ジャケット

ダウンベストのサイズ感と選び方|大きめ・小さめを徹底解説!

今回は『ダウンベストのサイズ感と選び方|大きめ・小さめを徹底解説!』というテーマでお送りしていきたいと思います。

秋冬の定番アイテムと言えば『ダウンベスト』ですよね。海外メンズをはじめ、ここ日本のファッショニスタの間でも人気ジャケットです。

この記事では、そんなダウンベストをお洒落に着こなす為のサイズ感と選び方をご紹介していきたいと思います。

ゴルゴ

ダウンベストって、昔からお洒落な男性に愛されている定番アイテムだよね。

先輩

そうだね。どのアイテムでも合わせる事ができるアイテムだから、差別化は大変そうだけど。

ダウンベストのサイズ感で迷うところは『小さめ』『大きめ』どちらが良いか?と言うところ。

記事の目次はこちら

ダウンベストは『ジャストサイズ』で間違いない

結論としては『ダウンベストはジャストサイズ』で間違いないだろう。なぜかと言うと、ダウンベストは流行り廃りのないアイテムだから。

▼理由▼
常に一定の人気がありますので、下手にビックシルエットサイズをセレクトしてしまうと、後々後悔する可能性が高くなるから。

今からご紹介していく、ダウンベストコーデを見て頂けたら分かると思うのですが、全員がジャストサイズを着用しています。

ダウンベストは長く着用できるアイテムという何よりの証拠でしょう。

SNSでも『ダウンベストのサイズ感』について様々な方が言及しています。

中にはジャストサイズで着用する為に、レディースサイズを購入する若者をいました。

Yahoo!知恵袋でも、ダウンベストのサイズ感に関して話題になっていました。

ダウンベストは袖ありのダウンと違い、腕の可動域が大きくなるメリットがありますし、ワンサイズ大きいとブカブカしたかんじになり、見た目もパッとしないです。

参照元:Yahoo!知恵袋

肩幅も気にした方が良いですよ

あなたと同じ身長ですが、メーカーによってはSでも良かったり、Lでも良かったりで難しいですね

ベストは小さい方が良いです、大きいと猟師に見えます

参照元:Yahoo!知恵袋

確かに、ダウンベストは大きいと猟師(リョウシ)に見えるかも。

この事から、ダウンベストはジャストサイズで着用するのが無難で一番かっこいい!

ダウンベストのサイズ感|人気ブランド別で比較

タトラス

▼レディース

サイズ 着丈 身幅
1(S 55 43
2(S, M 55 45
3(M, L 58 49.5

▼メンズ

サイズ 着丈 肩幅 胸囲 ウエスト
1(S) 67 38.5 98 96
2(M) 68 40 103 101
3(L) 69 41.5 108 106
4(XL) 70 43 113 111

※サイズは目安になります

▼メモ▼
タトラスはイタリア発のブランドになりますので、比較的『小さめ』に作られています。

普通のサイズ感と違いますので、店頭で試着する事を推奨しています。通販で購入する際の注意点としては、返品交換できるショップを選びましょう。

関連記事
▼▼▼▼
タトラスのダウンは最強説|メンズのサイズ感や選び方を伝授!

モンクレール

▼レディース

サイズ 日本参考サイズ
00 5
0 7
1 9
2 11
3 13
4 15
5 17

▼メンズ

サイズ 日本参考サイズ
00 XS
0 S
1 M
2 L
3 XL
4 XXL
5 3XL

※サイズは目安になります

モンクレールのダウンベストを購入する際は、ワンサイズ小さめのサイズで購入する事を推奨。

▼理由▼
モンクレールは高級ダウンを使用していますので、肌に密着させるだけで保温性を高る効果があります。

関連記事
▼▼▼▼
モンクレールを使ったメンズのコーデ・日本人着こなし特集!

デュベティカ

▼レディース

サイズ 胸囲 ウエスト ヒップ
XS 30-32 24-25 33-34
S 33-35 26-28 35-37
M 36-37 29-31 38-39
L 38-40  32-33 40-42
XL 41-43 34-36 43-46

▼メンズ▼

サイズ 肩幅 身幅 着丈
38 34 43 58
40 36 45 59.5
42 38 47 61
44 41 49 63

※サイズは目安になります

▼メモ▼
デュベティカもモンクレールと同様に、いつものサイズよりもワンサイズダウンで着用する事を推奨しています。ジャストサイズ〜タイトに着用する事で、デュベティカの魅力を発揮できます。

※ブランド別サイズ感に関しては『只今準備中』になりますので、随時更新していきます。

ダウンベストを使ったコーデ|サイズ感に注目!

