い、ピンクの七分袖のシャツに黒のパンツを合わせたコーディネートになっています。

この様に、七分袖のTシャツは春〜秋までのロングシーズン着れる、マストアイテムにもなってきます。ピンクには、幸せな気持ち、優しい気持ちになる等、緊張をやわらげる効果があります。

ですので、花火等に誘う相手に好意を持っている場合等に自分の緊張を和らげたり、相手が自分に、優しい人だと言う様な印象を持って貰えるのではないでしょうか?

さりげなく、ブレスレットや指輪で、お洒落にみせる事も出来ていますのでとても良いと思います。

ボーダーTシャツ×ベージュパンツ

引用:https://www.instagram.com

ボーダーのTシャツに、濃いベージュのパンツを合わせたコーディネートになっています。

ボーダー柄の幅の事をピッチと言います。太めのピッチの印象は、カジュアル要素を入れたいコーディネート等に活躍します。

そして、ボーダーTシャツとスニーカーの色を同系色で揃える事でお洒落な休日スタイルになっています。

この様に、私服のようなラフな服装で花火大会等に気になる相手と遊びに行くと、相手も警戒せずに接してくれるのではないでしょうか?

BITTER STORE公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『花火の服装 メンズ 男性 浴衣以外の私服コーデ【10選】』というテーマでお送りしていきました。

花火大会の定番は浴衣なのですが、私服で行く事もある事でしょう。そんな時、是非本記事を参考に花火大会コーデを実践していきましょう。

ーー関連記事ーー

30歳で彼女なしの男性が今すぐやるべき事!

メンズ夏のシンプルなコーディネートスナップ