ネイビーのダウンベストを使ったコーデ


引用:WEAR

こちらはネイビーのダウンベストを使ったコーデ。サイズ感は体にしっかりフィットするようなジャストサイズのものを合わせています。

ブラックのトレーナーと合わせていますが、トレーナーにボリュームがあるので、ダウンベストをジャストサイズでシルエットをスッキリ見せています。

そうする事で、大人カジュアルにまとまります。

コーデポイント

トレーナー×デニムパンツの定番な着こなしにも、ダウンベストをネイビーで合わせることでコーディネートを品良くまとめてくれる。

トップスをレイヤードしたような着こなし

 


引用:WEAR

こちらはブラックのダウンベストを使ったコーディネートです!

サイズ感はこちらもジャストサイズのものを合わせていますね。こちらのダウンベストは丈も短めのものを合わせる事で、トップスをレイヤードしたような着こなしに。

コーデポイント

ブラックなので、よりスッキリとしたシルエットに着こなしていますよね。

スタンドカラータイプのダウンベストはフードがない分スッキリしますので便利です。

モノトーンでまとめた、モード感のあるコーディネートはいつ見てもかっこいい。

ノルディック柄を取り入れたコーディネート


引用:WEAR

こちらはブラックのダウンベストをニットとあわせたコーディネートです!

ニットは、トップスの中でもボリューム感の大きいアイテムですよね。なので、ボリュームのあるトップスとダウンベストの相性は抜群です。

程よい防寒対策になり、快適に過ごせますよね。

コーデポイント

ノルディック柄のブラック系ニットを合わせているのも素敵です。

ダウンベスト、デニムパンツもブラック系で統一しているので、ノルディック柄が入る事でコーディネート全体が明るくなります。

ホワイトカットソーをレイヤードすると、ニットが浮くことなくコーディネートに馴染みやすくなっているように思います。

薄手のダウンベストをさらっと羽織ってるのが素敵


引用:WEAR

こちらもブラックのダウンベストを使ったコーディネートになっています。

こちらは少しゆとりがありそうなぐらいのサイズ感のものを合わせていますね。

コーデポイント

ポイントは薄手のダウンベストをさらっと羽織っているところですね。。

また、デニムシャツのボタンを全部閉めて着ることで大人っぽい着こなしに。

デニムのカラーの選び方もブルーデニムで爽やかにしています。ブラックのアイテムが多いコーディネートに、爽やかさをプラスしてくれていますね。

タイトなサイズ感であわせたデニムジャケット


引用:WEAR

こちらはネイビーのダウンベストをアウターONアウターなコーディネートで着こなしています。

コーデポイント

サイズ感は、ビッグシルエットまではいきませんが程よいゆとりのあるサイズ感のものを合わせています。

インしているのは、タイトなサイズ感であわせたデニムジャケット。ボトムにも同じタイプのデニムを合わせたデニムONデニムでコーディネートされています。

デニムとネイビーの相性は抜群で、カラーが同系色なので馴染みもいいですよね。

足元に、レザーシューズを合わせることで大人の品格漂うおしゃれコーデに仕上がっています。

アウターONアウターとデニムONデニムをMIXしたおしゃれ上級者コーディネート。

アースカラーでまとめたワントーンコーディネート


引用:WEAR

こちらはベージュのダウンベストを使ったコーディネートです!こちらのサイズ感はジャストサイズのものを合わせていますね。

全体をアースカラーでまとめたワントーンコーディネートで、おしゃれに仕上がっています。

同じカラーを重ねる際には、質感を変える事でコーディネートに奥行きが生まれておしゃれさがアップしますよね。

また、シンプルなデザインのカットソーであればフロントのボタンを締めて着こなす事でシルエットがスッキリとしてスタイリッシュな着こなし。

コーデポイント

こちらのコーディネートでは、ボトムにスウェットパンツを合わせているので、ダウンベストのボタンを締めた事でコーディネートにメリハリが生まれています。

関連記事
▼▼▼▼
スウェットパンツのコーデ・メンズ 海外の着こなしを真似しろ!
ーーーー
ユニクロのスウェットパンツを使ったコーデ メンズ編【10選】

ダウンベストを使ったストリートスタイル


引用:WEAR

こちらはブラックのダウンベストを使ったコーディネートとなっています。サイズ感は、ビッグシルエットよりのゆったりサイズのものを合わせています。

トップスに合わせたTシャツもビッグシルエットのものを合わせたストリートコーディネートですね。

ボトムにブラックデニムのスキニーを合わせることで、コーディネートが垢抜けた印象になっているように思います。

コーデポイント

ストリートスタイルは、ただダボっと着ると子供っぽくなってしまったり、女性ウケが悪かったりします。

1点大人っぽいアイテムやシルエットの綺麗なアイテムをプラスするとおしゃれさもアップしますね。

ボア付きのダウンベストを使ったコーディネート


引用:WEAR

こちらはボア付きのダウンベストを使ったコーディネートとなっています。

こちらのダウンベストは、スウェードとナイロンの切り替えデザインになっているダウンベストです。

さらにボアが付いている事で、季節感はもちろんですが可愛いらしさもプラスされていますよね。

レッド×ネイビーのチェックシャツと合わせてロックな感じに着こなしています。

コーデポイント

ダウンベストはジャストサイズのものを合わせているので、シャツがレイヤードされてダウンベストの下からでる事で、さりげないスタイルアップ効果が期待できますよ。

こちらもボトムはブラックデニムで合わせて、大人カジュアルな着こなしに、仕上がっています。

足元にゴールドのスニーカーを合わせてアクセント


引用:WEAR

ブラックのレザー×ナイロンの切り替えデザインのダウンベストを合わせたコーディネート。

コーデポイント

コーディネートにレザーが入ると、一気にメンズ感の強い印象になりますね。

トップスはグレーのパーカー、ボトムにはストレートデニムを合わせたシンプルなコーデです。

サイズ感はジャストサイズのものを合わせていますね。フロントを締める事で、コーディネートの引き締め効果になっているダウンベストの印象が大きくなっています。

足元にゴールドのスニーカーを合わせてアクセントを持ってくる事で、人と被らないこだわりコーディネートに仕上がっています。さりげないこだわりで『おしゃれな人だ!感』もかなりアップします。

デニム素材のダウンベストを合わせたコーデ


引用:WEAR

こちらは、デニム素材のダウンベストを合わせたコーディネートです!

コーデポイント

アウターをデニムにする事で、アメカジ感が強くなりますね。

こちらのダウンベストのサイズ感はタイトなジャストサイズのものを合わせています。

インナーには、グレーのトレーナーを合わせているのもポイントです。

デザインにインパクトがあるので、ブラックボトムを合わせることでコーディネートを引き締めてくれています。

ニットもブラックでまとめて、統一感のあるコーディネートにまとまっていますね。

レッドのスニーカーがダウンベストと相性抜群


引用:WEAR

ブラックのダウンベストを使ったコーディネートです!

コーデポイント

こちらのコーディネートはグレーのフロントデザインのあるトレーナーとの組み合わせでコーディネート。

サイズ感はジャストサイズで、丈の短めのものを合わせて、スッキリとした印象に。

チェックシャツをインすると、全体が明るくなりますし、アクセントになって可愛いですよね。

デニムボトムは、ストレートで程よいサイズ感のものを合わせているので、ジャストサイズのダウンベストとも相性よくまとまっています。レッドのハイカットスニーカーを合わせているのも素敵ですね。

関連記事
▼▼▼▼
赤のスニーカーを使ったメンズがしたいコーデのコツを解説!

使い込んだようなカラーのダウンベストがこなれ感を演出


引用:WEAR

こちらは、ブラックデニムのダウンベストを使ったコーディネートです!

使い込んだようなカラーのダウンベストがこなれ感をプラスしてくれていますね。

コーデポイント

ホワイト×グレーのボーダーシャツに濃紺スキニーを合わせたきれいめコーディネートが個性的な大人カジュアル感をプラスしていますね。

編み上げのごつめブーツを合わせているのも、またおしゃれですよね。ほんのりワイルドさをプラスすると、コーディネートのおしゃれさがより引き立ちます。

ダウンベストにチェックシャツに合わせる定番コーデ


引用:WEAR

こちらはブラックのダウンベストを使ったコーディネートです!

コーデポイント

サイズ感は、程よいジャストサイズのものを合わせています。オレンジのチェックシャツ×ブルーのデニムスキニーを合わせたサーフ系スタイルにまとまっています。

チェックシャツに明るめカラーを使っているので、ブラックのダウンベストがいい感じにコーディネートを引き締めてくれていますよね。

足元にもブラックスニーカーで統一感のあるコーディネートに。

足元にブラックチェックのスニーカーを合わせたコーデ


引用:WEAR

こちらはカーキのダウンベストを使ったコーディネートです。サイズ感は、こちらもジャストサイズのものを合わせていますね。

コーデポイント

トレーナーをダウンベストより長く着こなすことで、スタイルアップ効果がありますね。

足元にブラックチェックのスニーカーを合わせたPOPさがお洒落ですね。

イビーのダウンベストを使ったシンプルなコーデ


引用:WEAR

こちらはネイビーのダウンベストを使ったコーディネートです!

サイズ感はジャストサイズのものを合わせていますね。ホワイトのトレーナーと合わせる事で爽やかにまとまっています。

コーデポイント

トレーナーにボリュームがあるので、フロントを止めるなら、全部止めた方がいいかと思います。

少しだけだと、苦しそうに見えてしまいますよ。

カラーがグラデーションのようになっていて綺麗


引用:WEAR

こちらはネイビーのダウンベストを使ったコーディネートです!

ライトブルーのデニムシャツにグレーのカットソーをレイヤードした着こなしに、ダウンベストをプラスしています。カラーがグラデーションのようになっていて綺麗ですよね。

コーデポイント

ボトムにカモフラ柄のスウェットボトムをあわせているので、ミリタリー感が向上。

ニットやスニーカーでホワイトをプラスしているので、トレンド感がプラスされておしゃれにまとまっています。

ネイビー×ホワイトで爽やかコーディネート


引用:WEAR

こちらはネイビーのダウンベストを使ったコーディネートです!

サイズ感は、程よいゆとりのあるジャストサイズのものを合わせていますね。ホワイトのシャツをインしているので、とても爽やかさのあるカラーコーディネートですよね。

コーデポイント

ボトムにスウェットボトムを合わせる事で程よいヌケ感をプラスしています。

ネイビーで合わせていますが、グレーで合わせてみるのも全体が明るくなっていいかと思いますよ。

ブラック×グレーでシックな雰囲気

 


引用:WEAR

こちらはブラックのダウンベストを使ったコーディネートです!

コーデポイント

ひじの星デザインが印象的なニットと合わせている、サーフ系スタイルですね。

ダウンべのサイズ感はジャストサイズのものを合わせています。

ブラック×グレーでシックな雰囲気にブルーデニムのスキニーを合わせてコーディネートに明るさをプラス。

足元には、ローカットのスニーカーを合わせていますが、レザーシューズを合わせるとよりかっこいいコーディネートに仕上がりそうです。

リーフ柄のダウンベストを使ったコーデ


引用:WEAR

こちらはリーフ柄のダウンベストを使ったコーディネートです!

柄物のダウンベストであれば、主役級アイテムとしてコーディネートに合わせる事ができますね。こちらのコーディネートでも、ホワイトのシャツ×チノパンといったシンプルなコーディネートです。

コーデポイント

この組み合わせに、リーフ柄ダウンベストを合わせる事でおしゃれさがグッとアップしていますよね。

大人の品の良さを感じるコーディネートに仕上がっています。

ブラックの迷彩ダウンベストを使ったコーデ


引用:WEAR

こちらはブラックの迷彩ダウンベストを使ったコーディネートです!

コーデポイント

サイズ感はジャストサイズのものを合わせています。トップスに合わせたカモフラ柄のパーカーがインパクト大ですね。

ジップを締める事でトレーナーのように着こなして、柄の存在感をアップさせる着こなしに。

ボトムにもカーキを合わせる事で、統一感のあるコーディネートにまとまっています。

柄物は子供っぽくなりがちですが、シルエットやカラーの合わせ方で大人カジュアルに着こなしていますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『ダウンベストのサイズ感と選び方|大きめ・小さめを徹底解説!』というテーマでお送りしていきました。

ダウンベストは定番アイテムになりますので、コーディネートの組み合わせで個性を出したいところ。

サイズ感に関しては、定番アイテムだけにジャストサイズが良い感じ。是非、参考にしてみて欲しい。

関連記事
▼▼▼▼
ダウンベストを使ったコーデ・メンズの着こなしのコツ伝授!